FXでおすすめの口座はどれ?スプレッドが狭くて勝ちやすい業者を紹介!

FXでおすすめの口座を紹介!

FXを始める場合、口座をどこの業者を通じて解説するかは
極めて重要です。

FX口座の中身は業者によって大きく違います。
そのため、口座選びによって、あなたの運用成績が大きく変わってきます。

もし、勝ちやすい口座を選ぶことができれば、
もっと資金を増やせたかもしれない・・・

このような後悔をしないように、
是非最後までお読みください。

国内口座よりも海外口座

まず最初にお伝えしなければならないことは、
すべての国内口座よりも、
海外口座のほうが優秀であるということです。

国内口座はスプレッドが非常に狭いことを宣伝しています。
スプレッドとは、業者の手数料のようなもので、数字が大きいほど
勝ち分が小さくなります。

実際、国内業者ではスプレッドが0.3銭~という、極めて狭い数字を
提示しています。

一方で、海外業者のスプレッドは1.0銭~が相場であり、国内業者の3倍以上の
開きがあります。

しかし、国内業者のスプレッドは表向きにすぎません。
実際にエントリーしようとしても約定せず、かなり不利な価格でしか取引できないことが
頻繁にあるからです。

たとえば、あなたがドル円を100.10円で買いたいと思ってマウスをクリックしても、
その注文がなかなか通りません。

何度も注文を拒否されたのち、最終的に買うことができたのは100.13円ぐらいだったという現象は
頻繁に起こります。

つまり、この場合では、スプレッドが実質3銭以上に膨らんでしまい、
海外口座よりはるかに不利な条件でトレードすることになってしまいます。

現に、国内業者と海外業者で、全く同じタイミングでエントリーし続けた場合、
海外業者のほうが成績が良くなることが多いです。

つまり、国内業者のスプレッドは実質的に詐欺で、
より多くの利益を生み出したいのなら、海外業者を選ぶ必要があります。

追証がある

さらに、国内業者はもし口座に預けているお金がマイナスになってしまった場合、
マイナス分を全額あなたが支払う(追証といいます)ことになります。

もちろん、ちゃんとロスカットを行っていればそんな状況に陥ることは少ないです。
しかし、国内業者の場合、エントリーだけでなく、利確やロスカットのタイミングも
注文通りに行かないことが多いです。

つまり、リーマンショックのような不測の事態が起こった場合、
事前に決めておいたストップロス(ロスカットを指値で入れておくこと)
を突き抜けてしまい、大損害を被る可能性があるのです。

実際、毎年100人程度が追証の憂き目にあっており、
中には借金苦で自殺してしまう人もいるほどです。

一方、海外口座では、このような恐ろしい事態に遭う可能性は一切ありません。
なぜなら、海外口座は口座のお金が0円になった時点で強制ロスカットが行われる
仕組みになっているからです(これをゼロカットシステムといいます)

スポンサーリンク

つまり、海外口座は入金分以上の損失を被る可能性は0であるため、
安心してトレードすることができます。

さらに、ロスカットの注文もすぐに通るため、
なかなか注文が通らずに損失が拡大してしまうという事態も防ぐことができます。

おすすめの海外口座を紹介!

おすすめのFX海外口座を紹介します。

ゲムフォレックス

ゲムフォレックスは現在急成長の海外口座です。
スプレッドはやや広目(1.3銭~)ですが、
入金ボーナスが非常に手厚いのが特徴です。

口座を作っただけで5千円から一万円のクレジットが無料でもらえるという
夢のようなボーナスキャンペーンを常時開催しているため、
お金がない人でもトレードを始めることができます。

さらに、月に一回程度、入金100%ボーナスを実施します。
これは、入金した分の金額だけ、クレジットがもらえるというかなり太っ腹な企画です。
たとえば、10万円入金すれば、10万円分のクレジットが口座に付与され、
そのお金でトレードをすることができます。

ただ、元本を一円でも出金するとボーナスが消滅してしまうなど、
注意点があるためよく確認することが大事です。

まとめると、ゲムフォレックスはボーナスが充実しており、
お金がない人にとっては一番のおすすめです。

FXを始めてみたいけど資金が不足しているという人はぜひお試しください!

タイタン

タイタンは、海外口座の中で一番スプレッドが狭いです。
スプレッドが0.7銭~なので、国内業者とほぼ変わらない感覚でトレードができます。
もちろん、国内業者のように注文がなかなか通らないということも一切ありません。

つまり、国内業者、海外業者を合わせてナンバーワンの業者を選ぶなら、
間違いなくタイタンというわけなのです。

ただ、タイタンには入金ボーナスのような制度は一切ないため、
トレード資金が用意できない人は厳しいです。

ですから、トレード資金にある程度余裕がある人はタイタンを使いましょう。

まとめ

FXは口座によって難易度が大きく異なってきます。
国内業者のほうが一見スプレッドが狭く、稼ぎやすいように見えますが、
実は海外業者のほうが圧倒的に有利です。

とくに、ゲムとタイタンは海外業者の中でも特に評判がいいので、
是非一度お試しください!

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする