モンスタートレンドゾーンFXで初心者が2週間で25万円勝ったってホント?

モンスタートレンドゾーンFXでたったの2週間で25万円勝った人がいる?

私の周りで流行しているFXツール、
モンストFX。

私の知人のトレーダー(10人ぐらい)はみんな使用していますが、
どうやらかなり勝てるようです。

中には、FXについて完全な初心者であるにもかかわらず、2週間で25万円勝った人もいます。

この記事では、私の知人がモンストFXを実際に使った実績と、
さらに勝ちを伸ばす秘策を伝授します。

モンストFXは勝てる?

モンスタートレンドゾーンFX(モンストFX)は、新しく発売されたFXツールです。
ドラゴンストラテジーFX、ブラックAIストラテジーFXと同じ会社が開発したツールで、
これら以前のツールをはるかに上回る性能を持っているとされています。

公式サイトを見ると、年間2万pips以上という、信じられない実績が載っていますが、
果たして本当なのでしょうか?

結論:モンストFXは勝てる!

結論から書くと、モンストFXは勝てるツールです。
私はモンスターを購入していませんが、知人で購入しているトレーダーはかなり多いです。
その中には、モンスターだけで一日50pips以上稼いでいる人もおり、
ちゃんと勝てることが証明されています。

さらに、全くど素人の知人もモンスターを購入しましたが、
なんと2週間で資金を1.5倍にすることに成功しています。

その人は
ダウ理論や抵抗などの基礎知識はおろか、
ロスカットの入れ方も分からない完全な初心者です。

しかし、モンスターのサインに従うだけで、
50万円だったトレード資金が、
たったの2週間で75万円にまで増えてしまったのです。

つまり、モンスタートレンドゾーンFXは、
公式サイトの宣伝文句通り、ちゃんと勝てるツールだということになります。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

http://mtzone-fx.com/

モンスターの勝ちを伸ばすために

スポンサーリンク

私自身はモンスタートレンドゾーンFXを購入していません。
ですから、知人が使った感想をもとに使い方を書いていきます。

モンストFXの使い方は簡単で、矢印が現れたらエントリーし、
そのあと色がついたゾーンを抜けるまでポジションを保有し続けて利益を伸ばします。

モンスターの勝率自体は6割程度とあまり高くありませんが、
トレンドの持続を把握できるため、
利益を大きく追及することができます。

矢印がリペイメントする

しかし、モンストFXには大きな欠点があります。
それは、矢印がリペイメントすることです。

リペイメントとは、一度出た矢印の場所が変わることです。

そのため、
矢印が出た瞬間にエントリーすると
矢印が消えてしまうことがあります。

もちろん値動きも逆行する場合もあり、
慌ててロスカットすることもあるそうです。

ですから、矢印が出た瞬間にエントリーするのではなく、
しばらく待ってから判断するようにしましょう。

モンスターFXは勝てる?

冒頭でも述べましたが、
モンストFXは勝てるツールです。

トレンドの起点からエントリーするスタイルであるため、
勝率自体は高くありませんが、
その分一回の利益は非常に高いものがあります。

つまり、きちんと損切りしたり、矢印がリペイメントしないか確認するなど、
少し工夫するだけで、簡単に勝つことができるということです。

さらに、全くの初心者であっても勝つことができることが証明されているので、
はっきり言って買わない理由がありません。

彼は矢印がリペイメントしてもお構いなしですし、
そもそもストップロスを入れることすら知らないので、
かなり効率の悪いトレードをしていると思われます。

しかし、今のところモンスターにまかせっきりのトレードを行うだけで、
2週間で資金を1.5倍にするという驚異的な成績を叩き出しています。

モンストFXは、今までトレードで利益を出せなかった方、
初心者の方は絶対買うべきツールです。
私も買えばよかったと激しく後悔しています。

モンスターは限定販売?

モンストFXは先着100名限定という触れ込みで先行販売が行われました。
ですが、最近また販売を再開しているようです。

次もいつ販売停止になるか分からないので、申し込みはお早めに!

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

http://mtzone-fx.com/

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする