FXの国内業者は詐欺師で犯罪者?海外業者のほうが優れているという真実を大暴露!

FXの国内口座は犯罪者集団!

FXに関する情報を集めていると、

口座開設は安心の国内業者にしましょう。
海外業者はトラブルが多いのでおすすめできません。

という文言をよく目にします。

そのため、FXトレーダーの多くは国内口座で取引していると思います。

しかし、実はFXの国内業者はとんでもない悪党で、
あなたの貴重な財産を狙っている犯罪者集団です。

海外業者と比較して、いいところはほとんどなく、
ほぼデメリットしかありません。

そのため、中級者以上の勝てる人は、
実は海外業者をこっそりと使っています。

この記事では、国内FX業者のあこぎな実態を暴露すると同時に、
海外口座の魅力を説明したいと思います。

国内業者はオンラインカジノと同じ

実は、国内業者で行うFXトレードは、
オンラインカジノでしかありません。

国内口座は、トレード注文が
業者内で完結されるようになっています。

たとえば、あなたが国内業者で10万円分ドル円を買ったとします。
本来ならば、他のトレーダーが売ったドル円を買っていることになるのですが、
国内業者の場合、そうではありません。

あなたの注文に応えるのは、他のトレーダーではなく、
業者自身です。

つまり、国内業者は延々と業者相手に取引しているだけなのです。

よく時代劇などで、入れ墨を入れたヤクザが経営しているサイコロ賭博のシーンがあります。

サイコロの目を上手く当てられれば、胴元からお金が支払われますが、
負ければ胴元にお金を取られてしまいます。

FXの国内業者はこのサイコロ賭博と同じで、
胴元相手に為替レートを見て、
上げ下げを予想するギャンブルをしているのと同じです。

ギャンブルであるゆえの弊害

国内業者がネット賭博場にすぎないということは先ほど説明しました。
ですが、賭博であるがゆえにどのような弊害があるのでしょうか。

①有利な価格で取引できない

国内業者の場合、あなたが出した注文や決済を受けるのは
業者自身です。

そのため、あなたに有利な価格の場合、業者は注文自体を拒否してきます。
この現象はスリッページと呼ばれています。

国内業者の場合、決済や注文がなかなか通らないことが
しばしばあります。

せっかくエントリーのチャンスがあっても、
なかなかエントリーできないことがあったり、

うまく利益を伸ばしても、全く決済できないことが多々あります。

国内業者は低スプレッドを謳っていますが、
実際はスリッページがかなり多いため、
見た目よりもかなり不利な条件で取引することになります。

ちなみに、海外業者と国内業者で一年間同じタイミングで
取引し続けた場合、
海外業者のほうが成績が優秀だそうです。

後述しますが、海外業者のほうがスプレッドが圧倒的に高いですが、
海外業者はスリッページがほとんどないため、
好きなタイミングで注文を行うことができるからです。

このように、低スプレッドを謳ってスリッページを多発させ、
利益を小さくさせる行為は、隠れスプレッドと呼ばれています。

②追証(借金)のリスクがある

よくFXに関するブログを見ると、
国内業者はリスクが小さく、安全であるという記述があります。

ですが、これは全くのでたらめであって、海外業者よりも
国内業者のほうが圧倒的に危険です。

なぜなら、国内業者には追証リスクがあるからです。
国内口座で大負けしてしまい、口座がマイナスになった場合、
全額あなたが負担しなければなりません。

FXには経済指標発表などで、相場が大きく動く時が
月に何度もあります。

もしもこのタイミングに運悪く口座がマイナスになった場合、
あなたは負け分の全額を支払う義務が生じます。

スポンサーリンク

追証にかかる費用は自己破産できないので、
たとえ何百万や何千万になろうとも全額自己負担しなければならず、
人生が破滅するリスクがあるのです。

一方海外業者はゼロカットシステムを採用しており、
口座がマイナスになった時点で強制決済が行われます。
ですから、あなたが入金した分のお金以上は損をする可能性が
全くありません。

そのため、国内業者よりも海外業者のほうがはるかに安全なのです。

ではなぜ国内業者をおすすめしているのか?

では、なぜFXに関するWEBサイトなどでは、
国内業者をおすすめしているのでしょうか?

それは、サイトの運営業者が馬鹿で不勉強だからです。
FXの口座を紹介すると、サイトの運営者に広告費が支払われます。

しかし、実は海外業者を紹介しても、広告費をもらうことが可能です。
この事実はあまり知られていないので、サイト運営者が知らないケースが多いと思われます。

実際、FXの攻略法を偉そうに説明しているサイトの運営者のほとんどが、
初心者に毛が生えたような実力です。

私はFXを初めてまだ3か月ですが、
私から見ても噴飯ものの低レベルな内容のサイトがほとんどです。

ですから、そのような不勉強な人たちが広告費目当てに
国内口座を宣伝しているのが悲しい現実です。

また、中にはFXに精通しているサイト運営者でも、
多額の広告費に目がくらんで嘘を書いているケースもあります。

このように、嘘で塗り固められているのが国内のFX業界であり、
メディアと業者がタッグを組んで初心者をカモにしているのです。

海外口座を使おう!

国内口座よりも海外口座のほうが安全で効率のよいトレードができます。
そこで、FXを始めるなら、海外口座を開設することをおすすめします。

開設方法は国内口座と同じですし、手続きもオンラインで完結できるので
国内よりも簡単です。

海外口座は国内よりもスプレッドが広い(1pips程度)のが欠点ですが、
スリッページがほぼ皆無であるため、結果的に国内口座よりも
利益を伸ばすことができます。

おすすめの海外業者

おすすめの海外業者を紹介します

TITAN

もしあなたがある程度のトレード資金をお持ちなら、
TITANをおすすめします。

TITANは海外口座の中でも最もスプレッドが低く、
スリッページがほとんどないのが特徴です。

このように、非常に優秀な条件でトレードできるのがTITANの特徴です。

ただ、TITANは入金ボーナスがないので、あらかじめ資金がある方のほうが
いいでしょう。

GEMforex

逆にトレード資金がほとんどないのなら、
ゲムフォレックスをおすすめします。

ゲムは入金ボーナスが充実しており、
毎月入金分100%分のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

つまり、あなたが10万円入金すれば、10万円分のポイントが付与され、
トレード資金に追加することができます。

ただ、欠点としてスプレッドがやや高いことが挙げられます。

ですが、100%ボーナスはこの上なく美味しい特典なので、
トレード資金が捻出できない方は是非お試しください。

国内口座より海外口座!

FXの国内口座は海外口座と比較して優れている点が一つもありません。
ですから、これからFXを始める方、国内口座しか持っていない方は早めに開設しましょう。

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする