ドラゴンストラテジーFX(ドラストFX)は勝てない?勝率90%以上を叩き出す裏技を伝授!

ドラゴンストラテジーFXは勝てない?

ドラゴンストラテジーFXは、初心者でも勝てるFXツールとして人気です。
公式サイトには、矢印通りにエントリーするだけで勝率90%、
月間1000pips以上を獲得できるという、信じられないような成績が載っています。

ですが、
ネット上には、

ドラゴンは勝てない
矢印通りにエントリーしてもうまくいかない

という疑いの声が強いのは事実です。

そこで、ドラゴンストラテジーFX(ドラストFX)が
本当に勝てるツールなのか検証してみました。

ドラゴン・ストラテジーFX公式サイトはここから

結論

最初に結論から書くと、
ドラストFXは勝てるツールです。

しかし、矢印サイン通りにエントリーしていても、
ダマシが多いため、おそらく利益を残すことは難しいでしょう。

もちろん、矢印だけでなく、
平均足やオシレーター(ドラゴンメーター)、ドラゴンバンドなどの
補助ツールが同梱されているので、
それを加味してある程度は精度を上げることができます。

しかし、これらを使いこなしても依然ダマシは多いですし、
何より矢印が出るタイミングが少し遅いので、
勝率90%を保つのは難しいです。

そこで、
少しだけ工夫をこらす必要があります。

この工夫を加えることによって、
ドラストFXに秘められた潜在能力を引き出し、
勝率を格段に上げることが可能になります。

別にチャートを分析したり、
難しい手法を覚える必要はありません。

ほんの少し手をくわえることで、
ドラストFXは利益を生み出し、
勝てるツールへと変化を遂げるのです。

ドラストFXはなぜ勝てないのか?

では、なぜドラストFXは勝てないのでしょうか?
一番の理由は、多くのブログに書かれているように、
レンジ相場に非常に弱いからです。

レンジの場合は値動きが弱いので、
矢印が点灯してもすぐに戻ってくることが多く、
場合によっては逆行してしまうこともあります。

そのため、
レンジではなく、トレンドを狙ってエントリーする必要があるのですが、
どこからどこまでがトレンドなのか、よくわからない人がほとんどだと思います。

特に、大きな利益を得るためには、トレンドの起点を狙う必要があります。

しかし、レンジの終わりがトレンドの起点であるため、ドラゴンバンドやドラゴンメーター
などのツールを駆使しても分かりづらいことに変わりありません。

ですから、ドラストFXを使う時には、
別の方法でトレンドを把握する必要があります。

②矢印が遅れてくる

さらに、ドラストFXの困ったポイントは、
矢印が遅れて表示されることです。
過去チャートだけを見ると、
タイミングよくトレンドの起点に矢印が現れているように見えますが、
実際は値動きの後に現れることが多いです。

そのため、頭から尻尾までトレンドをとらえることが難しく、
大きな利益を狙って上げづらいという欠点があります。

ドラゴンストラテジーFXの勝率を上げる方法

ドラストFXは、初心者でも勝てる夢のツールではなく、
いくつかの欠点があります。

この欠点により、初心者はおろか、中級者でも
勝率が伸びず、利益を出すことができない人も多いです。

しかし、少しの工夫を加えることにより、
勝率を劇的に向上させることができます。

①ボリンジャーバンドを使う

ドラストFXで勝つには、トレンドを見分けることが重要です。

そこで、ドラストに加えて他のインジケーターを使うことで、トレンドがついているかそうでないかを見分けると、ダマシを防ぐことができます。

代表的な例は、ボリンジャーバンドの併用です。
ボリンジャーバンドを使うことで、値幅がつかみやすくなり、
レンジとトレンドの区別を容易に行うことができます。

まず、ボリンジャーの幅が狭い状態は、スクイ―ズ状態と呼ばれ、
値動きが小さいという特徴があります。

さらに、どちらに動くのか予想しづらいことから、
スクイ―ズ状態でのエントリーは禁物です。

ですから、ボリンジャーの幅が狭い時の矢印は見送ることをおすすめします。

スポンサーリンク

また、ボリンジャーの中心線が上下どちらかに傾いていて、
バンドに沿って値動きしている状態(バンドウォーク)はトレンドがついている状態です。

そのため、バンドウォークの向きと重なった矢印は、トレンド方向と合致しているため、
安全です。

最後に、ボリンジャーの幅が広い時の矢印もダマシの確率が少ないです。

このように、ドラストとボリンジャーを組み合わせると、矢印のダマシをある程度回避することができるので、
勝率を向上させることが可能なのです。

本当に勝率を90パーセントにする方法

さらに、ドラストFXの勝率を劇的に向上させる方法があります。
この方法は、一部の人はもうすでに知っていて、
実際に利益を出すことに成功しています。

この手法なら、公式サイトで宣伝されている通りの、90%以上の勝率を
叩き出すことが可能です。

その方法とは、
一時間足でトレードすることです。

公式サイトでは、5分足を使用することを推奨していますが、
実は、一時間足でトレードしたほうが、圧倒的に勝率が高いです。

実際、一時間足を見てみると一目瞭然ですが、
ダマシの矢印がほとんどないことに驚かされています。

一時間足なら、
オシレーターや平均足を見なくても、ほぼ機械的に
矢印を見るだけで、簡単に勝つことができます。

ただ、一時間足の場合、
エントリーチャンスが少なくなってしまうのが欠点です。

そこで、アラーム機能を使用したり、監視する通貨ペアを増やす(20種類以上監視している人もいます)
など、エントリーチャンスを増やす工夫をするとよいでしょう。

指標発表時を狙う

最後に、ドラストFXは、指標発表時の値動きに非常に強いといわれています。
アメリカの雇用統計をはじめとして、経済指標が発表されるとレートが激しく動きます。

また、各国の中央銀行の総裁など、要人の発言でもレートが動くことがあります。

実は、指標発表などの前後にドラストFXの矢印が点灯した場合、
とても高い確率で矢印方向にトレンドがつきます。

この画像は、
イギリスの指標発表時のポンド円のチャートです。

見事に下向き矢印が表示され、実際に下降トレンドがついていることがわかります。

指標発表の値動きはプロの経済アナリストでも読むことは難しいのですが、
ドラゴンストラテジーFXなら簡単に稼ぐことが可能です。

ただ、万が一負けてしまった場合、損失も大きくなるため、
ロスカットを浅めに入れるか、普段よりもロット数を減らすようにしたほうがいいでしょう。

ドラストFXは勝てる!

ドラストFXはダマシが多いため、
そのまま使っていてもなかなか勝つことはできません。

しかし、ボリンジャーバンドを加えるなど、工夫をすることで
勝率を上げることが可能です。

さらに、5分足ではなく、一時間足でトレードすれば、
何も考えずに矢印の方向にエントリーするだけで簡単に勝つことが可能です。

また、指標発表時に高い勝率を発揮するのもドラゴンの特徴なので、
これらの特徴を理解したうえで使えば、何十万、何百万円の利益を生み出すことも夢ではないでしょう。

ドラゴン・ストラテジーFX公式サイトはここから

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする