やくぜん(冷え性&むくみ解消サプリ)の効果で全身ポカポカライフを満喫?

やくぜん(冷え性&むくみ解消サプリ)の効果は素晴らしい!

やくぜんは、和漢(日本産の原料を主体とした漢方薬)の効果で
冷え性やむくみを解消するサプリメントです。

やくぜんには、

・有機明日葉
・コーンシルクエキス
・ヒハツエキス
・ウラジロガシエキス

などの血行を良くして、体を温める成分が含まれています。
冷え性やむくみの原因は、不規則な生活習慣などで血の巡りが悪くなることです。

そのため、これらの成分で血流を改善すれば、
冷え性などを治すことができるのです。

やくぜんは発売以来大人気となっており、
ananで脚のむくみ用の美脚サプリとして紹介されるなど、
女性たちの間で大ブームになっています。

実際、私も冷え性とむくみには悩まされていましたが、
やくぜんを飲んでから体がポカポカと暖まるような気がして、
毎日悩みもなく元気に過ごしています。

今なら初回1500円(一日あたり50袋限定)で購入できるので、
是非お申し込みください!

やくぜんと出会う前の私

私は生まれつき血圧が低く、冷えを感じやすい体質でした。
冬はなかなか布団から出てこれませんし、夏もクーラーが少し効いただけで
すぐに寒くなってしまいます。

さらに、冷え性は年齢とともにだんだんひどくなり、
今では目が覚めても一時間以上布団から起き上がることができなくなってしまいました。

さらに、私が悩んでいたのは冷え性だけではありません。
冷えからくるむくみもひどく、会社から帰ってくると脚がパンパンになって
靴が脱げないほどになってしまいます。

靴が脱げないだけならいいのですが、
まるで象のようにパンパンに足がむくんでしまい、
スタイルがとても悪くなってしまいます。

おかげで、象のような足だと彼氏にからかわれたり、
靴が脱げないのを同僚に笑われたり、
目覚めが悪いせいで遅刻したり・・・

ただ血巡りが悪いというだけで、
私の人生はだんだんと冷え冷えになっていくのが感じられていました。

冷え性を治そうとしたが・・・

私は、冷え性を治すために、様々な努力をしました。
まず、昼間はカイロで体を温め、寝る時も厚着をしてなるべく冷えを感じないようにしました。
さらに、体を温めるために熱めのお風呂にはいったり、
思いつく限りのことを何でもやりました。

しかし、私の冷えはいっこうに良くならず、足もむくんだままです。
これまでの私の努力はなんだったの・・・
私はこのまま冷え冷えの人生を送るしかないの・・・?

私は冷え性のせいで、
軽く鬱になってしまいました。

体を温めても冷え性が治らない理由

実は、冷え性は、体を外から温めるだけでは治りません。
なぜなら、いくら頑張って体を温めても、血巡りは良くならないからです。

だいたい、外から体を温めても、人間の体温はほとんど変わりません。
人間は虫や爬虫類と違って恒温動物であり、
外気温が変化しても体の温度が変わることがないのは、
みなさんご存知の通りです。(もし気温の変化で体温も変化するのなら、
私たちは冬になると冬眠する必要がありますね笑)

ですから、冷え性を治すためには、単に体を外から温めるのではなく、
内側から温めることが重要なのです。

内側から体を温めるためには

ここでいう体を温めるとは、温かいスープなどを食べて、
直接体内の温度を上げることではありません。

冷え性の原因は、ストレスや低血圧などのせいで
血流が悪くなることです。

血流が悪くなると、脚などの末端部分の温度が下がってしまい、
冷えを感じやすくなるのです。

さらに、血流が悪いと、水がたまりやすくなり、むくみが起こることがあります。
私のように冷え性の人にむくみ脚が多いのは、全て血流のせいだということですね。

ですから、冷えの元凶である、
血行の乱れを改善しなければ、
永久に冷え性が良くなることはないのです。

スポンサーリンク

血流が悪くなる原因とは

では、冷えの原因である、血行の悪化はどのようにしておきるのでしょうか?
血の巡りは私たちの意志でコントロールすることはできません。
自律神経と呼ばれる神経が、無意識のうちに血行をコントロールしてくれています。

ですが、

ストレス
生理不順
食生活の乱れ
低血圧

などが原因で、この自律神経が乱れてしまい、血流のコントロールが
できなくなることがあります。

すると、脚などの末端部分に血液を送ることができなくなり、
体温が低下して冷え性やむくみが起こってしまうのです。

つまり、冷え性を本気で改善したいのなら、上記の原因を改善し、
血の巡りを内側から変えることが重要なのです。

「やくぜん」を購入することに

私は内側から冷え性を治すために、いろいろな方法を
調べました。

すると、「和漢」と呼ばれる漢方薬が、血流改善にとても効果があることがわかりました。
特に、

・有機明日葉
・ヒハツエキス
・ウラジロガシエキス

などは、自律神経を整え、
血流を改善して冷えやむくみを取る効果が高い成分として知られています。

これらを毎日効率よく摂取する方法はないものか・・・
さらに調査を続けた結果、発見したのが、

そう、「やくぜん」だったのです。

やくぜんは冷え性やむくみ対策のためのサプリメントで
上記の和漢成分を始め、血流改善に効果のある成分が
たくさん含まれています。

これらの成分を摂取すれば、体が内側からぽかぽかと暖まり、
今までの不快な気分が嘘のように晴れ渡るのです。

やくぜんを使った結果

私は薬膳をネットで購入して、飲み続けることにしました。
飲んでみると、なんだか体が熱くなって、温かくなったような気がしました。
そのあとは特に何もありませんでしたが、しばらくすると、ある異変に気付きました。

あれだけ寒がりだった私が、あまり冷えを感じなくなっていたのです。
さらに、寒い日には布団からでるのも億劫だったのに、いまでは朝から元気いっぱいに
働いていますし、脚がむくんで靴が脱げないなんてこともなくなりました。

やくぜんを飲んでからというもの、私の悩みは全くなくなり、
幸せな日々を送っています。

本当にありがとうございました。

やくぜんは只今78%OFF!

現在、やくぜんは公式サイトで、限定キャンペーンを実施しており、
初回限定で78%OFFの1500円で購入できます。

なんと一日あたりたったの50円でお試しできるので、気軽に申し込みください。

しかし、このキャンペーンは100袋限定(次回入荷は未定)となっており、
早めに申し込まないとすぐに売り切れてしまいます。

実際、私も最初に申し込んだとき、すでに売り切れており、
次に入荷するまでかなりの間またされてしまいました。

今すぐに冷え性やむくみを何とかしたい方には最後のチャンスです。
ですから、申し込みはお早めに!

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする