ダイエットするにはどうしたらいいですか?健康的に痩せる最新の方法を紹介!

ダイエットするにはどうしたらいいですか?

ダイエットするにはどうしたらいいですか?
この質問は、21世紀における現代人が持つ最も大きな悩みの一つです。

あなたの気になる疑問に、とある方法を実践した結果、
リバウンドなしで8キロ痩せた経験のある私がお答えします。

リバウンドしないことが肝心

実は、どんな無茶な方法(毎日お菓子しか食べないなど)でも、
一時的に痩せることは可能です。

ですが、間違ったやり方でダイエットをすると、
必ずリバウンドが待っています。

それに、無茶なダイエットを行うと健康にも良くないので、
効果的で体に負担がかからない方法を選ぶ必要があります。

そこで、この記事では、健康的で効果的な、
正しいダイエットのやり方を紹介します。

あなたもこの記事で紹介するダイエットに
取り組めば、きっとリバウンドなしで痩せることができるでしょう。

正しいダイエット方法

正しいダイエットは、
食事の量を少しづつ減らし、一日の摂取カロリーを減らすことです。

実は、激しい運動や炭水化物ダイエットなどの、
派手で一見効果が高そうな方法は、長期的には全く意味のないことが分かっています。

なぜなら、運動などで急激に体重を落としても、
ほぼ100%の確率でリバウンドすることが明らかになっているからです。

アメリカの大学が、ダイエットに成功した人数千人を追跡調査した結果、
なんと、ほとんどの人の体重がもとに戻っていることが判明したのです。

つまり、運動や無理な食事制限で一気に痩せても、
ほぼ確実にリバウンドが起きてしまうのです。

そこで、少しづつ食べる量を減らすことで、体重の減少を緩やかにし、
徐々に痩せることができれば、リバウンドが起こりにくくなります。

ですから、最も効果的なダイエット方法は、
緩やかな食事制限だということになるのです。

効果的な食事制限

最も効果的な食事制限は、朝食を抜くことです。
一日3食から2食に減らせば、一日のカロリーは3分の2になります。
たとえば、朝食を500カロリー食べる人は、
朝食を青汁などに置き換えるだけで、500カロリー分ダイエットできることになります。
ちなみに、500カロリーを運動で痩せようと思うと、ランニング5キロから10キロ分の運動を
しなければならず、朝食抜きがどれだけ効果が高いかわかります。

朝食抜きの注意点

朝食抜きダイエットは、慣れるまでがかなり大変で、最初の頃はリバウンドする可能性が
非常に高いです。

しかし、いきなり朝に何も食べないというのではなく、
食べ物をすこしだけ口に入れれば、
強烈な空腹感に襲われにくくなります。

たとえば、普段朝食をしっかり摂っている人が、
ミカン1つやヨーグルト1パックに置き換えた場合でも、
かなりのカロリーを減らすことができます。

ここで重要なのは、飲み物だけではなく、
食べ物を少しでも口に入れることです。

スポンサーリンク

置き換えダイエット用のスムージーやドリンクなどは売られていますが、
液体だけでは体が満足しないことが多く、リバウンドの原因になるからです。

もちろん、1日2食に慣れてしまえばドリンクだけでも構わないのですが、
最初のころはとにかくお腹が空くので注意が必要です。

1日2食でも問題ないの?

ですが、朝食抜きダイエットは体に悪影響はないのでしょうか?
実は、普段あまり体を動かさない人は、朝食を食べる必要は全くありません。
運動不足の現代人は、
1日3食だとカロリーオーバーになりやすく、太りやすい状態になってしまいます。

私も1日2食の生活をずっと続けていますが、健康上で問題を感じたことはありません。
もちろん、3食の頃と比べて体重も落ちましたし、血液検査などの数値も非常に良好です。

最初のころは昼食や夕食を食べすぎたりしていましたが、
慣れてしまえば全く苦しいことはありません。

やはり、最も効果的で手軽なダイエットは、朝食抜きダイエットだったのですね。

置き換えダイエットにおすすめの朝食

置き換えダイエットで朝食に食べるものは、
できるだけカロリーが少なくて、腹持ちがいいものがよいでしょう。

中でも、寒天ゼリーなどはカロリー0で、食物繊維でお腹がいっぱいになるため
特におすすめです。

プチ断食におすすめの青汁ゼリー

プチ断食のお供に、一番おススメなのが、黒糖抹茶青汁寒天ジュレです。私は、この青汁寒天ジュレで置き換えダイエットを一年ぐらい続けています。青汁寒天ジュレは、黒糖味で美味しいため続けやいのが特徴です。

さらに、カロリーが17kcalしかないため、プチ断食にはピッタリです。また、低カロリーなだけでなく、

・青汁をはじめとした数十種類の植物エキス
・黒糖に含まれるビタミンやミネラル
・さつまいもの29倍の食物繊維

など、ダイエット中に不足しがちな栄養素がぎっしりと詰まっています。
このため、プチ断食の空腹を紛らわせるのなら、青汁ジュレが一番健康的だと思います。
なぜなら、こんにゃくや寒天ゼリーなどは、栄養がほとんど含まれていないため、
健康にあまり良くないからです。

しかも、味についても一流シェフが監修しているため、とても美味しく上品な味です。
具体的には、少し黒糖の酸味があって、のど越しがよくさっぱりとした味です。青汁の苦みなどは少しもありませんが、栄養は普通の青汁よりも数十倍以上も豊富なのです。

私は、朝食を毎日、
青汁寒天ジュレに置き換えています。
以前はグリーンスムージーなどに置き換えていましたが、やはり午前中の空腹は相当つらかったです。

しかし、青汁ジュレならそれほどお腹が減らないので、無理なく置き換えダイエットをすることができます。

ちなみに私は、
朝食を青汁ジュレに置き換えるだけで、160センチで50キロの体重をずっと維持しています。置き換えダイエットを始める一年以上前は、58キロでした。

つまり、8キロもダイエットに成功し、リバウンドも起きていないことになりますね。楽しく置き換えダイエットを続けたいのなら、是非一度お試しくださいね!

↓↓↓お申し込みはこちら↓↓↓

http://www.happiness-direct.com/

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする