どの仮想通貨を買うのがおすすめ?ビットコイン以外(アルトコイン)で儲ける方法を紹介!

どの仮想通貨を買うのがおすすめ?


ビットコインをはじめとする仮想通貨がにわかに注目を集めています。
最近では、CMやニュースなどでも頻繁に話題になっていて、
自分も仮想通貨の投資をやってみたいと思う人も多いのではないのでしょうか?

ですが、ビットコインは2017年12月の時点で一枚200万円を突破しており、
我々一般庶民にとってはかなり高い買い物です。

ビットコインなどの仮想通貨は乱高下を繰り返すため、
無理をして購入したとたんに暴落し、数十万から数百万の損失を被る人も少なくありません。

ビットコインが高値を更新していく一方で、
世の中には何百種類という仮想通貨があります。

それらはaltcoin(アルトコイン)と呼ばれており、
代表的なものにlitecoin、リップル、monacoinなどがあります。

これらのアルトコインはビットコインよりもずっと安い価格(数円~数万円程度)
で取引されており、今から初心者が参入する場合、こちらに投資する方がずっと手軽だとされます。

実際、ビットコインなどの無名な仮想通貨よりも、
全く無名の通貨を探し出して投資したほうが、大きな値動きが期待できるので、
上手くいけば巨万の富を築くことが可能です。

実際、私自身も日本初のアルトコインであるモナコイン(monacoin)を一枚4.5円の頃に投資し、
数百万円の利益を出すことに成功しています。

この私の経験を踏まえ、ビットコインではなく、まだ無名のアルトコインを探し出し、
大きな利益を得る方法を紹介します。

ビットコインよりもアルトコインのほうが儲けやすい

ビットコインは世界最初の仮想通貨であるため、
巨大な市場がすでに完成しつつあります。

そのため、これからどんどん価格が上昇していったとしても、
初期のような大きな急騰は望めない状態です。

3年前、ビットコインは3万円でしたが、
現在の価格は200万円前後です。

ビットコインがここ3年で60倍程度の値上がりとなっているのに対し、
モナコインの値幅はなんと600倍以上(3円→1800円前後)
となっています。

つまり、まだ発表されて間もないアルトコインのほうが、
価格が急騰した際の値幅が大きく、大儲けするチャンスがあるということです。

実際、私もなけなしの9000円でモナコインを2000枚購入しましたが、
その三年後に価格が急騰し、数百万円の利益を得ることに成功しています。

つまり、あなたが数百万円以上余裕で投資できるほどの資金力があれば、
ビットコインを購入するのはアリですが、
数千円から数万円程度しか予算がないのであれば、
まだほとんど知名度のないアルトコインを購入したほうがいいでしょう。

まとめると、大きな金額を賭けるのであれば、市場が成熟しているビットコイン投資のほうが安全にリターンを
得ることができるのに対し、少額投資であれば、思い切って無名の仮想通貨を購入したほうが
はるかにリターンが大きいということです。

ただし、後述しますが、そもそも値段が上昇する仮想通貨は非常にすくないため、
この手法はかなりのギャンブルになります。

ですから、損することを前提と考え、宝くじを買うような感覚で投資するような
気持ちで臨んだほうがよいでしょう。

どのコインを選べばよいのか

では、世の中に数百種類以上存在する仮想通貨のうち、
いったいどの銘柄を選べばよいのでしょうか?

実用性が最も重要

まず最初に頭に入れておくべきことは、
ほとんどの仮想通貨は値上がりしない
という事実です。

仮想通貨がなぜ価値を持っているのかというと、
今地球上に存在しているどの通貨(ドルや円など)よりも、
便利だからです。

仮想通貨は電子マネーやクレジットカード
などよりもずっと手軽に、世界中の誰とでもお金のやり取りを行うことができます。

ですが、仮想通貨をお金の代わりに使うことができるということは、世界中で広く流通している必要があります。
つまり、仮想通貨が価値を持つ(値段が上がる)ためには、
実際にインターネット上で広くやり取りされなければならないのです。

スポンサーリンク

この条件を満たしている仮想通貨は非常に数が少なく、
世界中で商品が流通しているのはビットコインぐらいしかありません。

しかし、実際に現在流通していなくても、実用性があり、
将来性があると見込まれた場合は、価格が上がる可能性が高いです。

私のアルトコインの選び方

たとえばモナ―コインは、コインが誕生した瞬間から、
高い実用性がありました。

オークションなどでアニメグッズや同人誌などと交換できたほか、
アマゾンのギフト券などの金券にも交換することが可能でした。

モナコインは2chで生まれたため、アニメオタクなどのコミュニティで
細々と使われていたのです。

私は、この実用性という観点から、モナコインに早くから注目していました。
2014年当時は、ビットコインですら実用性はほぼなく、
実際に使われているコインは相当珍しかったからです。

それからモナコインが値上がりするまでに3年かかりましたが、
実用性がある仮想通貨というのは必ず値上がりします。

モナコインの他にも、イーサリアムという仮想通貨は、
ベンチャー企業の資金調達のために作られました。

このように、最初から実用性が付与されている通過は、
発表後すぐに値段が急騰していきます。

実際、イーサリアムは発表されてから順調に価格も推移しており、
現在ではアルトコインの中でも1.2を争う高値で取引されています。

公平性

実用性の他に、公平性も仮想通貨選びの大きなポイントです。
仮想通貨の中には、悪質な詐欺目的のためだけに作られたものも存在します。
詐欺目的の通貨の場合、公に発表される前に、運営側が大量にコインを所有していることがほとんどです。
自分たちがコインを保有した後に、コインを公開し、価格を釣り上げて利益を得ようとする行為は
「プレマイニング」といわれています。

「プレマイニング」自体は、
よくある未公開株の詐欺と全く同じものなので、ここでは詳しく説明しませんが、
これらの怪しい仮想通貨は、値段が大きく急騰することは絶対にありません。

そもそも、仮想通貨は誰にも価格をコントロールできない「公平性」が
一番のセールスポイントだったはずです。
実際、ビットコインを始め、モナ―コインやライトコインなど、
現在広く流通している通貨でプレマイニングが行われたものはありません。

特に、フェイスブック広告などの怪しい情報商材などで、怪しい仮想通貨が販売されているのを
見かけますが、100%詐欺だといえるので引っ掛からないようにしましょう。

どこで購入するのがよいのか

仮想通貨はメジャーなものであれば、ビットフライヤーなどで購入することができます。
しかし、マイナーな仮想通貨は取引所が存在しないため、直にコインを保有している人から
譲ってもらうしかありません。

私の場合、モナコインを販売するショップをヤフーショッピングで見つけたので、
そこで購入しました。

マイナーな仮想通貨でも、少し話題になっているものは、ヤフーショッピングやオークションなどで購入できる場合があるので、
ネット上をくまなく探してみるとよいでしょう。

仮想通貨は実用性重視

仮想通貨はこれからも値段が上昇していくと思われます。
しかし、ビットコインをはじめとするメジャーな通貨は一枚当たりの価格が高いですし、
何より、市場が成熟しているので大幅な値動きが期待できません。

そこで、少額投資するならば、これから値段を上げる可能性があるマイナー通貨を購入したほうが
夢があっていいと思います。

しかし、仮想通貨のほとんどが値段を一度も上げることなく終わっていく悲しい運命を背負っているため、

実用性がある(これから流通する見込みがある)
公平性がある(金儲け目的でない、プレマイニングされていない)
この2つを肝に銘じて、よく吟味することが重要です。

うまくいけば、私のように数百万円の利益を得ることができるだけでなく、
大金持ちになることができるかもしれません。

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする