友達の結婚式のご祝儀は3万円が相場?絶対に3万払わなきゃいけないの?

友達の結婚式のご祝儀は3万じゃないといけない?

20代後半になると結婚適齢期になるため、
周りの友達がどんどん結婚し始めます。

すると、ご祝儀を払わなければならなくなり、
まとまったお金が必要になります。

現在、友人の結婚式に招待された場合、
3万円のお金を包むのが相場となっています。

しかし、一人だけならいいのですが、3人も4人も同じ年に
結婚されると、かなり出費が必要です。

特に私のように田舎に帰省しなければならない場合、
新幹線代などの交通費もバカになりません。

このような場合、結婚式の祝儀は必ずしも3万円払わなければならないのでしょうか?

結論

結論から言うと、
別に友達の結婚式に3万円払わなければならないという法律はありません。
ただ、それぐらい払うのがふつうだという慣例があるだけです。

ですから、このような慣例は無視して、あなたがご祝儀袋に入れるお金は千円でもいいですし、
逆に100万円入れてあげても全然OKなのです。

もともと結婚式の祝儀は奇数(割り切れない数のほうが縁起がよいという理由)がよいとされているため、
1万円や5千円で済ませてしまうこともできます。

ご祝儀一万円の人が増えている?

実際、非正規雇用が増えている影響で、
若者の収入はどんどん下がっています。

ですから、たかが友達のご祝儀に3万円という大金を
払うのをもったいなく感じている人はかなり多いです。

そのため、あまり親しくない友人には、
一万円しかご祝儀を払わない人も最近急増しているそうです。

実際、私も立て続けに結婚式に招待されると、
だんだん3万という大金を払うことに嫌気がさしはじめ、
ご祝儀を減らそうか何度も悩んだことがあります。

あまりケチらないほうがいい理由

しかし、私は何度も検討した結果、
すべての友人に、3万円を払うことにしました。

最初は私も一万円に減額しようとしましたが、
母と大喧嘩になる寸前まで言い争いました。

私がご祝儀袋にお金を入れる瞬間まで、
ずっと母に監視されていたため、しぶしぶ3万円を包むことにしました。

ですが、今となっては、ご祝儀をケチらなくて本当によかったと思っています。

①友情にヒビが入る

まず、ご祝儀は3万円という風習はかなり根強く、
もはや暗黙のルールになっています。

そのため、あなただけがご祝儀を一万円しか払わなかった場合、
相手からかなり恨まれることは間違いないでしょう。

他の人は3万円くれたのに、なんでこいつだけ一万円なんだ・・・

友情は目に見えないものですが、この場合、もろに金額という形で
形に現れてしまっています。

ご祝儀をケチった恨みは意外と忘れられがたく、
一生その記憶が消えることはありません。

ですから、あなたがその友人のことを大事に思っているのなら、
ご祝儀代金をケチるのはやめたほうがいいでしょう。

②3万円払う機会はそう多くない

次に、ご祝儀で3万円包む機会はそんなに多くないということです。
職場の同僚の場合、一万円か職場一同としてお金を包むので、
そんなに出費が増えることはありません。

そのため、あなたが3万円を包むのは、プライベートで仲が良い
友人だけに限定されます。

スポンサーリンク

たしかに20代後半にかけては結婚する人が多いため、
頻繁にご祝儀が必要な気がします。
しかし、冷静に考えてみれば、結婚式に呼ばれるほど仲がよい
友達は、そこまで多くはないはずです。

ほとんどの人は、10人もいないのではないでしょうか?

結婚式に出費がかさむのは、今がピークであることがほとんどです。
あと5年もすれば、あなたが招待されるのは職場の後輩オンリーになることは
間違いありません。

ですから、こんなにお金を払うのは今だけだと考えて、おとなしく3万円を用意したほうが
いいでしょう。

自分が結婚するときに困る

最後に、自分が蒔いた種は、後で絶対に自分を苦しめます。
あなたがご祝儀をケチれば、あとで自分の番になったとき
ほぼ100%ケチられます。

というか、招待しても来てもらえない確率がかなり高くなります。
ご祝儀は助け合いという意味合いも強いため、
後で自分のことも助けてほしいと思うのなら、
絶対にケチらないようにしましょう。

逆にケチったほうがいい場合

ですが、すべての友達にご祝儀を3万円支払えばいいという訳ではありません。
払ったほうがいいのは、これから先、
何十年も友人関係が続くと思われる親友の場合のみです。

それ以外の、正直どうでもいい友達の場合は、3万円もご祝儀を払うのは
多すぎると思います。

そこで、具体的なケチり方を紹介しましょう。

叔母直伝の奥義ー入れ忘れー

私の叔母は、ご祝儀や香典を払わない奥義を習得しています。
それは、相手に空の祝儀袋を渡すという方法です。

もちろん、名前も金額もちゃんと記載し、空の祝儀袋にノリを貼り、
あたかも中身が入っているようにみせかけます。

あとはその祝儀袋を何食わぬ顔で受付に渡せば終了です。

私の家は、叔母にこの手口を何回も使われたことがあり、
合計で20万円近くのお金を取り損ねています。

ご祝儀はあくまでも相手の好意で払うおかねであって、
強制力は全くありません。

それに、入れ忘れたといわれればそれまで、追及されることもそもそも少ないです。
実際、私の家は何度も叔母の被害に遭っているのにも関わらず、
いつも泣き寝入りしています。

ご祝儀をケチるぐらいなら、結婚式に招待されても行かなければいいのですが、
やむを得ない事情がある場合は是非お試しください。

相手が親友であるかどうかが重要

結婚式のご祝儀は、かならずしも3万円支払わなければならないという
ことは決してありません。

ですから、あまり親しくない友人の場合は、
一万円でも5千円でも全然OKです。

しかし、招待してくれた友人のことを、心の底から
親友だと思っているのであれば、3万円以上は包んだほうが
絶対にいいでしょう。

今は大きな負担に感じることは仕方ありませんが、
これからの人生、友人の結婚式に招待されることは
そう多くはありません。

あと5年もすれば、呼ばれることはかなり少なくなるので、
この出費も今のうちだけだと思って支払ったほうがよいでしょう。

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする