毛穴の黒ずみや角栓を除去するには?実は乾燥が原因でまさかの解消法!

鼻の毛穴の黒ずみ結構目立つもので鏡を見るたびに悩んでしまいます。

洗顔や保湿ケアをしっかりしないといけないとは思うものの、
たまに適当にしてしまったりして悪循環に。
さらには毛穴にたまった角栓も気になってしまいピンセットで抜いて
穴が広がったようになってしまいます。

そして最終的には角栓が気になって気になって毛穴パックをして
その時はスッキリするものの、
空いた穴が塞がらない状態に・・・

毛穴が開きっぱなしでそのまま塞がらない・・・

なんてことになってしまいます。

そうなってしまうともうどうしようもないという状態になってしまい、
さらに悪循環になっていってしまいます。

そうなってしまうと毛穴は広がるしさらに
毛穴に黒ずみがたまっていきます。

そんな時に私はこの方法に出会ったことによって、
今まで悩んでいた毛穴の開きや黒ずみを解消することができました。

毛穴の開きや黒ずみはどうやって起こるのか?


毛穴の開きや黒ずみは自分ではケアをしているつもりでも
やりかたを間違ってしまえば実は広げてしまうことになってしまいます。

ケアをしているつもりが実は毛穴にダメージを与えているなんて最悪です。

毛穴のことを知るまでは知らなかったのですが、
毛穴を広げてしまったり黒ずみの原因になってしまうことは実は
いつのまにかしてしまっていました。

毛穴パックや毛穴に刺激が強いクレンジング
洗浄力の強い洗顔、スクラブ入りの洗顔

など毛穴ケアをしているつもりが毛穴をあることをしてしまうことで広げたり
黒ずみの原因になってしまいます。

毛穴の広がりや黒ずみの原因は?

毛穴が広がってしまったり黒ずんでしまう原因は
乾燥してしまうことにあります。

毛穴の中に汚れがつまったりたまったりすることが原因というだけではありません。
乾燥してしまうことによって毛穴が開いたり、
黒ずみの大きな原因になります。

毛穴が広がってしまうのはなぜ?

毛穴が広がってしまうのは
毛穴が乾燥してしまうことによって起こってしまいます。

毛穴が乾燥しておらず、水分が満たされていて水分量が多い状態だと、
毛穴も水分によって満たされている状態になります。

しかし乾燥してしまった毛穴になってしまうと、
水分が少ないことによって毛穴が水分で満たされておらずにカラカラな状態に。

それによって、水分によって毛穴がとじたように見えていた部分が

乾燥してしまうことで毛穴が広がった状態になってしまいます。

黒ずみはなぜできるのか?

黒ずみができるのも乾燥によって起こります。

肌が乾燥すると角質がはがれてきます。

角質が剥がれかけている毛穴の入り口の部分に油汚れなどがはいりこんでいき
酸化していきます。

そしてそこから黒く変色してしまいます。

それが毛穴の黒ずみになってしまいます。

そしてこの黒ずみは本来であれば排出できるものです。

スポンサーリンク

しかしターンオーバーの乱れによって古い角質が
排出されなかったり、角質があつくなっていきます。

それが毛穴を塞いでさらに水分が浸透していくのを邪魔していきます。

そうすると乾燥する肌はさらに進んでいきます。

乾燥が毛穴をどんどんつまらせて悪循環に。

角栓も毛穴に角質がどんどんつまっていくと
角栓となっていきます。

角質はターンオーバーがしっかりとしていれば
そのまま剥がれ落ちるのですが、
ターンオーバーの乱れにより剥がれ落ちずにどんどんたまっていき角栓となってしまいます。

毛穴の開きは角栓をとれば綺麗になると思い
必死に角栓をとったりしますが、
それは解決法になりません。

逆にターンオーバーを乱れさせてさらに悪化させてしまいます。

そうならないためにはターンオーバーをしっかりとさせることが大事です。

そのためには原因である乾燥をしっかりと対処することが大事です。

間違った毛穴ケアをしてしまえば肌に問題が起こっていく

角栓をとらなけらば毛穴の汚れをとらなければと無理に角栓や汚れを取ろうとすると
毛穴がアレていってしまいます。

角栓や毛穴の黒ずみを無理に取ろうとしていくと、
逆に毛穴を開くことになり角栓ができやすくなり、
黒ずみの根も深くなってしまいます。

気づけば毛穴が広がったままになってしまうという状態になりかねません。

毛穴パックなども角栓がびっちりとれてとても気持ちがいいと思うかもしれません。
表面上ではきれいになったかもしれませんが、
無理に角質をとってしまい、その後さらに乾燥しやすい状態になったり、
角質を無理にとってしまったために、
新しい角質を作らないといけないためにターンオーバーが乱れてしまいます。

根本を間違ってケアをしてしまうと、いくらやっても
角栓がなくならなかったり、黒ずみがとれない状態になってしまいます。

黒ずみや角栓を改善するには?

黒ずみや角栓を改善するには、
乾燥するのを改善することが大事になります。

また毛穴パックや刺激の強い洗顔やクレンジングで乾燥することを防ぐことです。

ケアするためには今現在の黒ずみや角栓を取り除いても
状況が悪化するだけです。

そうならないためにもターンオーバーの28日を考えながら
乾燥の対策をして肌を整えることが大事です。

水分をしっかりと毛穴に浸透させることが大事です。
毛穴に対して化粧水でしっかりと浸透させます。

肌に水分をたっぷりあげます。

肌をふっくらとさせて毛穴をキュッとしめてくれます。

その後に油分で蓋をしてあげます。

水分が肌の中にあって蒸発させないように、乳液やクリームで蓋をしてあげましょう。

保湿ケアをしっかりしていくことで
1ヶ月ほどすると黒ずみや角栓も改善されるようになります。

目先の対処法で角栓を無理やりとったり黒ずみを綺麗にしようと思うのではなく、
一ヶ月後の状況を考えてしっかりとケアをしてあげることが重要になります。

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする