モナ―コイン大暴騰で9000円が100万円に!いくらまで上昇するのか?

モナ―コインが4.5円から490円に!

「モナ―コイン」は、日本で作られた初めての仮想通貨です。
約4年前の2013年、ひっそりと誕生しましたが、それからずっと忘れられた存在でした。

そのため、モナ―コインの価値は
1モナ当たり3円から4円という、極めて安い価格にずっと甘んじてきました。

しかし、2017年10月13日、大手の仮想通貨取引所、
ビットフライヤーで取り扱いが始まったことが原因で、
ついに史上最高値である490円を突破。

現在は400円近くで取引されています。

3年前、モナ―コインを4.5円で購入した男がいた・・・

3年前、モナ―コインが持つ将来性を見越して、
なけなしのお金で2000モナ(9000円)を購入した男がいました。

それが私です。

私は、当時始まりつつあった仮想通貨バブルに注目していました。
中でも、モナ―コインは他の仮想通貨に比べて独自性が高く、
広く普及し、価格も大暴騰すると予測したのです。

しかし、私の予想とは裏腹に、ほとんど一般に浸透せず、
長い間3円から5円程度をさまよっていました。

ですから、
私も3年以上すっかり忘れていたのですが、

本日何気なくモナ―コインの価格を調べてみたら、なんと500円近くにまで急騰しているではありませんか。

このまま値崩れしなければ、
あの時私が買った2000モナは、100万円近くになっているはずです。

モナ―コインはまだ上がるのか?

私だけでなく、モナ―コインが1円台のころに仕込んでおいた人は、
今頃莫大な利益を手にしているでしょう。

仮想通貨は、FXのように市場で売り買いすることができます。

実際、大手の仮想通貨取引所である「ビットフライヤー」が
モナ―コインの取り扱いを始めたことで、今回の急騰が起こりました。

しかし、今からモナ―コインの売買に参入しても間に合うものなのでしょうか?

今からモナ―コインを買っても余裕で間に合う理由

結論から書くと、今からモナ―コインに参入してもまだまだ間に合います。

これからその理由を説明します。

仮想通貨自体これからまだまだ上がる

私がモナ―コインを買ったころ、ビットコインは4万円ぐらいでした。
そのころも、ビットコインはバブルになっているだけだ、

という声が大きく、これからビットコインの時価もだんだん下げていくものだと
予想されていました。

しかし、2017年現在、ビットコインの値段は60万円近くにまで上昇しています。
もし3年前の時点でビットコインを仕込んでおいても、15倍程度にまで値上がりしているのです。

こんなに利率の高い投資先というのは実はあまりなく、
仮想通貨の未来がいかに明るいかがお分かりだと思います。

短期的には暴落する恐れも

ただし、短期的には大きく値下がりする可能性は十分にあります。
たとえば、1ビットコインを60万円で購入したとしましょう。

しかし、数日後に大暴落が起こり、1枚50万円にまで値下がりしたとしたら、
あなたは耐えられるでしょうか?

たしかに、仮想通貨自体まだまだ普及しているとは言いづらく、
長期的に見れば値段は上昇していくと考えられています。

しかし、短期的に見れば、値段はかなり激しく上下するため、
ずっと保持し続けるのはかなりタフな精神力が必要です。

ビットコインに今から手を出すのは怖い

もしあなたがビットコインの将来性を信じて、ずっと保有し続けるのなら、
なにも問題はありません。

しかし、現実問題として、急な値動きに焦って売り買いをくり返し、
一文無しになってしまう人がとても多いです。

このため、1枚当たりの価格が高く、
値動きが全く分からないビットコインに今から手を出すのは
辞めた方がよさそうですね。

実際に使える仮想通貨はほとんどない

仮想通貨は、
ドルや円などのリアル通貨と違って、誰でも自由に発行することができます。

そのため、

世界中に仮想通貨は少なく見積もっても数千以上存在すると言われており、
ビットコインやモナ―コイン以外にも様々なコインがあります。

しかし、これらのコインは、ごく一部の通貨を除いて、
実際に貨幣として使用することができません。

つまり、コインのデータは存在し、現金に換えることはできても、
実際にお店などで使える仮想通貨はほとんどないのです。

スポンサーリンク

現時点で商品などが購入できる仮想通貨は、ビットコインや
イーサリアムなど、超メジャー通貨以外にはほとんど存在しません。

モナ―コインは広く流通している

しかし、モナ―コインは、まだまだマイナーな存在にも
関わらず、実際に通貨として使用することができます。

たとえば、モナッピ―というポータルサイトに登録すれば、
フリーマーケットなどから好きな商品をモナ―コインで購入することが
可能です。

先ほど説明しましたが、ビットコイン以外のほとんどの仮想通貨は現実に
使用することができず、投機目的で不釣り合いな値段がつけられているだけです。

しかし、モナ―コインは実際に貨幣としてネット上で使用することができるという、
極めて強い優位性があります。

つまり、モナ―コインは、通貨として実体がある、極めて稀有な仮想通貨なのです。

私はここに着目し、3年前に2000モナ―を購入したのです。

モナ―コインはいくらまで上がるのか?

通貨として実体がある仮想通貨は、ビットコイン以外にはほとんどありません。
そして、実体がある仮想通貨には、ほとんどそれ相応の値段がつけられています。

ビットコインは世界中で幅広く使われているため、60万円近くで取引されていますし、

イーサリアムという仮想通貨でさえ、
ベンチャー企業の投資などで実際に使われているため、なんと30000円近くの価格がつけられています。

つまり、実際に通貨として用いられている仮想通貨は、かなりの高値で取引されるという
ことですね。

ですが、モナ―コインはまだまだ小規模ながら実際に使われているにも関わらず、
数百円程度の価値しかつけられていません。

このように、モナ―コインはどうみても超過小評価状態にあるといえるでしょう。

実際、ビットフライヤーという、国内大手の仮想通貨取引所で取引可能になっただけで、
数十倍にまで急上昇しているのです。

今後もほぼ確実に値段が上昇していく

ですから、今後も、モナ―コインの取り扱いが広がるにつれて、どんどん値段は上がっていくものと思われます。

つまり、モナ―コインは現在の最高値の500円から大きく値を上げ、数千円から数万円程度の
ポテンシャルを秘めているといっても過言ではありません。

もちろん、通貨の値段は一直線上に上がるのではなく、後退と前進をくり返してだんだん上昇していきます。

つまり、短期的に見れば暴落することもあるでしょうが、
長期的に見ればほぼ確実にこれからも価格は上昇していくと思われます。

第一、ビットコイン自体、これから値段がさらに上がっていくと言われており、
数年後にはモナ―コインも数万円程度の値がつけられていても何ら不思議はないのです。

モナ―コインを買うなら今がチャンス!

モナ―コインを買うなら今がチャンスです!
モナ―コインは私が購入した当時に比べて100倍以上になっているとはいえ、
長期的に見ればさらに上昇していくのはほぼ間違いないです。

1モナ数千円はおろか、数万円まで期待できるため、数百円の今のうちに仕込んでおくことを
強くおすすめします。

私も今日この日をもって、モナコインの含み益が100万円を突破しましたが、まだまだ
上昇すると信じてホールドし続けるつもりです。

おそらく一万円ぐらいまでいくと私の中では予想しているので、それまでは売ることはないでしょう。

あなたも、もしモナ―コインを買ったら、
目先の値動きにとらわれず、
自分の予想通りの値段になるまで保持し続けて下さいね!

上手くいけば、資産を100倍以上に増やすことができるかもしれませんよ!

モナ―コインを購入する方法

モナ―コインを購入するなら、ビットフライヤーでだれでも簡単に購入することができます。
もちろん、株やFXのようにマネーゲームをすることもできますが、
簡単に売らずにずっと保持しておくことをおすすめします。

まだまだモナ―コインは値段を上げる材料が多く、数千円から数万円まで上昇する可能性は十分にあるため、目先の乱高下は無視するほうが賢明でしょう。

↓↓↓ビットフライヤーの登録はこちら↓↓↓

https://bitflyer.jp/

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする