会社の飲み会は本当に嫌!断る方法や飲み会がない会社に転職する方法を紹介!

会社の飲み会は本当に嫌だ!

飲み会が多い会社は最低最悪です。

まだ先輩や上司の酒に付き合うだけならいいですが、一気飲みをさせられたり、
変な一発芸をさせられるのはアルコールハラスメントです。

酒好きな人なら耐えられますが、酒が嫌いな人にとってアルハラは地獄です。
特に、若手社員はお酌させられたり、飲み会の幹事をさせられたり、まるでお世話係の
ような雑用を強制されることもあります。

飲み会が楽しいのは中年以上だけ

私の経験上、職場の飲み会で楽しそうにしているのは管理職などの中年社員だけです。
一方、若手社員は嫌々参加していることが多く、飲まされるのが嫌で隅っこで隠れている
人も多かったです。

なぜ若手が飲み会をこんなに嫌なのかというと、一番は説教されるのが嫌だからでしょう。
説教でなくとも、仕事の話などを延々と聞かされるだけでもうんざりしてしまいます。

これらのつまらない話を聞かされながら、お酌などのお世話をさせられるため、通常の業務よりもかなりストレスが溜まります。

さらに、お酒に弱かったりすると意識がもうろうとする中、雑用をこなさなければならないため、とても苦しい思いをすることになります。

管理職にとっては飲み会が多いのはメリット

ですが、若手社員にとって飲み会はストレスであるにも関わらず、
なぜ飲み会が頻繁に開催されるのでしょうか?

それは、管理職にとっては、飲み会を開催することはメリットだからです。
なぜかというと、飲み会を開催することで、部下の状態を一斉にチェックできるからです。
部下の精神状態が悪かったり、人間関係にトラブルがあったりしても、仕事をしているだけでは分かりづらいです。

そんなのは勝手な都合

ですが、そんなことは経営者側の勝手な都合であって、くだらない飲み会に毎回付き合わされる者の立場を全く考えていません。

また、年に数回程度ならまだわかりますが、週に何回も飲み会がある職場は明らかに逸脱しており、ただの自己満足であるといっても過言ではありません。

飲み会を断る勇気が必要

ですから、飲み会に参加するのが嫌な場合、すぐさま断る勇気を持つことが必要です。
それに、お酒が弱いのに無理に参加しても、粗相をしでかしてしまったりして、
あなたの人間関係にとってマイナスになるだけです。

本来なら、きっぱりと断るのが一番なのですが、なかなか言いだしにくいと思います。
そこで、歯医者の予約があるとか、どうしても外せない用事があるとか言って断ってしまいましょう。

飲み会は業務ではありません。どんなに体育会系の会社でも、飲み会に来ないからといって、給料を下げられたり、クビになることは絶対にありません。(ただ、上司に気に入られて出世できるどうかは別です)

なので、昼間に真面目に働いてさえいれば、付き合いが悪いからといって不当な扱いを受けることはそうそうないので安心してください。

飲み会をきっぱりと断る方法

さらに、飲み会をきっぱりと断る裏技をお教えします。

①医者に止められている

まず、肝臓の数値が悪いとか、血糖値が高いとか、健康に問題があるからお酒が飲めないとウソをつく方法です。

ここでのポイントは、お酒が飲めないとかお酒が弱いという言い訳は通用しないということです。
お酒が弱いと言うと、無理やり飲まされることはまずありません。
しかし、飲まなくてもいいから飲み会に来いと必ず言われます。

ですから、お酒が弱いとかお酒が飲めないとアピールすることは、ほとんどの場合何の意味もありません。

ですが、肝臓の数値が悪いとか、健康上の理由ならどうでしょうか?もし本当に血糖値が高ければ、飲み会で出される脂っこい料理だけでアウトです。

さすがに飲み会に来て何も食べるなとは言えないので、単にお酒が飲めないとアピールするのではなく、健康に問題があるから飲み会には出れないと伝えるべきなのです。

②宗教上の理由

もしあなたがどうしても飲み会に行くのが嫌で、会社で友達を作らなくてもいいのなら、
宗教上の理由でお酒が飲めないというべきです。

ちなみに、日本国憲法で信教の自由は保障されているため、あなたがたとえオウム真理教(現アーレフ・ひかりの輪)の信者でも、職場で不当に扱うことはできない決まりになっています。

ですから、宗教上の理由で飲み会を断っても、あなたが変人扱いされるだけで、不利益を被ることは絶対にありません。

もちろん、なんの宗教か聞かれても、ボロが出るので絶対に答えてはいけません。
ただ、宗教上の理由という回答の効果は抜群で、おそらくあなたはもう2度と飲み会に誘われることはなくなるでしょう。

しかし、同時に怪しい宗教にハマっている奴だとみなされ、あなたから人が離れていくことは
間違いありません。

それでもいいというのなら、是非お試しください。

飲み会が嫌なら転職しよう

飲み会を避ける方法を説明しましたが、現実問題として、毎回断り続けるのはとても難しいです。
あまり断り続けていると、職場の同僚たちも不平等を感じ、人間関係にだんだんヒビが入っていきます。

ですが、特にお酒が弱い人にとって飲み会は非常に苦しく、二日酔いなどで翌日の業務に支障が出ることがあります。

ですから、頻繁に開催される飲み会に負担を感じているのなら、転職することをおすすめします。

現在は好景気が続いており、人手不足で倒産する会社も巷に溢れているほどです。
それに、現在は無駄な飲み会を廃止している企業もかなり多いため、勇気を出して転職すれば、必ずあなたの希望に合った職場が見つかるでしょう。

飲み会がない会社を見つける方法

よく、IT系の会社は飲み会が少ないとか、営業は飲み会が多いという話を耳にしますが、
全くのでたらめです。

たとえば私は前職でサーバーの運用をしていましたが、飲み会は月に2回前後と結構多く、酒が飲めないからといっても無理やり連れていかされました。

さらに、今の職場(ブログを書く仕事)も、月に1回程度は必ず飲み会があります。
ただ、飲み会といっても完全に自由で、一切誰にも気を遣わなくていいのでかなり楽です。

このように、SEなどのIT系なら飲み会から逃げられると思っているのは大きな間違いなのです。

それに、飲み会のマナー等の厳しさも完全に会社によって異なっているため、実際にその会社の人間に聞いてみるしかないというのが現状です。

面接で絶対に確認しよう

そのため、面接の際に、飲み会の頻度などを個別に確認しておくことにしましょう。

スポンサーリンク

こんなことを聞いても大丈夫かと遠慮しがちですが、
あなたが職場の雰囲気に馴染めないと向こうも困るため、丁寧に説明してくれる会社がほとんどです。

ですから、面接では正直に「お酒が嫌いなんですけど、飲み会は多いですか?」と質問するのがベストです。

最後に、もし良さそうな職場が見つかっても、体育会系の社風だった場合は、きっぱりと断ることをお勧めします。

なぜなら、現在は好景気なので、頑張って探せば、もっといい環境の職場は絶対に見つかるからです。

焦らず地道に転職活動して、飲み会が全くない職場を見つけましょう。

転職サービスに登録しよう

しかし、転職活動は一人で行うと結構大変です。一言で説明すると、
学生の頃に行った、就活をもう一度やるようなものです。

ですから、自力転職はかなり煩雑な作業が多く、スケジュール管理をするだけでも大変です。

そのため、必ず転職支援サービスを利用しましょう。

サービスに登録すると、豊富な未公開求人に応募できるだけでなく、
面接などの日程管理や、応募書類の提出などを代わりに行ってくれるため、
とても便利です。

さらに、コンサルタントとの面談を通じ、面接対策や筆記試験対策、職務経歴書の添削
などのアドバイスを受けることができます。

このため、転職するのなら、最低でもどこか一つは支援サービスに登録しておくことをおすすめします。

コンサルタントには正直に話そう

また、コンサルタントには正直に、飲み会が嫌いであることを伝えたほうがいいです。
というか、伝えないと、あなたが転職サービスに登録した意味がほとんどなくなってしまいます。

それに、あなたの希望にあった会社を紹介するのが彼らの仕事です。
ですから、希望さえ伝えれば、体育会系でない、飲み会が比較的少ない会社をピックアップして紹介してくれます。

おススメの転職サービス

転職サービスはたくさんありますが、中でもおすすめのサイトを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大級の転職サービスです。案件が非常に豊富で、その中からあなたにマッチした求人をおすすめしてもらえるので、とても便利です。

ちなみにリクルートエージェントはリクナビネクストとは別のサービスです。

リクナビに登録しただけではサービスを受けられないですし、非公開求人も多数あるので、かならず登録しておきましょう。

毎日のように求人が掲載されており、私の友人の一人も、リクルートエージェントを通じて飲み会が一切ない企業に転職しました。

面談などサービスも丁寧

さらに、コンサルタントと面談をすることもでき、職務経歴書の添削や面接のアドバイスなど、様々なサポートを受けることもできます。そして、書類の提出なども全てコンサルタントに任せることができるので、あなたが転職に使う時間も短縮されます。

また、希望年収などの交渉も任せることができるため、一人で転職した場合よりも、同じ職場でもはるかに好待遇で働くことができます。

ですから、あなたもリクルートエージェントを使えば、最小限の労力で転職することができます。

最後に、リクルートエージェントは、リクナビネクストとは別の組織です。ですから、求人案件も非公開のものを中心に数多く存在しますので、まだ登録していない人はお早めにお申し込みください。

↓↓↓下記のURLをクリックして、リクルートエージェントに10秒で申し込む↓↓↓

https://www.r-agent.com/

ハタラクティブ

あなたがまだ20代で、関東圏で転職活動するのなら、「ハタラクティブ」はおすすめです。ハタラクティブでは、中でも、一都三県の求人に特化していて、主に20代の未経験業界への転職をメインとしています。

そのため、あなたがまだ社会人としての経験が浅くても、ハタラクティブなら丁寧なサポートを受けられます。

登録も非常に簡単で、スマホから10秒で出来ますし、無理な勧誘の電話なども一切かかってこないのでおすすめです。

↓↓↓下記のURLをクリックして、10秒でハタラクティブに登録する↓↓↓

https://hataractive.jp/

JAC

また、JAC Recruitmentも同時に登録するとよいでしょう。JACは、大企業や外資系企業の求人が多く、歴史ある就職サイトです。

とくに、就職サポート(無料)に登録している人しか見れない非公開求人も非常に多いです。

ハイレベル求人に応募したい方は是非ご登録ください。

↓↓↓下記のURLをクリックして、JRCに登録する↓↓↓

http://www.jac-recruitment.jp/

ガマンして飲み会に行くのは何の意味もない

飲み会に嫌々参加しても、あなたが得るものは全くありません。
時間やあなたの健康を無駄にするだけなので、きっぱりと断りましょう。
もし断るのが難しい場合は、転職も前向きに検討することをおすすめします。

世の中には飲み会が少なかったり、飲み会自体全くない企業もたくさんあります。

さらに、うちの会社のように、お酌することもなく、幹事をさせられることもなく、
好きなものを飲み食いして解散するだけの会社もあります。

ただ、一人で就活すると、面接で一々聞くしかないので大変です。
しかし、転職サービスを使えば、コンサルタントに希望を伝えるだけで、そのような求人に簡単に応募することができます。完全無料で利用できるので、是非お試しください。

↓↓↓下記のURLをクリックして、リクルートエージェントに10秒で申し込む↓↓↓

https://www.r-agent.com/

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする