転勤が嫌だ!上司から出向や海外赴任を命ぜられたら、あなたは転職しますか?

転勤は絶対に嫌!


突然辞令が発表され、遠い地方や海外に転勤が決まってしまったら、あなたはどうしますか?
近年、若者を中心に、無理な転勤や海外赴任を嫌がる人が増えているそうです。

たしかに、東京本社に勤務が決まったのに、数年後に遠くの地方に転勤になったら、はっきり言ってとても嫌です。(地方在住の人はごめんなさいね)

昔はガマンして会社の命令に黙って従い、単身赴任などの厳しい環境で働く人がほとんどでした。

しかし、最近では転勤を拒否したり、中には転職活動を始める人もいるほどです。

私が昔働いていた会社では、転勤が盛んで、3年に一度は人事異動がありました。そこで、転勤族の実態と、本当に辞めた方が得なのか、真実を暴いていきます。

子供が生まれて家を買ったらすぐ転勤

私がいた会社は、全国に支社があり、転勤がかなり頻繁にありました。私は運よく東京本社に配属になったのですが、100人近くいた同期は高知県や鳥取県、青森県など、全国に散らばっていきました。

さらに、入社後も転勤生活は続き、多い人では20年間の勤務期間のうち、7回以上も転勤している人もいるほどでした。

しかも、最悪なのが転勤するタイミングでした。先輩たちは、結婚した次の年や、子供が生まれた年、家を購入した次の年に必ずどこかの地方に飛ばされていました。

そのため、結婚や出産を控えた先輩たちは皆びくびくしていましたが(というか、辞令交付の2月になるとみんな怯えていました)、

本人にとって最も転勤したくない年にあえて単身赴任させるという、とても非人間的で悪質な人事異動がまかり通っていました。

忠誠心を植え付けるのが目的

なぜ、社員から反発を買うようなタイミングで、わざわざ転勤させるのでしょうか?
この理由は、理不尽な命令にむりやり従わせることで、社員に忠誠心を植え付けさせようとしているからです。

たとえば、豊臣秀吉は、徳川家康を江戸に配置換え(領土を没収し、新しい土地を与えること)することで、彼の忠誠心を試したと言われています。

このように、戦国時代から転勤は部下の忠誠心を図るための材料でした。

さらに、転勤は社員を一般社会から隔離し、会社に都合のいいように洗脳する制度でもあります。

たとえば、私がいた会社は、社宅や借り上げマンションに強制的に社員を住まわせ、休日などもなるべく同期や先輩と過ごさせようとします。

この措置は、会社のいう事なら何でも聞く、ロボット人間に洗脳しようとするのが目的なのでしょうが、家を買った場合、社宅から離れることになってしまいます。

すると、会社のコントロールから離れてしまうため、洗脳が溶けてしまう恐れがあります。
ですから、結婚や出産などの人生の節目を狙って、東北や四国などの僻地に飛ばして、
もう一度洗脳を行おうという訳なのです。

なぜ現地の人材を雇用しないのか

このような物の見方は極端すぎるという意見もありますが、
実際に転勤の目的は忠誠心を植え付けるためであることがほとんどです。
なぜなら、一部の管理職以外、人材を現地で雇用すればそれで済むからです。

たしかに、転勤は実際に地方で働いて、本社勤務では経験できないことを学ぶという面もあります。
しかし、研修目的なら、頻繁に転勤を行う必要はなく、マイホームを購入した直後の社員を
地方に飛ばす意味は全くありません。

やはり、転勤は社員を一般社会から隔離し、会社の都合のいい人間に洗脳し直す制度だと言えるでしょう。

転勤を命じられたら転職すべきなのか?

では、転勤を命じられたら速やかに転職すべきなのでしょうか?
これは、意味のない転職であるか、そうでないかによって回答は変わってきます。

意味のある転勤とは、優秀な人材を一度海外の部署に送るような(いわゆる出世コース
の場合です。

この場合の転勤は、会社があなたの実力を評価して転勤を勧めているのですから、
もしオファーに魅力を感じた場合は従うべきでしょう。

しかし、なんの意味も感じられない転勤や(マイホームを買った翌年の転勤など)
いわゆる左遷出会った場合などは、さっさと転職して見切りをつけるべきでしょう。

ここで会社の思惑通り、僻地への転勤を受け入れたら、あなたはロボット人間になってしまいます。
上司の命令はなんでも従い、給料を下げられても文句の一つも言わず、やりがいのない仕事を
淡々とこなす。家族からも家に給料を送るだけの自動ボットとしか思われない、まさに「社畜」になるかどうかの
分かれ目だと思った方がいいでしょう。

転勤を拒否し、他の会社に転職した私の友人

実際、私の友人は勤めていた会社から、名古屋への転勤を命じられました。
なんと、彼は、この辞令を拒否し、次の年に他の会社に転職してしまいました。

しかも、彼が転勤を拒否した理由は、
「東京のほうが楽しいから」
という、極めて身勝手な理由でした。

ですが、私は彼の行動を支持し、あなたにも見習ってほしいと思います。
元々労働は自由意志で行うべきものであり、どこで働くかも本人が納得した上で決めるべきです。

それに、転勤となると本人の生活が一変してしまいます。
転勤を命じる側は辞令1つで勤務先を決定できますが、そんな簡単なノリで人の人生をもてあそんでいいわけがありません。

ですから、無理な転勤に不満を持っている人は、彼を見習って堂々と拒否すべきですし、
無理が通らないのであれば転職してでも自分の意志を突き通すべきです。

転職しても今なら引く手あまた

それに、転職は今が最大のチャンスです。
現在はかなり好景気で、人手不足で倒産する会社が続出しているほどです。
ですから、無理に今の会社にしがみつく必要はなく、もっといい条件の求人は
山ほどあります。

ですから、あなたがもし今の待遇に少しでも不満を持っているのなら、
即転職活動を行うことをおすすめします。

転職サービスに登録しよう

しかし、転職活動は一人で行うと結構大変です。一言で説明すると、
学生の頃に行った、就活をもう一度やるようなものです。

ですから、自力転職はかなり煩雑な作業が多く、スケジュール管理をするだけでも大変です。

そのため、必ず転職支援サービスを利用しましょう。

サービスに登録すると、豊富な未公開求人に応募できるだけでなく、
面接などの日程管理や、応募書類の提出などを代わりに行ってくれるため、
とても便利です。

さらに、コンサルタントとの面談を通じ、面接対策や筆記試験対策、職務経歴書の添削
などのアドバイスを受けることができます。

このため、転職するのなら、最低でもどこか一つは支援サービスに登録しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大級の転職サービスです。案件が非常に豊富で、その中からあなたにマッチした求人をおすすめしてもらえるので、とても便利です。

ちなみにリクルートエージェントはリクナビネクストとは別のサービスです。

リクナビに登録しただけではサービスを受けられないですし、非公開求人も多数あるので、かならず登録しておきましょう。

毎日のように求人が掲載されており、私の友人の一人も、リクルートエージェントを通じて転勤が一切ない企業に転職しました。

面談などサービスも丁寧

さらに、コンサルタントと面談をすることもでき、職務経歴書の添削や面接のアドバイスなど、様々なサポートを受けることもできます。そして、書類の提出なども全てコンサルタントに任せることができるので、あなたが転職に使う時間も短縮されます。

また、希望年収などの交渉も任せることができるため、一人で転職した場合よりも、同じ職場でもはるかに好待遇で働くことができます。

ですから、あなたもリクルートエージェントを使えば、最小限の労力で転職することができます。

最後に、リクルートエージェントは、リクナビネクストとは別の組織です。ですから、求人案件も非公開のものを中心に数多く存在しますので、まだ登録していない人はお早めにお申し込みください。

↓↓↓下記のURLをクリックして、リクルートエージェントに10秒で申し込む↓↓↓

https://www.r-agent.com/

ハタラクティブ

あなたがまだ20代で、関東圏で転職活動するのなら、「ハタラクティブ」はおすすめです。ハタラクティブでは、中でも、一都三県の求人に特化していて、主に20代の未経験業界への転職をメインとしています。

そのため、あなたがまだ社会人としての経験が浅くても、ハタラクティブなら丁寧なサポートを受けられます。

登録も非常に簡単で、スマホから10秒で出来ますし、無理な勧誘の電話なども一切かかってこないのでおすすめです。

↓↓↓下記のURLをクリックして、10秒でハタラクティブに登録する↓↓↓

https://hataractive.jp/

JAC

また、JAC Recruitmentも同時に登録するとよいでしょう。JACは、大企業や外資系企業の求人が多く、歴史ある就職サイトです。

とくに、就職サポート(無料)に登録している人しか見れない非公開求人も非常に多いです。

ハイレベル求人に応募したい方は是非ご登録ください。

↓↓↓下記のURLをクリックして、JRCに登録する↓↓↓

http://www.jac-recruitment.jp/

転勤なんかクソくらえ!


転勤など、時代遅れの遺物です。
会社は戦国大名ではありませんし、あなたは侍ではないので、上司の命令にも反抗して会社を辞める権利があります。

それに、江戸時代ですらお城を辞めた「浪人」がたくさんいました。
つまり、無理な転勤に嫌々従うのは、江戸時代以下の人権侵害という事になりますね。

あなたが好きで転勤したいのなら、是非従うべきですが、
嫌々会社の命令に従うぐらいなら、今すぐ辞めてしまうのがベストです。

想像してみて下さい。嫌々転勤させられるあなたの姿を、子供のころのあなたが見たら、どう思うでしょうか?子供の頃はもっと自由で素晴らしい人生を夢見ていたはずです。

今時本人の意志に反した転勤を何度もやらせるような企業は終わっています。

是非これをきっかけに、転職サイトなどで転勤がない優良企業を探してみて下さい。
そうすれば、あなたの人生もかなり自由で豊かになるはずです。

↓↓↓下記のURLをクリックして、リクルートエージェントに10秒で申し込む↓↓↓

https://www.r-agent.com/

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする