新卒で入った会社を辞めたいと思った場合、一年未満ですぐ辞めた方がいいのか?

新卒入社の会社を一年以内に辞めてしまったほうがいいのか?

就職活動が終わり、
頭を下げ会社から会社を歩き回り、足を棒にしてやっと取った内定・・・

しかし、新卒で入った会社が合わず、辞めたいと悩む人は多いです。
職場の人間関係が合わなかったり、仕事ができなかったり、悩みは人それぞれですが、

こんな時、感情に任せて本当に辞めてしまってもいいのでしょうか?

結論

結論から言うと、たとえ新卒一年目だろうが、一カ月であろうが、あなたが辞めたいと思った時点で、今すぐにでも辞めたほうがいいでしょう。

理由は今から詳しく話しますが、最大の理由は今がかなり転職しやすい時期だからです。
2017年時点で日本は好景気で職にあふれており、どんなダメ人間でも簡単に転職することができます。

これを逃すと簡単に転職することが難しくなるため、最大のチャンスは今だという事ですね。

悩み別の回答

あなたも、深い悩みがあるからこそ、せっかく新卒で入った会社を一年以内にやめたいと考えているのでしょう。

ですから、まだ20代にも関わらず、5回以上転職を繰り返している私が、私があなたの悩みに一つ一つ丁寧にお答えしましょう。

仕事ができない

おそらく、新入社員の多くは仕事ができないことに悩んだり、不安を感じる人が最も多いのではないでしょうか?

中には、ミスをして怒られてしまい、そのことがトラウマになっている人もいます。

働き出すと、今まで学生だったのとはうって変わって、慣れない社会人生活はかなり気が滅入ります。
私も新卒の頃はコピー1つまともに取ることができずに苦労した覚えがあります。
こんな時、誰しも一度は会社を辞めたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

ですが、石の上にも3年という言葉があるように、社会の厳しさを知るために我慢しなさいという人が多いです。

たしかに、まだ社会人としてのスキルが備わっていない段階で、会社を辞めてしまうのは危険な行為にも思えます。

仕事ができない新人こそすぐやめるべき

しかし、ロクに仕事ができない新人だからこそ、今すぐに会社を辞めるべきだと私は考えます。
基本的なことができない、簡単な業務が理解できないのは、あなたのスキルが足りないからではありません。
環境の急変によって脳が委縮し、あなたのパフォーマンスが急激に衰えているからです。

たとえば、もしあなたがいきなり漁船に乗せられて漁師になれと言われても、腰がすくんで何もできないと思います。
おそらくほとんどの人がゲロを吐きまくって漁どころではないでしょう。

このたとえは極端ですが、人間は、今までの生活に慣れてしまうと、環境が変わった時に大きなショックを受けます。それが小さなものであったとしても、脳はいきなり漁船に乗せられた時のように、萎縮して固まってしまうのです。

仕事ができないのは脳がショックを受けているから

つまり、今までダラダラと学生生活を送っていたものが、スーツを着て毎日会社で働くという事は、かなり脳にショックを与えているのです。

ですから、あまりにも初歩的な仕事が頭に入らないという場合、
環境の変化についていけず、あなたの脳がエラーを起こしている可能性が高いです。

新人が任される業務はとても簡単なことが多いです。
常識的に考えて、コピーを取ったり、エクセルで書類を作ったりするのと、学校の勉強を比較したら、どちらが難しいでしょうか?

圧倒的に学校の勉強のほうが難しいに決まっています。
それなのに、社会に出た途端、仕事につまづいて委縮してしまう若者はかなり多く、貴重な時間を無駄にしてしまっていると言えます。

ハッキリ言って、どこの会社も新卒一年目の社員に、難しい業務をやらせるところなんかありません。それなのにろくに仕事が覚えられないという事は、慣れない環境で脳が異常をきたしている可能性がほとんどです。

環境を変えるしかない

このように、一度脳が委縮してしまった場合、トラウマになっていることが多いです。

このトラウマを克服するのは難しく、プロの精神科医でももとに戻すのは難しいです。
しかし、簡単に解決する方法が1つだけあります。

それは、環境を変えて、トラウマになっているもの(ここでは仕事や職場)から離れるということです。

つまり、会社を辞めて、全く新しい会社でやり直せば、委縮から簡単に立ち直ることができるということです。

ですから、気持ちを切り替え、心機一転して新しい場所でやり直せば、きっと変わることができるはずです。

人間関係・職場環境が合わない場合

会社を辞めたいと感じるのは、仕事の面だけではありません。
人間関係が合わないということも大きな悩みの一つです。

かの心理学者アドラーは人間の悩みは全て人間関係が原因といっていましたが、むしろこちらの方で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

パワハラやセクハラを受けていたり、誰かがそのような目に遭っているのなら、今すぐに辞めた方がいいですが、社風が合わなかったり、日々の人間関係で悩んでしまっている人もいると思います。

嫌な思いをしてもどうすることもできない

ですが、合わない人がいても、新人のあなたにはどうすることもできません。

どれだけ嫌な上司や先輩がいても、少なくとも数年間は耐えるしかありませんし、辞めるのを待つしかありません。

この場合、あなたが取れる選択肢は、人事部に配置換えをお願いするなど、やることが限られています。

ですが、もし人事部などに相談しても取り合ってくれなかった場合は、潔く辞めた方がいいでしょう。こういう融通の利かない会社に辛抱して働き続けても、体質が変わることはありません。ですから、よりよい環境を求めて外へ出た方がずっと有意義です。

職場環境は合わない人はずっと合わない

私も最初に入った会社が昭和のサラリーマン気質をそのまま引きずっていたので、かなり人間関係が嫌でした。

上下関係が厳しく、社内でも派閥などがあり、相互監視の下で仕事をしているまるで江戸時代の農村のような会社でした。

しかも飲み会のマナーなどにやたら厳しく、仕事よりも酒の付き合いが大事だという本当に時代錯誤も甚だしいところだったため、一年で転職しました。

しかし、中には体育会系の学生のように、このような企業のほうが働きやすいと感じる人も中にはいるでしょう。

集団生活が苦手な人や、逆に上下関係が厳しい方がいいと感じる人など、受け止め方は人それぞれです。

このように、あなたの中の価値観は中々変化しないため、自分が合わないと感じたらすぐに辞めてしまったほうがいいでしょう。

上司に取り入っても待遇は上がらない

最後に、あなたがまだ新人の場合、飲み会などで上司のお世話をさせられたり、雑用をさせられることもあると思います。
ハッキリ言って、会社でくだらない行事に参加したり、雑用を進んでするのは完全な時間の無駄です。

なぜなら、これから先の数十年間で、業績が上がっていく企業はほとんどないからです。現代は、東芝やソニーのような大企業でも倒産の危機に置かれているような、何が起きるかわからない時代です。

つまり、あなたが必死に上司におべっかを使って気に入られても、あなたがお酌される立場になるころの待遇は今より確実に低いです。
ですから、飲みにケーションなどといって社内の人と飲みに行ったりするのは完全な時間の無駄なのです。

このため、会社がつまらない、くだらない、辞めたいと感じた場合、少しでも条件が良い求人を見つけたらすぐにでも転職したほうが利口です。

就職は情報戦

いよいよ新卒で入った会社に見切りをつけ、転職することにした場合、
仕事を続けながら行うのは大変です。
応募書類の提出や、面接の対策など、全部一人でやろうとした場合、確実に失敗します。

スポンサーリンク

それに、本当にあなたに合った優良企業を探さないと、次もまた同じことをくり返すことになります。さらに、今は景気が良いので何度でも転職できますが、もし景気が悪化した場合、どこの企業にも応募できないことも考えられます。

私の友人が使っていた支援サービスとは

では、あなたに合った優良企業に就職するためにはどうしたらいいのでしょうか?

私の友人に、新卒で入った会社を3カ月以内で辞め、さらに次の会社も3カ月で辞めたダメ人間がいます。

しかも金持ちのボンボンで、努力するという事を一切知らない真正のダメ人間です。

ですから、就職にあたって特にこれといった努力はほとんどしていません。

ですが、彼は3度目の就職活動に見事成功し、残業ほとんどなしで年収も2年目で400万円近い超優良企業に内定を得ることができました。

彼が利用していたあるサービスとは・・・

しかし、彼はたった一つだけ、他のダメ人間との違いがありました。
それが、就職支援サービスを使用していたことです。

就職支援サービスとは、リクナビやマイナビなどの転職コンサルタントのことです。
ただ、リクナビなどは大手の会社なので、何のスキルもない第二新卒向けの案件はあまり多くはありません。

しかし、中には私の友人のような、経験が少ない若者に向けた就職支援サービスを提供している会社があります。

新卒一年未満の就職を支援するサービスとは?

彼はある会社のサービスを利用することで、2回連続3カ月未満退職という、普通なら絶対に採用されないような職歴でも、見事に優良企業に就職することができたのです。

そのサービスとは・・・

ハタラクティブです。

ハタラクティブでは、一都三県の求人に特化していて、主に20代の未経験業界への転職をメインとしています。

先ほど述べたように、現在は好景気ですから、転職サイトに登録するだけで、どんなダメ人間でもまっとうな仕事に就職するチャンスを得られます。

特に、ハタラクティブでは今まで正社員として働いたことのないニートやフリーターでもちゃんとした会社に就職できるプログラムがあります。

ハタラクティブはコンサルタントとの面談を通して、あなたに合った求人を選んでくれるため、
ミスマッチが起こりづらく、就職が上手くいく可能性が高いです。

大変だった就活がこんなに楽になる

さらに、履歴書の書き方や、面接などのアドバイスも豊富にもらうことが可能ですし、
就活の日程などもきちんと管理してくれます。

もちろん書類の提出などもあなたの代わりに行ってくれるので、実質あなたがすることは

・履歴書や職務経歴書の記載
・面接や説明会に行く

たったこれだけになります。

ですから、ハタラクティブを遣えば、自力で就活するのと比べるとずっと楽になります。

あなたの就活がイージーモードに!

あなたがもし自力で就活する場合、多くの求人の中から優良企業を探す作業はかなり困難ですし、折角内定をもらえても、そこが本当に優良企業であるかどうかは入ってみるまでわかりません。

しかし、ハタラクティブは一都三県の優良企業のみを厳選して扱っているため、過労死やうつ病などのリスクが高いブラック企業に就職するリスクが著しく低くなるのです。

ゲームに例えるなら、自力で就活するのがハードモードなら、ハタラクティブを使えばイージーモードといったところでしょうか。

全サービスが完全無料!

最後に、ハタラクティブは全てのサービスが完全に無料です。これは、就職活動するあなたからお金を徴収するのではなく、
求人を出す企業がお金を払っているからです。

とにかく、少しでも楽をして優良企業に内定を得たいニートやフリーターの方は、是非ハタラクティブにご登録ください。

登録も非常に簡単で、スマホから10秒で出来ますし、無理な勧誘の電話なども一切かかってこないのでおすすめです。

公式サイトはこちら

転職したいのなら、今がチャンス!

現在は空前の好景気なので、たとえ新卒で入った会社をすぐに辞めても、
やる気さえあれば簡単に正社員になることができます。

しかし、この好景気はいつまで続くのかは誰にもわかりません。

リーマンショックのような不景気や、戦争や災害のような不測の事態によって、いきなり就職難になることは十分に考えられます。

このような事態が起きると、高学歴の学生でも就職が困難になるので、スキルのない若者が正社員になるのはとても難しくなります。

ですから、就職活動を始めるのは今しかありません。

合わないと感じたら、今すぐに会社を辞めよう!

せっかく新卒で入った会社なのだから、3年間は辛抱しないとだめだと良く言う人がいます。
ですが、今はそんな時代ではありませんし、ずっと辛抱してもあなたの未来が良くなる保証はどこにもありません。
それどころか、歳を取るごとに仕事の内容は高度化し、人間関係はさらに悪化していきます。

つまり、病気を速めに治すのと同じで、合わない会社に我慢してとどまり続けているとどんどん事態は悪化していくのです。
あなたが抱えている悩みを解決するには、転職して新しい環境で一からやり直すしか方法はありません。
今勇気を出して未知の世界に飛び込んでいくか、これから先何年も嫌な思いをし続けるか、決めるのはあなた自身です。

↓↓↓下記のURLをクリックして、10秒でハタラクティブに登録する↓↓↓

https://hataractive.jp/

作者:青梅コウ

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする