角栓をピンセットでとるのはやめて下さい!悪化や毛穴の広がりを招きます!

鼻の小鼻にある角栓
気になりますよね。

毛穴を広げてしまいますし、黄色く目立つのも本当に嫌です。

ファンデーションが浮いてしまった時にポツポツと目立ってしまったときなんか最悪。

無理に毛穴の角栓を撮ったとしても毛穴が広がったりそのまま穴が空いたようになったりしてしまします。

角栓をピンセットで取れた時に
小さく見えていた角栓がとってみたらとても大きいときの気持ちよさと言ったら。
爽快感があります。

しかし角栓を取ること自体大丈夫なのか?
ピンセットでとってなにか問題がないかどうかとても気になります。

ピンセットで取ってみてスッキリはするものの、
毛穴が開いているままの小鼻を見ると最悪と思って
やらなきゃよかったと後悔してしまうことも・・・

後悔しないためにもピンセットでやることは大丈夫なのか?
小鼻の角栓はどうしていったら良いのかを見ていきましょう。

角栓ができる原因やできやすい人は?

角栓ができる原因として皮脂が大量に出ているために角栓になると思ってしまう人がいますが、
実は違います。

角栓の原因となるのは、実は古い角質が原因になります。
古い角質というのはタンパク質になります。

角質の70%が古い角質や皮になりタンパク質なのです。

その事実はご存知だったでしょうか。

鼻の近くにはニキビもできやすく、
黄色いニキビもできやすいので、
カン違いしやすいのですが、
実はタンパク質によってできたものなのです。

角質は普通だったらないはずなのだが・・・

角質はきれいな肌の状態ならがない状態で
スキンケアやターンオーバーによって綺麗に取り除かれるものなのです。

しかし原因があって古い角質が残った状態になり角質となって残ってしまいます。
さらに化粧品の成分などと混ざりながら汚れも残ってしまうために
小鼻が汚い状態になってしまいます。

角質が残る原因としては?

角質が残る原因は

毛穴の開き
洗顔のしすぎや角質ケアのしすぎ
クレンジングや洗顔の時に肌をこすりすぎるために肌にダメージが生まれる。
しつこくオイルクレンジングやマッサージをする
スクラブの洗顔によって肌が傷ついている。
ターンオーバーの遅れ
油性化粧品を多く使うため

ということをしていき結果的に
角質層に傷がつき、
肌を守るためにどんどん角質が生み出される。

という原因によって、角質ができていきます。

肌が弱くなっていることと
ターンオーバーが乱れていることが原因になります。

間違ったスキンケアをすることで、
ターンオーバーが乱れてしまいます。

スポンサーリンク

それにより未熟な細胞になってきます。

そこから肌が乾燥しやすくなり、
毛穴も開きっぱなしに。

ターンオーバーが早いために角質が剥がれにくくなり、
皮脂と混ざって角栓になります。

角栓をピンセットでとる方法は?

角栓を取るのにピンセットでとるのは爽快ですが、どのようにとればいいのでしょうか。

顔を温めて毛穴を開く。

角栓をとるためにまずは毛穴を開くことが大事です。

レンジで2分ほどタオルをチンして蒸しタオルに。
自分にあったあつさにして顔にあてて毛穴を広げます。

やけどしないように気をつけます。

角栓をとる専用のピンセットで角栓を抜いていく。
角栓を取る時は角栓をとる専用のピンセットを使います。

通常のタイプのピンセットを使うと肌を傷つけてしまったり、
そこから雑菌が入ってしまう可能性があります。
そこからニキビになる可能性も。

専用のピンセットを使用します。

使用した後もピンセットは洗って清潔にたもちましょう。

毛穴で角栓をとれば角栓がスッキリ取れて綺麗に。とはいきません。

角栓をとったところで、
毛穴は広がったままで、
さらには最悪の場合雑菌が入りニキビができてしまいます。

そして一度開いてしまった毛穴はなかなか戻らず、
肌も実は傷ついてしまいます。

さらには皮ふを引っ張って傷をつけてしまうこともあります。

最悪の場合皮下組織が破壊されてしまったり、
色素沈着の原因になってしまいます。
それがひどくなるとさらにはシミやくすみやシミの原因に。

そうなってしまっては綺麗にしようとおもってやっていたことが、
さらにひどい結果をうんでしまいます。

そうならないための解決法は?

ピンセットで角栓をぬくことは爽快ではあるものの、
多大なダメージを毛穴に与える可能性があります。

そうなってしまっては大問題です。
角栓を綺麗にするにはどのように対応していけばいいのでしょうか。

洗顔

蒸しタオルで毛穴を開いた状態から泡立てネットでよく泡立てた状態で
泡で優しく洗い上げます。

毛穴をきれいな状態にしてあげます。

スキンケア

スキンケアもとても大事で、
化粧水をたっぷり塗り、
肌をこすらないように染み込ませませます。

肌をこすらないようにして、
手で覆って保湿して浸透させてあげます。

角栓をつくらない肌にする。

角栓がない肌にするためには
角栓はターンオーバー同時に自然と排出されていくので、
むりにとらなくても、肌が綺麗であれば角栓はなくなります。

そのためのスキンケアをしっかりしていきましょう。

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする