毛穴パック良くないの?正しい使わないと多くのデメリットが・・・

毛穴パックは鼻によくないのか?


毛穴パックをすると毛穴がごっそり取れることによって、
気持ちよさがあって爽快ですよね。

あの気持ちよさと言ったらとてもたまりません。

鼻のあたりがスッキリした感じがありますし、
とれたあとのびっしりと並んだ角栓をみるのが気持ちいい!

毛穴自体はとても綺麗になるために、
そのあとのケアさえすれば大丈夫なような気がしてしまいますが、
実際のところはどうなのでしょうか?

毛穴パックをしてすっきりはするけれども、
鼻に毛穴がぱっくりあいてしまって閉じなくなることもあります。

鼻の肌もガサガサして潤いがなくなってしまうことも。

毛穴パックをすること自体は良いのでしょうか。よくないのでしょうか。

間違った使い方をしてしまうことによって、
肌をどんどん悪化させることにつながってしまいます。

肌をよくするためにやっていたことが、
どんどんひどい方向に進んでしまったら嫌ですよね?
そうならないためにもちゃんとした知識をつけておきましょう。

毛穴のパックをすることはいいのか?悪いのか?

毛穴パック自体はいいのですが、
使っても良い状態と悪い状態があります。

毛穴パックを使った時の爽快感は本当に気持ちがいいものです。
毛穴パックにびっちりとついた毛穴の角栓を見ると爽快感があり、
スッキリした気持ちになります。

しかしその半面空いた穴が塞がらないという大惨事になることも。

使っていい場合と使わないほうがいい場合があり、
使う頻度をしっかりと守ることが大事です。

月2回以上使うのはやめることが大事です。

肌のターンオーバーがあり、
ターンオーバーは年齢や場所によってかわりますが、
1ヶ月から2ヶ月ほどでかわります。

毛穴のパックもそのサイクルに合わせることが大事で、
正しい期間や使い方をすることがとても大事です。

無理に使いすぎてしまうと、角質層を剥がしてしまい、
潤いが奪われてしまいターンオーバーが崩れてしまいます。

それ以上使ってしまうと角質をとりすぎてしまい、
乾燥を招いてしまいますし、
角栓をとってしまい、そのままになり、
その毛穴がそのままになってしまい広がったままになってしまいます。

洗顔後に使ってしまうのは良くなく、
肌をホットタオルで、
柔らかくした状態で肌に毛穴パックを使用するといいでしょう。

そうすることで、
肌に負担もなく角栓がとれた毛穴もとじやすくなります。

毛穴をひらいてあげることだとても大事で、
毛穴を広げた状態にして、角栓を取り出します。

スポンサーリンク

毛穴が広がっていない状態でとりだしてしまうと
毛穴を広げてしまい、毛穴が炎症をおこしてしまいます。

毛穴のパックをしたあとのアフターケアも大事です。

毛穴パックをしたあとのアフターケアをすることがとても大事です。

剥がすタイプと洗ってとるタイプでは肌への負担が違い、
剥がすタイプは肌への負担がとても大きいです。

剥がすタイプで肌の角質までとってしまうので肌へのダメージがとても大きくなってしまいます。

肌への負担を軽減するためのアフターケアが重要で

ローションパックで肌になじませる
コットンに化粧水をつけて鼻に載せて5分パッティング

保湿美容液で肌に潤いを
保湿の美容液をつかい乾燥から守ります。

乳液かクリームをつかい肌に美容成分を閉じ込める。
乳液化クリームで肌に蓋をしてあげます。

毛穴のパックのタイプも重要

毛穴パックも種類があり、
剥がし取るタイプと洗い流すタイプの2種類があります。

剥がし取るタイプの場合は角栓がびっしりとれるものの、
角質層までとってしまい、肌があれることもありました。

そうなってしまってはなんのためのケアという状態になってしまいます。

洗い流すタイプはクレイタイプになり、
大地の粘土層を使ったもので、
洗浄力が非常に強いので、
水分や油分も一緒にながしてしまいます。

パックしたあともクレイパックがのこらないようにしっかりとすすぐことが大事です。

皮脂の過剰分泌で毛穴がひろがる。
皮脂も重要な役目があり、
油分を補っている約wリがあります。

必要な皮脂も無理やり撮ってしまうと、
肌の潤いをタア持つために皮脂が過剰に分泌されます。

そのためにテカリやニキビ、毛穴を広げる原因になってしまいます。

そして鼻パックを高い頻度でやっていくと、
毛穴がどんどん広がっていき毛穴や黒ずみが目立つ鼻になってしまいます。

こうなってしまっては大問題です。

毛穴パックをするにもしっかりとしたアフターケアや
角質層を傷つけないやり方が大事になります。

アフターケアをしっかりせずに毛穴を放置しておくと
汚れや古い角質や雑菌がはいってしまい、
そこから悪化する可能性があります。
炎症や化膿などしてしまうことがあるので、
しっかりとアフターケアをしてあげましょう。

最後に

毛穴パックをすること自体は問題ではありませんが、
やる頻度ややりかたやアフターケアを間違ってしまうと
黒ずみや化膿の原因になってしまいます。

そうならないためにもしっかりと知識をもって毛穴パックをしてきましょう。

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする