西野が宮迫や斉藤由貴の不倫に叩きすぎとツッコみ!正論かまた炎上か!?

西野さんがネットニュースでまた話題に。

最近なにか事あるごとにネットニュースに。
ブログでなにかくと注目され、そこからネットニュースになっていることが多い。

西野さんがまたふざけたことやおかしなこと言い始めたのかと思ってしまう。
最近発言や言動が変わってきて大丈夫かなと思うことが多い。

そのためにめちゃくちゃ高感度が悪い芸人として有名になってしまった。

最近も番組のディレクターからの質問が腹ただしいことが多くて、
収録中に帰ってしまうことも。

最近は芸能活動が少なくなっていたと思ったら、
絵本を書いて売り、そう思ったら次は無料で公開したりといろいろと
常識では考えられないことを連発している。

そして毎回事あるごとに炎上させている。

毎回なにかやるごとに炎上しているから、
どれだけこの人は嫌われているんだ。

そう思っていた。

しかし、最近はそうではないことを思わされた。

このひとの話を聞いてみると、
ただ理不尽なことや嫌なことは避けているだけであり、
本当に楽しいことや自由なことに対してとても真っ直ぐである。

それが故にまさか叩かれることや炎上してしまうことも。

人は誰しも働いて拘束されて、自由なことも言えずにストレスがたまっている。

そんな状態の中で、西野さんの自由すぎるやりかたや言動に
対して腹がたってしまうのだろう。

そして挑戦的な物言いにたいしても腹がたってしまうのだろう。
しかしそれは人を見ているし、
攻撃されたら攻撃しかえすというだけであって、
誰しもむやみやたらに傷つけているわけではない。

基本的に自由なだけであって、
それが自分の道を阻害する人に対しては強気なだけである。

そして今回も炎上してしまった。

今回も炎上してしまいネットニュースに取り上げられてしまった。

今回の件は
宮迫さんの不倫の件に関してだ。

宮迫さんの不倫に対して、
世間一般はゲスだとたたきまくり、
なんの関係もない人ですらも正義だということで、
怒りを露わにして人を引きずり降ろそうとしている。

不倫したことに対しては世間一般や人の目的には悪いことかもしれない。

しかし世の中感情移入しすぎて自分の琴かのように声を荒げてしまう。

そして不倫した人に対して集中攻撃をしていく。

それに対してそんな怒りを露わにしていることは糞ブスだといい

難の被害があったかわからないが不倫否定しておくとてめえが正義に慣れるから
不倫反対謝罪しろとオンパレードになる。

こんな魔女狩りが過去にあっただろうかということを言っている。

スポンサーリンク

そして世の中の声だけではなく、
これは芸能人のコメンテーターや同じ芸人仲間に対しても発言している。

中田敦彦さんも不倫に対してはしては絶対にいけないということで、
相当たたきまくっている。

同業者だろうが芸人だろうが関係なしに叩きおろしている。

不倫は悪いことではある、
けど、実際はその当人同士の話であり、
これが全国的にニュースで叩くことなのかと思ってしまう。

宮迫さんは奥さんや不倫相手に対して悪いことをしてしまったかもしれない。
しかし世の中に対して悪いことをしてしまったわけではない。
モラル的には悪いかもしれないが、なにか悪いことをしたわけではないのに、
叩きおろしたりするのはなかなか問題だと思うし、
西野さんがいっていることは正しいなと思ってします。

斉藤由貴さんに対しても

斉藤由貴さんにたいしても発言していてい、
人の不倫に行かれる人の頭の中ってどうなってんの。
と発言されていて、
自分でそんな事を言うこと事態リスクだし、
人の挑戦を否定するときだけ否定してといっている。

自分が不可能だと思ったことや諦めたことを可能にされると、
不可能と判断した自分が間違っていたとなるために、
その間違いにしないために、その可能性を潰すために自己防衛が働いて、
人を否定することに時間をさいてしまうと考えていて、
西野さんの論理的に思考して、物事を片付けるあたりがとてもスマートな考え方でいい。

人の否定をしたり考えたりしていると、その人のことに意識がいってしまい、
自分の考えやしたいことはどこかにいってしまう。

そんな否定をするぐらいなら、自分のことに時間をさけばという考え方はごもっともだ。

世の中の声は?

その人達の問題であり、
こじつけでいろいろもってきますけど、本人たちの問題なんですよね。

面白がってみたり腹たってみたりといろいろ忙しいですよね。

これがどう発展して結論へいくのか。
いろいろまた忙しくなりそうです。

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする