神宮外苑花火大会2017の穴場はココだ!日程やアクセスも調査!


いま一番読まれている記事

夫にメス豚扱いされた私が、ひたすらトウガラシを食べ続けた結果・・・






お盆の時期になり花火をやっているところも少なくなってきますね。
花火をまだ見ていなかったり見そびれていたら、
そんな時に花火をやっているところを色々探してみると、
まだ花火をやっているところを発見。

それが神宮外苑花火大会
打ち上げ花火だけではなくお笑い芸人のトークやアーティストの歌声が聞けるのです!

今までにはない花火大会を見れるのはとてもおもしろいですよね。

そんな時に出店の美味しいものを食べながらキンキンに冷えた飲み物や
ビールを飲みながら楽しむ花火大会は最高じゃありませんか。

神宮外苑花火大会2017の開催日時や会場は?
神宮外苑花火大会は100万人ほどの花火見物客が訪れる花火の大イベントです。

隅田川花火と東京湾代華火祭と並ぶ三大花火大会の一つです。

そして今年は東京湾の花火大会がなくなってしまったために、
とても希少な大規模花火大会の一つです。

開催日:2017年8月20日
開催時間:19:30~20:30
開催場所:明治神宮外苑になり、
神宮球場
神宮軟式球場
秩父宮ラグビー場
東京体育館敷地内

が場所になります。

神宮球場では
大黒摩季
miwa
the brilliant green
などのアーティストがでられ、
神宮軟式球場では
ゴールデンボンバー
ランページ
岡崎体育館

などがでられる大イベントになります。

打上数は10000発で、
昨年の来場者は約100万人

神宮外苑花火大会を見るための穴場スポットは

花火を近くで見るのはいいものですが、
東京で花火を見る規模になってしまい、100万人も来場している花火大会になってしまうと、
さすがに混雑が大変で、帰りももみくちゃになりながら帰らないといけなくなってしまいます。

そうならないためにもおすすめのスポットで狙いを定めて見ておきたいところです。

明治公園

花火の打ち上げ会上に近い場所で
花火の臨場感を感じられます。
場所によっては花火を前上に見れる場所もあります。

イチョウ並木・青山2章目交差点外苑前駅・青山一丁目駅

混雑はするものの無料で花火を近くで見れる場所になります。

明治記念館のビアガーデン

花火がバッチリ見える上に
ビアガーデンでビール片手に楽しめる最高の場所です。

花火とビールは本当に格別ですからね。

正徳記念絵画館

無料で見れる場所でおすすめスポットになります。
イチョウ並木・とならんでおすすめの場所。

伊藤忠商事本社ビル周辺

秩父宮ラグビー場のすぐ隣のため花火がよく見えます。

スポンサーリンク

ビルとビルの隙間から見える場所になり、
東京メトロ青山一丁目駅から徒歩数分の場所なので、
アクセスもとても便利な場所です。

日本青年会館周辺

明治公園に挟まれた場所にあり、
花火会場からもとても近い無料スポットになります。

四谷公民館ホール

地下鉄丸ノ内線の新宿御苑前駅から徒歩5分の場所にあります。

恵比寿ガーデンプレイス
恵比寿ガーデンプレイスからも見ることができます。

距離はありますが、ゆったりと楽しむにはいいのではないでしょうか、
また38階39階の展望レストランで食事をしながら見るのもいいでしょう。

東京タワー

東京タワーから花火を楽しむのも風情ではないでyそうか。
見上げる花火もいいですが、
見下ろす花火もまたいつもとは違う楽しみが。

六本木ヒルズ展望台

六本木ヒルズから見ることができ、
距離がありますが、展望台から楽しむことができます。

東京の夜景に咲く花火はとても綺麗でしょう。

しかし有料チケットが必要なので、購入することが必要です。

新宿nsビル

無料展望台のある高層ビルで、
打ち上げ会場にとても近い場所にあります。

ただし、人気のある場所になるので、少し混み合うことが予測されます。

29階にはレストランがあるので、花火を楽しみながら食事を楽しむのも素敵ですね。

アクセス方法は?

電車で行く場合は、

都営大江戸線国立競技場駅から徒歩で約3分

JR信濃町駅・JR千駄ヶ谷駅から徒歩で約6分

東京メトロ外苑前駅・青山一丁目駅から徒歩で約7分

になります。

車でいきたい場合は、混み合ってしまうので交通規制がかかったり、
駐車場によっては入出庫ができなくなる可能性があり、
花火大会側のアナウンスでも来るまでの来場は遠慮してほしいということなので、
注意が必要です。

最後に

昨年も100万人来場した花火大会で10000万発も打ち上げるので、
これだけ大規模な花火大会のために
間違いなく混雑必須な花火大会になってしまいます。

できるだけ混まない場所でゆったり見れる場所を確保することが必須です。

それは自分がどれぐらいの場所でみたいのかもいろいろ考えた上で、
場所を探してみましょう。

いい花火スポットが見つかるかもしれません。

また帰りの混雑も計算して帰りたいところです。

花火大会は帰りの混雑もなかなか大変なものなので、
完全に終わりきってから帰るとなると、
大混雑になってしまい、身動きがとれなくなってしまいます。

そうならないためにも終わり切る前に時間を考慮して
混雑なく帰れるようにしたいですね。

作者 jin


こんな記事も読まれています

夫にメス豚扱いされた私が、ひたすらトウガラシを食べ続けた結果・・・






スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする