オオクワガタ以外友達がいない僕が、女子大生の彼女を作ろうとした結果…

あの出来事が起こる前の僕

僕は飼っているオオクワガタ以外、友達がほとんどいません。
当然彼女もおらず、みんなが女の子と海やプールへ出かけているときも、
一人で部屋にこもってオオクワガタをいじってしました。

大学を出て就職すると、女性との接点が一切なくなり、会話する機会すらなくなってしまいました。

彼女が欲しいけど、どうすることもできない…

僕は自宅で川西産のオオクワガタをペアリングさせながら、

「クワガタには交尾させているのに、俺はまだ一回もしたことないのか…」

とかわけのわからないことを考える、とても悶々とした日々が続きました。

ある日、クワガタのオフ会で…

ある日、ネットで行われていた、クワガタのオフ会がありました。
オフ会に来る人は僕のような若者は珍しく、中年のおじさんがほとんどです。

友達がいない僕も、クワガタの話をする時はいきいきとした笑顔になります。

みんなで居酒屋に入ると、普段できないマニアックな話を楽しんでいました。

僕の目の前に、原子さんというおじさんが座っていました。
原子さんはオフ会の常連で、いつもは明るいのですが、その日は黙々とスマホをいじっています。

何をしているのか聞くと、ちょっとためらってから、原子さんはスマホをこっそりと見せてくれました。

スマホに映し出された、あり得ない光景

なんと、原子さんは出会いアプリを使っていたのです。

原子さんは、このアプリでもう何十人もの女の子と出会っているとのこと。

「女の子と出会うのは、カブトムシを捕まえるよりずっと簡単だよ」

原子さんの言葉に僕は絶句しました。女の子なんか、野生のオオクワガタよりもずっと珍しい存在だと思っていたのに…

しかも原子さんは43歳のおじさんです。ずっとオオクワブリードに一生懸命で、未だ独身の普通のサラリーマンです。特に金持ちだったり、イケメンだったりという訳ではありません。

なぜこのおじさんが女の子と出会いまくって、僕のような若者が一人ぼっちなのか…
僕は自分の情けなさに、怒りすら覚えました。

今の女性は、出会い系に抵抗がない?

原子さんに教えてもらったのですが、今の女の子は、出会いアプリに全く抵抗がない人が多いそうです。

現に、とあるマスコミが、全国の20代女性にアンケート調査を行った結果、なんと、全体の68%もの女性が、SNSや出会いアプリで知り合った男性と交際した経験があることが判明しています。

つまり、出会い系が胡散臭いとされていたのは、ガラケー時代の過去の話で、スマホアプリになってからはみんなが気軽に使っているというわけなのです。

原子さんが使っている出会いアプリとは?

原子さんが使っているのは、pairsというマッチングアプリです。

pairsは、女性の登録者数が240万人もいるため、非常に出会う確率が高いアプリです。
さらに、フェイスブック認証が必須であるため、騙しやサクラが全くいないのも安心です。

pairsの仕組みは簡単で、女の子を探して、その子のプロフィールに「いいね!」を送り、
相手からも「いいね!」がもらえたら見事にマッチングが成立するというものです。

しかも、pairsは女の子のプロフィールに「いいね!」するだけなら無料なので、
上手くいけば一円も払うことなく彼女をゲットすることもできます。

ちなみに、原子さんはこのpairsで、もう数え切れない程の女の子と出会っているそうです。

なぜペアーズは簡単に出会えるのか?

なぜペアーズは簡単に女の子と出会えるのかというと、

「ペアーズには、出会いに飢えている女の子しかいないから」

だそうです。そもそも、出会い系に登録しているということは、彼氏が欲しくてたまらないということです。そんな飢えた状態の女の子を落とすのは、カブトムシを捕まえるより簡単なのだそうです。

女の子側も出会いたい欲求が強いからこそ、原子さんのような普通のおじさんでも出会えるというわけですね。

↓↓↓ペアーズに登録して、今すぐ女の子を探す↓↓↓

https://www.pairs.lv/

僕もペアーズを始めてみた…

僕は原子さんに言われるがまま、pairsを始めてみることにしました。

pairsはフェイスブックのアカウントと連動していて、フェイスブックに登録していないと始めることができません。

僕はフェイスブックのアカウントを持っていなかったのですが、ヤフーアドレスから簡単に作ることができました。
(ちなみに友達0人だと登録出来ないみたいですが、登録した途端に外人からいっぱい友達申請が来たのですぐに集まりました。)

スポンサーリンク

pairsの登録はとても簡単で、年齢認証とプロフィールさえ打ち込めば、すぐに始めることができました。

しかも、pairsはフェイスブックのアカウントと連動しているのですが、第三者からは僕たちがpairsを使っていることはばれないので安心です。

↓↓↓ペアーズに登録して、今すぐ女の子を探す↓↓↓

https://www.pairs.lv/

女の子を探すと…

アカウントも作り終わり、ペアーズにログインすると、ずらりと女の子のプロフィールが並んでいます。

しかも10代後半から20代の若い女の子ばかり…

まるで樹液に群がるカナブンのようですね。

早速、この中で行けそうだと思った女の子に、いいね!してみることにしました。

原子さん曰く、年下でプロフィールがそっけない女の子に送ると返事が返ってきやすいと
教えてもらったので、アドバイス通りに、近所の大学に通う女子大生を選びました。

すぐにマッチング!

数時間後、相手の方も僕のプロフィールにいいね!を押してくれたようで、マッチングが成立。

あまりにも簡単だったので、正直拍子抜けしてしまいました。

次に、この子にLINEを教えてもらい、電話で直接デートの約束を取り付けました。
原子さん曰く、ダラダラとメッセージで会話するのが一番いけないそうです。

だから、なるべくすぐに電話でデートの約束を取り付けた方が、成功率が大幅にアップするとのことでした。

決戦は金曜日

マッチングが成立した週の金曜日に、その子とデートすることになりました。

ちなみに、僕は服とかも適当にスーパーで買っており、おしゃれに自信が無かったので、スーツで行くことにしました。

原子さん曰く、服がダサい人は、仕事終わりだからとか、就活中だからとか、適当な理由をつけて、スーツで行けばいいと言われたのでその通りにしました。

初告白の結果は・・・?

僕もその子もカラオケが好きだったので、カラオケに行きました。

原子さん曰く、カラオケか居酒屋に行って、お酒を入れて盛り上げれば、大体の女はイケるとのことでした。

オオクワガタのメスに、カワラ材を使った時のような感じ(?)になるそうです笑

僕は原子さんのアドバイス通りに、RADWINPSとか、女の子受けしそうな曲を歌いながら、一生懸命話を盛り上げました。

時間が経つと、最初ははしゃいでいたのに、次第にしんみりしたムードになってきました。すると、相手の女の子も、昔の彼氏の話とか、自分の過去を打ち明けるようになりました。

原子さん曰く、女が恋愛の話をし出しら、ほぼ確実にイケると言っていました。

一回越冬させたオオクワガタ並みに、相手の気持ちが成熟している(?)そうです。

恋愛なんかしたことありませんでしたが、適当に話を合わせて、タイミングを見計らって告白しました。

すると、すんなりOKを貰ったので、ここでも拍子抜けしてしまいました。
年上+カラオケ+酒の力で何とかなるもんだなあ、としみじみ感じました。

pairsならどんなさえない男でも彼女ができる!

pairsなら、僕のようにどんなにみっともない男でも、カブトムシを捕まえるより簡単に、かわいい彼女を作ることができます。

もちろん、原子さんのような30代や40代でも、若い女の子と出会うこともできます。

しかも相手のプロフィールに「いいね!」するだけなら無料なので、

・顔
・年齢
・会話力
・ファッションセンス
・お金

など、何もない状態でも出会えるのが一番の魅力です。

僕の週末の予定は、いきつけのクワガタショップに行くだけでしたが、今では彼女とのデートで、ずっと先まで埋まっています。

もちろん今でもクワガタは大事に育てていますが、やっぱり女の子と遊ぶのはとても楽しいです。

この間も久しぶりにディズニーランドに行きましたが、男だけで遊ぶよりも、彼女と遊んだ方がずっといいですね。

毎日ひとりぼっちで寂しい思いをしているのなら、是非pairsをお試しください。

今こうしている間にも、pairsではマッチングが成立し、数々の出会いが生まれています。その中には、あなたと出会うはずだった女の子もいるかもしれません。

知らない誰かに先を越される前に、早めに始めてみてくださいね!

↓↓↓ペアーズに登録して、今すぐ女の子を探す↓↓↓

https://www.pairs.lv/

作者:竹内まさたか

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする