iphoneの写真が突然全部消える!?ストレージ容量不足の解消や対策は?

最近iphoneの容量が多くなってしまい、
容量が埋まってきたことによっていろいろと不具合が起こっていました。

ストレージ容量が足りません

という文言はよく出ていてよく見かけていたのですが、
足りなくてもなんとかなっているし、
問題なく使えていたので気にしていませんでした。

しかしいろいろと不具合が出てき始め
なにかまずいなとは感じていました。

サファリやクロームのタブが勝手に消える


まずはじめに、
サファリやグーグルクロームのタグが
開いていたものが消えていくという現象が起きました。

一度見たタブをそのまま開いていたりあとでまた見ようと思い
そのまま開いている癖があるのですが、何十個と開いていたタグが一気に消えてしまいました。

後から読もうと思っていたり、
サファリのお気に入りに入れるにもわかりづらいし、
手間だと思っていたものが一気に消えてしまいました。

そのあたりからストレージの容量が足りないということを
iphoneから出るようになってきました。

そのあたりまでは気にしていませんでしたが、
その後もつづいていきます。

ラインのメッセージが消える

その後も不具合は続き、
ラインをしていると、メッセージをしていた内容が突然
消えていました。

さっきしていたラインのメッセージ内容が突然消えたために何事かと思い
驚き、記憶が飛んだか?夢か?

と思いもしましたが、まさかそんなはずはないので、
なにが起こったのかと疑問に思っていました。

しかしあまりにも突然消えたので謎でしたが、
ストレージ容量が不足したために起こったことでしょう。

ストレージ容量がラインにも影響してしまうなんて思いもしませんでした。
このあたりまではそれほど気にしない現象でした。
消えたら消えたでまぁ問題はないと思っていました。

しかしこの最後に起こった現象にはさすがに、
テンパってパニクってグーグルで解決策を探しまくるほどでした。

その現象には本当に驚いてしまいました。

ストレージ容量不足で最終的には写真が全部消えた。

これには本当に驚いてパニック状態と汗をかきかけました。

写真が全部消えるという驚きの事件!

9800枚が消えて画面には0枚の文字が・・・

最初に見た時はたまたまこう表示されているだけで、
たまたまバグが起こっただけだろう。

再起動したら問題なく写真もでてくるだろうと再起動を。

再起動してみると、背景画面がピンク色になり、
いよいよヤバイ感じに。

さら、写真を見てみると
やはり0枚

この時点で流石にデータが消えてるという事実を受け入れたところでした。

そこから調べてみて問題が見えてきたわけです。

写真が消えた原因はなんだったのか?

写真が消えた問題はなんだったのでしょうか?

写真が消えたのは、iphoneの不具合や2年ほど使っているために
なにかおかしくなったのかと思っていました。

しかしこれまでのストレージ容量が不足しているという
文言をiphoneから伝えられていたので、
原因はほぼそれのようで、調べてみても、
容量が多くなってきて、ストレージ容量不足とiphoneに言われ、
そこから写真が消えるなどが起こる。

という人が多く見受けられました。

スポンサーリンク

そしてストレージ容量不足と言われるのは
ただ単に容量不足になっている状態で、
そこで容量を足すためになぜか、iphone上では消しやすいものから
消していくという作業をしていくようです。

そしてそこで目をつけられるのが、
写真や動画というわけです。

それが一気に消されて容量を確保するというiphoneの仕様のようですが、
突然消されてしまった側からしたらたまったもんじゃありません。

今まで何年も写真にとりとめてきた記録が一気に消されるのですから。
なんてことをしてくれるんだ!

と思ってしまうわけです。

さすがに焦ったので私はいろいろと対処をしていき、
進めていくと、なんとか写真は戻ってきました!

9800枚すべて戻ってきたはずです。

しかし、アルバムの中の日にちがぐちゃぐちゃになって
保存されてしまったりといろいろ前と違うことはあります。

しかし戻ってきただけでも助かったというのと、
バックアップはちゃんとしようという気持ちでいっぱいです。

どうやって写真やビデオを復元できたのか?

写真や動画をどうやって復元できたかというと、
余計なデータを消してストレージ容量を確保してあげました。

1GBの容量を開けて写真を見てみると
復元をし始めました。

iphone上では一時的に容量を軽くした状態で、
データを保存していた状態になっていたようです。

私の場合はデータはしっかりっと戻ってきましたが、
人によってはデータが戻ってこないという状態もあるようです。

その場合は、パソコンのデータ復元ソフトを使い復元をするのがいいようです。
それにより復元することが可能です。

場合によっては復元できなかったという人も見かけるので、
バックアップをしっかりとって置くことが大事です。

iphoneもいつデータが飛ぶかもわかりませんし、
いつ壊してしまってデータが戻らなくなるかもわかりません。

特にiphoneはパソコンと違っていつでも持ち運べて
壊すリスクがとても高いです。

私の場合は内部からデータが消えるということが起きてしまいましたが、
いつなにが起きてデータが消えたり、
iphoneが戻ってこなかったりするかもわかりません。

私の友達でも買ったばかりのiphoneをなくしてしまい、
iphoneを探すでも探せなかった人も居ます。

こんな時のためにも大事なデータはバックアップをとっておくことをおすすめします。

そうすればデータが消えることはショックでもバックアップをとっておいたことで、
写真や動画や連絡先が大丈夫という安心感があります。

私は以前にもアップデートの不具合で何千枚と写真が消えたことがあるので、
バックアップするという大事さは身にしみてます。

それでも忘れるとバックアップしないでいてしまうので、
定期的に大事なデータは保存しておくことを心がけていきましょう。

バックアップを取ることはとても重要なので、きちんとバックアップをとりましょう。

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする