穴場もたくさん!横浜の桜の名スポット10選を紹介!

どこかにお花見にでも行くか!お花見スポットを探しのあなた、今年のお花見は横浜に行ってみませんか?横浜には数多くの観光施設があります。とくにみなとみらい周辺は景色もよく、

絶好のデートスポットとして有名ですね。もちろん湾岸エリアにも、桜がきれいな公園、並木道、川沿いの桜並木など、お花見スポットも無数にあります!ですからこの記事では、横浜に3年半ほど住んでいた私が選んだ、よりすぐりのお花見スポットを紹介しています。港が見える丘公園などの、鉄板の超有名スポットをはじめ、保土ヶ谷公園などの穴場まで様々な名所を掲載しています。

さらにあなたが実際に足を運ぼうとしたとき、道に迷うことがないよう、最寄駅だけでなく、グーグルマップも掲載しているので、この記事を見ながら各地を回ることができます。これでいちいち検索する必要もありませんね!

横浜市のおすすめお花見スポット10選

横浜市はとても広く、人口も多いです。なんと300万人が1つの市に住んでいる日本最大の都市です。ですから桜がきれいな公園なんかは無数にあります。ですから

  • 定番のおすすめお花見スポット(みなとみらい~元町中華街辺りを中心)
  • 隠れた穴場スポット(横浜駅から少し距離があるところ)

の2つに分けて紹介していきましょう。

横浜市の定番のお花見スポット

みなとみらい~元町中華街あたりの観光地に近い花見スポットを中心に紹介します。このあたりは花見スポット同士が近いので、一日で全部回ることも可能です。

元町公園の桜

転載元:http://rains-photogallery.blog.so-net.ne.jp/2009-04-28

元町公園には約80本の桜があります。外人墓地のとなりで、元町公園の敷地内にもエリスマン邸などの史跡があります。
エリスマン邸は大正時代に建てられた建築物で、桜に囲まれるととてもきれいです。もちろん建物の中にも入ることが出来、そこから眺める桜並木は壮観です。

元町公園へのアクセス

みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩10分です。
JR石川町駅から徒歩10分。

港の見える丘公園

転載元:http://rains-photogallery.blog.so-net.ne.jp/2009-04-28

その名前の通り、横浜港が一望できるとても有名な公園です。桜の本数は少ないですが、バラ園の中心にシンボルとして咲き誇るソメイヨシノはとてもきれいで印象的です。

そして、丘から市内を一望できるので、市内に咲き乱れる桜の花を見渡すことができます。

港の見える丘公園へのアクセス
  • JR石川駅から徒歩20分
  • みなとみらい線元町・中華街駅の6番出口から徒歩5分
山下公園

山下公園は、1930年(昭和5年)に作られた公園です。大きな船が止まっている海のそばの公園といえば多くの人が理解できると思います。(あの船の名前は「氷川丸」といい、 船内は立ち入ることができ、見学が可能です)ちなみに私が中学校の修学旅行で行ったとき、あの船の前で集合写真を撮りました。グラサンをかけて撮ろうとしたので先生に没収された思い出があります笑

山下公園は数多くの映画やドラマに登場し、港の見える丘公園と同じく横浜を代表する公園です。海に面した公園で、釣りをしている人も多いです。(本当は禁止されています)夜になるとライトアップされてとてもきれいです。横浜ランドマークタワーなどの夜景が綺麗で、お花見のシーズン以外でも観光客やカップルが多く訪れます。

山下公園に桜ってあるの?

転載元:welcome.city.yokohama.jp

山下公園は港の隣で、あまり木が生えていません。ですから桜の木も入口に数本あるだけです。この桜はソメイヨシノではなく、山に生えている枝垂桜です。数は少ないとはいえ、桜の木の下から眺める氷川丸と横浜港は風情を感じさせ、公園のお花見とは違った趣を楽しむことができます。氷川丸や横浜マリンタワーをバックにかっこいい桜の写真が撮影できるので、フェイスブックやツイッターにアップすればたくさんいいね!してもらえますよ?

山下公園へのアクセス

最寄り駅は、みなとみらい線 元町・中華街駅 で徒歩3分のところにあります。

  • みなとみらい線 日本大通り駅 からは徒歩5分
  • JR 石川町駅 から徒歩12分

山下公園はとてもアクセスしやすいところにあり、花見目当ての観光客も少ないので、混雑や場所取りが嫌いな私のような人間には強くお勧めします。

野毛山公園・野毛山動物園

転載元:welcome.city.yokohama.jp

野毛山公園は、横浜市街の近くにある小高い丘にある公園です。この公園には動物園があり、
合計で300本近い桜の木があります。

野毛山動物園は、小さな動物園で入場料も無料ですが、ライオンや虎、チンパンジー、キリン、ペンギンやレッサーパンダなど、子供に人気がある動物はひと通りそろっています。さらに昔はシロクマもいたそうです。爬虫類専用のコーナーもあり、ワニや陸ガメなどマニアックな生き物も多いです。さらに鷹、フラミンゴなどの鳥類を合計すると100種類以上、1000頭以上の生き物が展示されています。

園内ではクジャクが放し飼いにされて、自由にうろついているのでそれも人気があります。ちなみにクジャクはあまり飛ばないし走り回らないため、放し飼いにしても逃げ出すことはないそうです。

野毛山動物園は園内のいたるところに桜が植えてあるので、桜に囲まれながら動物を見て回ることが出来ます。桜の花びらが散った池を泳ぐペンギンはとてもかわいいです。

野毛山動物園の営業スケジュール

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日は休園
野毛山動物園の開園時間
9:30~16:30(入園は16:00まで)
入園料:無料

野毛山動物園のアクセス

電車
京浜急行線「日ノ出町」駅から徒歩10分
JR京浜東北線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から徒歩15分

バス
市営バス89系統「一本松小学校」行き「野毛山動物園前」

スポンサーリンク
汽車道

転載元:welcome.city.yokohama.jp

汽車道は、馬車道駅から新港埠頭をつなぐ遊歩道で、桜のシーズン以外も海やランドマークタワーを見渡すことが出来てとても眺めがいいところです。道の両側には桜が植えられていて、満開の桜と大海原を鑑賞することが出来ます。桜並木には芝生があり、その下でお花見をすることもできるのでおすすめです。

汽車道へのアクセス

横浜市営地下鉄みなとみらい駅・馬車道・桜木町駅から近く


掃部山公園

掃部山公園(かもんやまこうえん)は、もともとは幕臣だった井伊家が所有する土地でした。ですから、一族の英雄である、井伊直弼を記念して銅像が建てられています。
ちなみに掃部山公園の名前の由来は、直弼の官位である掃部頭(かもんのかみ)から、掃部山と呼ぶようになったそうです。

掃部山公園には約200本の桜が生えており、花見の名所として、横浜市民にはおなじみの公園です。シーズンにはライトアップがなされ、夜桜見物もおすすめです。夜桜と共に闇夜に浮かび上がる井伊直弼像を見ながら、幕末の横浜に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

掃部山公園のアクセス

横浜高速鉄道桜木町駅より徒歩10分。

伊勢山皇大神宮

伊勢山皇大神宮は野毛山動物園の近くにある神社です。明治3年(1870)に建立されました。横浜市民には「関東のお伊勢さん」と呼ばれるほどなじみが深く、初詣や七五三などの行事では賑わいを見せています。伊勢山皇大神宮は桜の名所としても知られ、境内のあちこちに桜の木が植えられています。特に石段の脇に植えられた桜並木は圧巻の美しさを誇っています。普段は荘厳で神秘的な境内も、この桜のシーズンの時だけは華やかな様相を呈しています。伊勢山皇大神宮へのアクセス

  • 日ノ出町駅から徒歩10分
  • 桜木町駅から徒歩10分
  • みなとみらい駅から徒歩15分

大岡川桜まつり

大岡川桜まつりは、横浜市で花見をするなら是非訪れるべきイベントです。私が一番おススメする最高のお花見スポットです。かるく桜祭りについて説明すると、横浜市を流れる、大岡川の両岸には、3キロにもわたる桜並木があります。
大岡川桜まつりは、例年四月の初めの土日(2017年は4月1日と2日)に開催されます。
また、一カ月(2017年の場合は3月18日(土)~4月9日(日))にわたってライトアップがされます。2500個のぼんぼりが500本もある桜並木を照らし、夜桜見物には最適です。また、日ノ出町駅から黄金町、弘明寺駅の周辺の並木道には縁日がずらりと並びます。私ももちろん行ったことがありますが、屋台の数は数え切れないほど多かったです(ただ値段がたこ焼き一パック500円とちょっと高かったです)

花吹雪が水面に散ってゆき、桜の花びらがまるでピンク色の絵の具の様に大岡川に流れる様はとても綺麗です。また小舟もでていて、水上から桜を見物することもできます。

大岡川桜まつり:開催日時

2017年4月1日(土)~2日(日)
ボンボリ点灯: 2017年 3月18日(土)~4月9日(日)

アクセス
  • 日ノ出町駅・黄金町駅からすぐ
  • 横浜市営地下鉄弘明寺駅からすぐ

あまり知られていない横浜の桜の名スポット

横浜市街は混むからいやだ!あまり人が知らないところでお花見したい!という方のために、横浜市街から少し距離があるお花見スポットを紹介します。ただ、少し距離があるといっても横浜駅から電車で5分足らず、車ならすぐです。ちなみに私は徒歩で通っていました。

帷子川の桜並木

出典:http://4travel.jp/travelogue/10871880

天王町駅は、横浜から相鉄線で5分たらずで行けるところにあります。駅前に小さな商店街があり、少しだけ歩くと有名な松原商店街があります。松原商店街は日本最大級の商店街で、食品などがとても安い値段でたたき売りされているところです。その天王町駅を出ると帷子川という川が流れていて、そこには桜並木があります。先述の大岡川に比べるとずっと小さいですが、それでも満開になるととてもきれいな桜が見物できます。

保土ケ谷公園

転載元:http://www.kanagawa-kankou.or.jp/topics/sakura/midokoro.html

天王町駅から歩いて15分、星川駅から徒歩10分以内のところに保土ヶ谷公園があります。ただ距離は近くても小高い丘にあるので、
すこし疲れるかもしれません。保土谷公園は神奈川県で最初につくられた運動公園で、とても巨大な公園です。近隣は住宅街やマンションが立ち並び、人通りはそこそこ多いです。

保土ヶ谷公園には500本の桜が植えられています。本数だけ見ると野毛山動物園の2.5倍、大岡川の桜並木と同じですね。保土ヶ谷公園は運動設備だけでなくピクニック専用の広場まであるので、シートをひいてまったりと桜を見ながら弁当を食べる、伝統的なお花見スタイルにはぴったりの場所だといえます。また、桜だけでなく四季折々の花が植えられており、一年中散策を楽しむことが出来るのも魅力です。特にが有名で、神奈川県随一の名所となっています。

保土ヶ谷公園へのアクセス

相鉄線星川駅から徒歩10分(坂道が多いので徒歩だと疲れるかもしれません)

横浜市にはまだまだお花見スポットがいっぱい!

横浜市はとても広い都市です。ですからお花見をする場所もまだまだたくさんあります。ここでは取り上げることができなかった場所のなかでも、本牧にある三渓園などはとてもおすすめです。あなたも是非、隠れた穴場を開拓してみてはいかがでしょうか?

作者:青梅 コウ

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする