ブヨに刺されたら即対策が鍵!恐ろしい腫れや痛みは病院の薬で対処!

ブヨから刺されたら普通の虫刺されとは思ってはいけない
ブヨから刺されたのは衝撃的でした。

はじめて刺されたのは夏のフェスに行っている時。
野外フェスなので、自然豊かな場所で空気も美味しく、
山の中で周りを見れば一面緑で本当に気持ち良い場所でした。

そして夏ですし、夏フェスなので半袖にハーフパンツとなつらしい格好をして参戦。

お気に入りのバンドを見てテンションも上がり、
その後休憩へ。

休憩をするのも草が生い茂っている場所に休憩をしていたところ
突然の激痛が!

痛い痛い痛い痛いと声を上げながら見ると
スネの部分が激痛を発しています。

その突然の痛みになにが起こったかすらもわからない状態で、
よく見てみると小さい虫が痛みがある場所に居ます。

そしてそれをよく見てみると小さい虫がいます。

最初は蚊だと思ったのですが、
その尋常じゃない痛みは蚊ではありえません。

蚊でしたら、痒いという感覚だと思おうのですが、
すごい痛みが襲ってきます。

それもそのはずブヨに喰われていたのです。
ブヨは喰われた時に指すのではなく噛み付くので
尋常じゃない痛みを発します。

そして噛むだけでなく噛みちぎります。

小さい虫でも噛みちぎられては本気で痛みを感じてしまいます。

噛みちぎって血を吸うという恐ろしい吸血虫です。

その痛みといったら本当に驚きます。

もう少し痛かったら跳ね上がってしまうほど。

見つけた時にわけも分からず痛い場所をはらっていましたから
ちょっとしたパニックを起こしてしまうほど痛いです。

そしてその後も激痛やかゆみが。


刺されたときも辛いのですが、
刺された後も辛く痛みやかゆみで思わず掻いてしまいます。
そして寝ているときも気づかずに掻いているのでしょう。
日に日にひどくなっていきます。

その痒さも今までに感じたことのないかゆみで、
刺された場所の皮膚の皮がめくれてしまうほど。

そしてパンパンに腫れ上がり、熱を持って痛みがでてきます。
その熱とハリも特有の痛みがあり、本当につらいです。

さらにその噛まれた跡も跡が残ってしまいました・・・

これは本当にショックですし、
どんな場所でも跡が残るというのはショックです。

その後医者に早めに行かずに市販の薬でだましだましやっていましたが、
最終的には医者頼みに。

痒みや痛みは辛かったですし、治った後も跡は残ってしまいますし、
ひどい状態でした。

跡が残るほどひどい状態になってしまいましたが、
どのように対処していればよかったのでしょうか。

ブヨにさされるとどんな反応が起こるのか

最初見た時はコバエか何かに見えます。

ですので、コバエか何かが足にたかっているかなぐらいに思うのですが、
痛みの先にはそのコバエのような存在しかいません。

そしてそれを払いのけようとしたものの、
そのまま噛み付いて吸血しています。

そしてブヨは集団で襲い掛かってくることがあり、
私の場合も一気に4箇所ぐらい刺されてしまいました。

そして蚊と同様に噛みつかれ始めたと気づかないです。

そしてその時は噛まれたことの痛みに驚きましたが、
その後症状は落ち着きます。

しかしこの落ち着いたからと思って安心していましたが、
ブヨの毒は数時間後から強烈なかゆみや痛みとなって襲ってきます。

ブヨの毒は数時間から2日から3日後に症状が表れてきます。

私の場合もその時はそこまで痒みや痛みはなかったですが、
時間の経過とともに酷さがましてきました。

遅延型のアレルギーを起こすために噛まれた後からじわりじわりと
症状がでてきます。

さらに私の場合はあまりの痒さと痛さにかきむしってしまいました。

それが悪化する原因となり、
毒素が拡大して、
傷口だけではなく、
周囲のリンパ節に広がり晴れが拡大していきます。

そしてブヨに大量に噛まれてしまうと体も
アナフィラキシーショックを起こす可能性もあります。
複数箇所刺されてしまった場合は病院にいって手当を受けたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

私自身大量にはさされていませんでしたが、
本当にひどくなってしまったので、早めに医者に行くのが一番だったなと思っています。

ブヨに噛まれた場所は腫れが2倍や3倍ぐらいに膨れ上がり、
その腫れが数日から長くて10日ほど続きます。

それが痛いのと痒いのと、熱を持つのでとてもつらい状態になります。

スポンサーリンク

ブヨから刺された時にどのような対処をすればよかったのか

ブヨから刺されたら早期対処するのがとても重要に。

これをしっかり知っていればあんな大変な思いや傷跡も残らなかったのに!
と思ってしまったのですが、
もし今後刺されてしまったり一緒に居た人が刺されたときの参考にしていきます。

ブヨに噛まれたら傷口を挟んで毒を絞り出すのが大事です。

一番ベストな絞り方は薬局やドラッグストアなどに売っている
ポイズンリムーバーという毒出しをするものがあります。

もしものことを考えて持っておくのがいいでしょう。
ブヨに噛まれてその後ひどい状態になったのを考えると購入するのはとてもおすすめです。

口で吸い出したりすると、その毒が体に回ってしまうので、
それはしないようにしてください。

絞り出す器具も持っていないことが多いと思うので応急処置としては、
爪で絞り出すのがベストでしょう。

ポイズンリムーバーはこれは蚊に刺されたときにも効果があるので、
特に自然豊かな場所に行ったときにはおすすめの器具です。

ブヨに噛まれたらめるのがいい

ブヨに噛まれると熱を持ち始めるので、
冷やすことを考えてしまいますが、温めるのがいいです。

しかし温めるのは刺されてすぐに気づいた時です。
数時間以上たってしまうと、逆にひどくなってしまいます。
すぐ対処ができる場合は対処していきましょう。

なぜ痒みが解消されるかというと、
肌の表面を42度以上に30分以上することで、
ブヨの毒が中和されて解消されるからです。

一番やりやすい方法はシャワーで42度であたためたり、
ホッカイロがあるとやりやすいですが、
さすがに夏場あることもあまりないので、
テイクアウトのコーヒーなどを使うのもいいです。

または自動販売機の熱い缶コーヒーもいいでしょう。

大人でも我慢できずにかきむしってしまうほどなので、
子供が噛まれたら相当大変です。

できるだけ早い対処をしたいものです。

ブヨの刺されに効く薬を使う

刺されて対応が遅くなってしまったら
薬で対応していきましょう。

一番いいのはやはり医者にいって処方してもらうのがベスト。
ステロイド系の軟膏を塗るのが効果的です。

医者にだいぶ後になってから行ったために、
あとも残ってしまいましたし、
早めに医者に行けばと後悔している面もあります。

市販のものでは治りづらい面があったり、
効果があまりない可能性があるので、
ブヨから刺された場合は皮膚科に行くのをおすすめします。

蚊にさされた状態と同じぐらいで考えていましたが、
そんな単純に治るレベルではないので、
しっかりとお医者さんにみてもらうことをおすすめします。

ブヨにさされやすくなるのは

ブヨに刺されやすくなるのにも原因があります。

私の場合は汗をかいていて、それが
二酸化炭素やアンモニア臭を発してブヨがその臭いにつられてやってきます。

そして私はo型で刺されやすいのもあり刺されてしまった可能性があります。

刺される前の対策も大事

刺されてからの対策を紹介してきましたが、
刺される前の対策がとても大事です。

刺される前に虫除けスピれーをしっかりと付けておくことが大事です。

また服の色も黄色やオレンジなどの明るい色だと刺されにくくなります。

半袖短パン姿も危険で短パン姿で居た時に大量にさされたので、
草木の生い茂った場所で短パンでいるのもとても危険です。

格好や事前の対策で防げることもあるので、しっかりと対応しておきましょう。

ブヨはどこに生息していつ発生するのか

ブヨの生息地や場所としては
6月から9月に盛んに活動をし始め、
湿度の高い水辺や藪やくさきの生い茂った場所に発生します。

そしてキャンプ場や山などで出会うことがあります。

普通の状態でしたら、きれいな水のある場所にしかいないブヨですが、
環境がいい場所に人が踏み入るとやられてしまいます。

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする