新宿や渋谷にカブトムシやクワガタが?意外な穴場で簡単にゲットする裏技とは?

カブトムシやクワガタは実はその辺にたくさんいる

カブトムシやクワガタは子供たちのあこがれの対象です。
これらの虫は豊富な自然がないと生息できない、貴重な存在だというイメージがあります。
しかし、実はカブトムシやクワガタは、その辺にうじゃうじゃ生息しています。

かれらの生命力は意外と強く、少しの自然さえあれば生き残ることができます。
実際、私は横浜の住宅街のど真ん中に住んでいましたが、クワガタを拾ったことは何回もありますし、新宿区に住んでいた時もカブトムシやクワガタを捕まえたことはあります。

このように、東京や横浜のようなコンクリートジャングルの大都会でも、木が多い公園のような場所さえあればきっとカブトやクワガタが住んでいます。ここでは、渋谷や新宿でもカブトムシが取れる公園を紹介するとともに、誰でも簡単に捕まえられる採集法などを紹介します。

この記事に書いてあることを実践すれば、あなたの近所でもカブトムシやクワガタを簡単に見つけられるようになります。そうなれば、たかがカブトムシのために、わざわざ遠出して捕まえに行くこともなくなります。

カブトムシが生息できる条件

カブトムシが生息できる条件は

ドングリがなる木が生えていて、幼虫が育つ土(腐葉土)がある

クワガタの場合は、

ドングリの木が生えていて、幼虫が育つ枯れ木がある

これさえ満たしていれば、どんな場所にでも生息している可能性があります。カブトムシは大きいため、少し面積が大きい林が無ければ生きていけませんが、コクワガタならば、ドングリの木が一本でもあれば生息している可能性があります。

この条件を満たしている場所は、どんな都会でも非常に数多くあります。とくに、少し規模の大きな公園ならば、まずドングリ林はあるため、探してみる価値はあります。

新宿や渋谷でカブトムシが採集できるスポット

新宿や渋谷など、大都会のど真ん中でカブトムシを捕まえられるスポットを紹介します。

新宿御苑

新宿御苑は、広大な面積を有する庭園で、都内でカブトムシが生息しているスポットとしてかなり有名です。多くの種類の樹木が植えられており、もちろんカブトムシやクワガタの生活に必要なクヌギなども生えています。

そのため、かなりの数の甲虫が生息していると言われています。種類も、コクワガタやカブトムシ、ノコギリクワガタなど、
かなり豊富です。ただ、新宿御苑は動植物の採集が禁止されているため、持ち帰ることはできないので注意が必要です。

戸山公園

戸山公園は、新宿区にある広い公園です。実は、この場所は都内でも隠れた昆虫採集スポットとして有名です。特に、箱根山という、小高い人工の丘の周辺には、夏になるとカブトムシの死骸がたくさん落ちています。

また、林の土を掘ると、カブトムシの幼虫がたくさん出てくるそうです。

靖国神社

靖国神社も、カブトムシやクワガタの採集情報がとても多いです。東京でもこの辺りは皇居があることから、自然が多く遺されています。
ちなみに皇居の森は東京都心で唯一、手つかずの自然が残っています。ですから、カブトムシを始め、非常に多くの昆虫が生息していると言われています。
※当たり前ですが皇居は採集禁止です。

代々木公園

代々木公園も、カブトムシやクワガタの数が非常に多いです。ですが、代々木公園は背の高い木が多く、クワガタも網が届かないところに付いていることが多いです。ですから、木をゆすってみたりするとよいでしょう。また、ストッキングの中に焼酎に浸したバナナを入れて木につるしておけば、匂いにつられてクワガタが飛来することもあります。

カブトムシが大量に取れる場所を見分けるコツ

以上は東京都心部のスポットを紹介しましたが、すこし田舎に行けば、これらの虫が生息している場所は腐るほどあります。ほぼ100%カブトムシやクワガタが生息している場所の見分け方をお教えしましょう。

スポンサーリンク

川原に生えている木(ヤナギなど)

川の中州や、川原に面して生えている木には、ほぼ100%カブトムシやクワガタがいます。
なぜなら、これらの虫は暑さに弱く、涼しい場所を好むからです。特に、中州に行けば、一本の木に何十匹というカブトムシがへばりついている光景を目にすることもできます。

また、こういった場所は涼しいので、昼間でもクワガタやカブトムシも普通に出てきていることが多いです。

さらに、川原に生えている木は背が低く、網を使わなくても簡単に手で捕まえられるのもうれしいです。ただ、スズメバチや蛇などが闊歩しているため、そこだけは注意が必要です。

また、梅雨明け前までは毛虫がかなり多く、思い出すのもおぞましい地獄を見せられることもあるため、7月まで待つことをおすすめします。

このように、クワガタやカブトムシは、林の中でも風通しがよく、涼しい場所を好みます。
逆に、草や低木がうっそうと生い茂る、荒れ果てた山にはあまり生息していません。
カブトムシは、雑木林にいるというイメージがあります。もともと、雑木林とは、石炭の原料であるクヌギなどを育てるため、人工的に作られた林です。そのため、雑木林はある程度手入れされており、カブトムシにとっては最適な環境だったのです。

つまり、カブトムシやクワガタは、まったく手つかずの大自然よりも、ある程度人の手が入った環境を好むのです。このことから、都会の自然公園に生き残っていても、なんら不思議ではないのです。

誰でも簡単にカブトムシを捕まえる方法

最後に、幼稚園児でもできる、この世でもっとも簡単にカブトムシを捕まえることができる方法を紹介します。

その方法とは、林の近くに建っている、学校や市役所などの公共施設を夜に見回るだけです。
これらの施設は、防犯上の理由から、一日中明かりをつけっぱなしにしていることがほとんどです。明かりをつけていると、林から光に誘われて、カブトムシやクワガタが飛んできます。

この採集はかなり他力本願なので、日と時間によって取れる数がかなり違います。
別に毎日散歩やドライブついでに見回りをしてもよいのですが、数が多い日というのもある程度は予測できます。

それは、雨上がりの快晴、蒸し暑い熱帯夜を狙うと、かなりの数をゲットできます。特に、満月の日は月明りでカブトムシたちが一斉に飛び始めるため、ほぼ確実に採集することができます。

次に、カブトムシやクワガタが飛行する時間は決まっています。だいたい日没後から夜の10時ぐらいまでが飛び始める時間です。それを過ぎると光に集まってくる個体は少なくなります。

それでも、日の出後すぐなら、かなりの数のカブトムシが残っています。しかし、日が出ると、カラスが集まって来てカブトムシを食べ始めるので、注意が必要です。

この方法はとても簡単ですが、日によってはとてもたくさんのカブトムシを捕まえることができますし、ほぼすべてのクワガタを捕まえることができます。

実は、明かりに集まってくるのはノコギリクワガタやコクワガタだけではありません。ヒラタクワガタやオオクワガタもたまに捕まえることができます。

私も一度だけ、オオクワガタを捕まえたことがありますが、やはり明かりに集まってきた個体でした。

田舎の場合は、山の中にある自動販売機などの周りにも、飛んでくることがあるため、車などで見て回るのも面白いと思います。

最後に、昆虫は青白い光にもっとも反応します。白い光でも集まってきますが、やはり一番は青い光です。

一方で、赤やオレンジの光は反応が悪いため、あまり集まってきません。最近ではガや羽虫対策で、赤い光を使っている施設が増えてきたため注意が必要です。

カブトムシは、珍しくもなんともない

カブトムシは珍しくもなんともありません。
私は田舎で育ったため、カブトムシやクワガタは身の回りにたくさん生息していました。さらに大人になって上京しても、生き物を探す目が肥えているため、すぐに見つけることができました。

カブトムシやクワガタは、少し探してみれば、意外と多く生息しています。新宿や渋谷にも採集スポットが沢山あるのですから、あなたが住んでいる街にもきっといるはずです。

わざわざ採集旅行にでかけなくても、身近なところで見つけてみませんか?

作者:青梅コウ

こんな記事も読まれています

セブンデイズカラースムージーは痩せる効果あり?なないろマジックでダイエット!



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする