置き換えダイエットに失敗しない方法は?プチ断食に挫折しない成功法を紹介!

置き換えダイエットに失敗しないたった一つの方法とは?

なぜあなたは、置き換えダイエットに失敗したのでしょうか?

置き換えダイエットは、一日3食のうちどれか一食の代わりに、水やダイエットドリンク(青汁や酵素ドリンク)などを摂取するという、誰でも気軽に行えるダイエットです。

しかも、置き換えダイエットはとても効果が高いダイエットです。たとえば、一日につき一食分を水や青汁に置き換えたとすると、単純計算で、一日の摂取カロリーを3分の2に減らすことができます。

ですから、置き換えダイエットをずっと続けた場合、あなたは体重をほぼ確実に減らすことができます。

しかし、途中で挫折してしまう人がとても多いのが悲しい現実です。置き換えダイエットは、誰でも手軽に始めることができますが、失敗しやすいのが大きな欠点です。現に、冷蔵庫に、もう飲まなくなって何年も経っている酵素ドリンクの瓶が眠っている人もいるのではないでしょうか?

もちろん、置き換えダイエットよりもあなたに合っている方法で痩せられたのなら、それでいいのですが、大半の人はダイエット自体をあきらめてしまっていると思います。しかし、あきらめないでください。

置き換えダイエットは、いくつかの工夫さえ行えば、だれでも簡単に行うことができるようになります。

この記事では、なぜあなたの置き換えダイエットが失敗したのか原因を探るとともに、楽をして痩せることに成功するためのちょっとしたコツを紹介しましょう。

置き換えダイエットに失敗する原因

なぜあなたは置き換えダイエットに失敗したのかを解明するために、つい引き込まれやすい、ありがちな罠を紹介します。これらの原因を知っておけば、もう思いもよらない悔しい涙を流すことはありません。

昼食や夕食を置き換えている

置き換えダイエットで一番成功しやすいのは、朝食を抜いた場合です。
朝食を抜くのは体に悪いと思い込み、昼食や夕食を置き換えようと考える人は、大抵長続きしません。

なぜなら、働いている人で、昼食や夕食を抜き続けるのはほぼ不可能だからです。
仕事で体力や気力を消耗しているのに、水や青汁しか飲めないのはかなりのストレスです。

食事は私たちにとって、大きな楽しみの一つです。毎日一生懸命働いているのに、その楽しみを奪われるのはとても残酷で苦痛なことなのです。

それに、あなたの同僚や友人は、あなたがダイエットしているのをおかまいなしに食事に誘ってきます。この誘惑が一番厄介です。もちろん、直接誘われなくても、誰かが美味しそうに食事しているのを見るだけでもとてもつらいです。

最初のうちはやせ我慢していても、次第に自分だけダイエットしているのが馬鹿らしくなり、食事の誘惑に負けてしまうのです。

ですから、置き換えダイエットを行うのなら、朝食をおすすめします。朝の時間帯は忙しく、朝ごはんを味わって食べている人は少ないです。

何を食べたかもよく覚えていない人もとても多いのではないでしょうか?嫌々なんとなく食べている人がほとんどだと思うので、ドリンクに置き換えるのなら朝食が一番おすすめです。

朝食抜きは体に良くないのではと心配に思うかもしれませんが、最近話題の青汁ジュレなどは、ビタミンやミネラルなどがとても豊富なので安心です。

最初の空腹に耐えられない

置き換えダイエットを始めて数週間までは、空腹との戦いです。
今まで毎日朝食を食べていると、朝食抜きに慣れるまでかなり時間がかかります。カラダが朝食抜き生活に順応するまで、お昼まではかなり強烈な空腹に襲われます。

また、朝食を食べると血糖値が上がり、脳に血液が送られます。しかし、朝食を食べないと
脳に血流が回らず、ボーっとしがちになってしまいます。すると、仕事や勉強に集中できず、
あなたの生活の質を下げる恐れがあります。

朝食抜きに慣れるまでの期間は人それぞれです。ダイエットを始めたその日から全く苦にならない人もいますが、一カ月ぐらいまではお腹が減ってフラフラしている人もいます。

しかし、これらは慣れるまでの辛抱です。置き換えダイエットを続けてしばらくすれば、
空腹に襲われることもなくなり、無気力感や眠気などもおさまるでしょう。

ただ、この慣れるまでの期間が一番挫折しやすいです。よくありがちなのが、朝食を抜いても、他の食事の量を増やしてしまい、逆に太ってしまうパターンです。

摂取カロリーが逆に増えていることを意識せず、置き換えダイエットは効果がないと決めつけて、すぐ挫折してしまう人は意外と多いです。

折角朝食を青汁などに置き換えても、間食を頻繁に摂ったり、昼ご飯を何回もおかわりしたりすると、ダイエットしている意味がありません。ですから、置き換えダイエットは、慣れるまでが極めて肝心なのです。

モチベーションの低下

モチベーションの低下も、置き換えダイエットに失敗してしまう大きな原因の一つです。
つい空腹に負けて、うっかり朝食を食べてしまったりすると、次の日から置き換えダイエットを辞めてしまう人もいます。

置き換えダイエットは毎日の積み重ねです。長く続けなければ痩せることはできませんが、かといって一回ぐらい朝食を食べても平気です。たった一度の失敗にも関わらず、ダイエットを続けることを放棄してしまう人があまりにも多すぎます。

スポンサーリンク

置き換えダイエットに失敗した時に重要なのが、自分を責めないようにすることです。
「何で食べちゃったんだろう…もうダメだあたし…」
と、ダイエットに挫折した自分を心の中で非難すると、続けようという気力がなくなってしまいます。

このため、あまり自分を責めないようにすることが重要です。空腹に耐えられず、朝コンビニでパンを買ってしまったり、お昼前にカップ麺を食べてしまっても、そんな自分を許してあげて下さい。

そして、翌日からは何食わぬ顔で置き換えダイエットを再開してください。置き換えダイエットは、空腹との戦いだけでなく、自分との闘いでもあるのです。

失敗しない置き換えダイエットのやり方!

以上の理由から、置き換えダイエットに失敗してしまった方がほとんどだと思います。
置き換えダイエットとは、人の三大欲求の一つである、食欲を押さえつけるという、見ようによっては極めて過酷なものです。

しかし、たった一つのコツさえ押さえてしまえば、とても簡単に続けることができます。もう強烈な空腹をやせ我慢する必要はありません。あなたが置き換えダイエットで成功し、理想の体になりたいのなら必見です。

少しだけカロリーのないものを食べる

置き換えダイエットで成功するコツは、ほんの少しだけ朝食を食べることです。
青汁や水など、水分だけを摂取するのではなく、同時に少しだけ低カロリーな食べ物を食べます。

飲み物をいくら飲んでも、体は満足しません。しかし、少しでも胃の中に固形物を入れておくことで、空腹感を紛らわせることができます。

朝青汁やスムージーだけを飲むのと、それに加えてこんにゃくゼリーを一個だけ食べるのとでは、雲泥の差です。

試しに行ってみるのが一番わかりやすいですが、ほんの少しでも朝食を食べると、お腹の減り具合が全く違います。

ですから、水分に加えて、春雨スープやこんにゃくゼリーなど、カロリーがほとんどない食べ物をほんの少し(ゼリー一個など)だけ食べるようにするとよいでしょう。

もちろん、どうしても我慢できない場合は、ヨーグルトやパンなどのカロリーが高いものでもOKです。

ただ、こういったものを少しでも食べてしまうと、歯止めが効かず、つい食べ過ぎてしまう場合があるので、注意が必要です。特にご飯類はお茶椀に盛り過ぎてしまうため、置き換えダイエットとの相性は非常に悪いです。

置き換えダイエットにおすすめの青汁ゼリー

置き換えダイエットのお供に、一番おススメなのが、黒糖抹茶青汁寒天ジュレです。私は、この青汁寒天ジュレで置き換えダイエットを一年ぐらい続けています。青汁寒天ジュレは、黒糖味で美味しいため続けやいのが特徴です。

さらに、カロリーが17kcalしかないため、置き換えダイエットにはピッタリです。また、低カロリーなだけでなく、

・青汁をはじめとした数十種類の植物エキス
・黒糖に含まれるビタミンやミネラル
・さつまいもの29倍の食物繊維

など、ダイエット中に不足しがちな栄養素がぎっしりと詰まっています。
このため、置き換えダイエットの空腹を紛らわせるのなら、青汁ジュレが一番健康的だと思います。こんにゃくゼリーなどは栄養がほとんど含まれていないからです。

しかも、味についても一流シェフが監修しているため、とても美味しく上品な味です。
具体的には、少し黒糖の酸味があって、のど越しがよくさっぱりとした味です。青汁の苦みなどは少しもありませんが、栄養は普通の青汁よりも数十倍以上も豊富なのです。

私は、朝食を毎日、青汁寒天ジュレと、お茶に置き換えています。以前はグリーンスムージーなどに置き換えていましたが、やはり午前中の空腹は相当つらかったです。

しかし、青汁ジュレならそれほどお腹が減らないので、無理なく置き換えダイエットをすることができます。

ちなみに私は、朝食を青汁ジュレに置き換えるだけで、160センチで50キロの体重をずっと維持しています。置き換えダイエットを始める一年以上前は、58キロでした。

つまり、8キロもダイエットに成功し、リバウンドも起きていないことになりますね。楽しく置き換えダイエットを続けたいのなら、是非一度お試しくださいね!

↓↓↓お申し込みはこちら↓↓↓

http://www.happiness-direct.com/

作者:衣良真知子

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする