右の肋骨の下あたりが痛い理由や原因は肝臓だった?すぐに内側や奥の痛みを治すには?

右の肋骨の下辺りのあたりが痛くて、
立ち上がる度に鈍痛が起こり、
1週間たっても痛みが消えないなんてことがありました。

そのままにしていても痛みが収まることもなく、
動く度に痛いのは辛いものがあります。

そこで、原因と対策について調べてみることにしました。

右肋骨の痛みは肝臓が原因だった?

肋骨の下には、様々な臓器があります。

心臓や肝臓や膵臓、胃に胆のう・・・

中でも、肋骨の右側に大きく陣取っているのは肝臓です。

ですが、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、
気付いたときにはかなり症状が進行していることがよくあります。

たしかに、
慢性の肝臓病になると右肋骨の部分が苦しいと思ったり張ったりする感じがあるそうですが、そこまで進行していればお腹は腹水でパンパンに膨れ、
顔も真っ黒になっているはずです。

もしあなたの肋骨の痛みが我慢できないほどであれば、

肝炎
肝硬変
肝臓がん

などの疑いがあるため、
早めに病院に行ったほうがいいでしょう。

酒飲みは要注意!

ですが、ここまで状態が悪化していなくとも、
肝臓が弱っていると肋骨の下あたりが痛くなることはあります。

実際、飲み過ぎなどで肝臓を酷使しすぎると、
肝臓周辺(右肋骨の下あたり)に痛みを覚えることがあります。

また、肝臓が弱っていると、痛みの他に寝起きが悪くなったり、
疲れやすくなるなどの症状が現れることがあります。

そのため、肋骨の痛みに加えて、

・よくお酒を飲む
・昔より酒に弱くなった
・二日酔しやすくなった
・最近疲れやすくなった
・寝起きが悪くなった
・血液検査の数値が悪い

など、あなたがお酒好きで、
他に心当たりがある場合は、肝臓が弱っている可能性が高いです。

肝臓をケアするサプリメントはこちら

肝臓をケアするためには

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、
自覚症状が現れるころには手遅れになっていることが多いです。

そのため、早めにケアを行うことが非常に重要です。

まず、肝臓が弱ってしまう一番の原因は、お酒の飲みすぎです。
こればかりはお酒を我慢する以外どうしようもないので、

飲みすぎないようにする、休肝日を設けるなど、生活習慣の見直しを図るようにしましょう。

肝臓に良い食べ物

さらに、弱った肝臓を回復させる食べ物を多く食べるようにしましょう。

肝臓に良い食べ物の中で、一番有名なのはシジミです。
シジミはオルニチンなどの、アルコールの分解を助け、肝臓の負担を減らす成分がたくさん含まれています。

さらに、最新の研究で、シジミのエキスには、傷ついた肝臓を回復させる効果もあることが判明しています。

そのため、肋骨が痛いなど、肝臓のことが気になるひとは、シジミをたくさん食べるようにするとよいでしょう。

そのほかにも、牡蠣などに含まれるタウリンや、
サメの肝油(スクワレン)などもあなたの弱った肝臓を助ける効果が高いとされています。

肝臓に良いサプリメント

さらに、肝臓をケアするために、サプリメントを飲むという方法もあります。

いくら肝臓に良いからといって、毎日シジミや牡蠣を大量に食べるのは難しいです。

一方、サプリメントなら、飲むだけでこれらの成分を手軽に補うことができますし、
肝機能のことは気にせずにお酒を飲むことができます。

つまり、大好きなお酒を我慢しなくてもいいのです。

レバリズム

レバリズムは、今最も評判の良い肝機能サプリです。

シジミエキス
牡蠣エキス
スクワレン

などの、肝機能の働きを助け、アルコールなどで傷ついた肝臓を回復させる成分がたくさん含まれています。

実際、レバリズムを飲んだ人たちは、

・肝機能のことを気にせずに毎日お酒が飲める
・二日酔いが気にならなくなった
・朝から元気になり、疲れ知らずになった

などの口コミが寄せられています。

初回980円でお試しできる(いつでもキャンセル可能)ので、
明るくお酒を楽しみたい方は是非お申し込みください。

↓↓↓今すぐクリックして、レバリズムを980円で申し込む↓↓↓

http://liver-rhythm.jp/

お酒好きで右肋骨が痛い人は要注意!

もしあなたがお酒好きで、
右肋骨の下側が痛む人は要注意です。

あなたの肝臓は、お酒の飲みすぎが原因でボロボロになり、
弱り切っている可能性があるからです。

特に、肋骨が痛いのに加え、

・昔より酒に弱くなった
・二日酔しやすくなった
・最近疲れやすくなった
・寝起きが悪くなった
・血液検査の数値が悪い

これらのことに心当たりがある人は要注意です。

もし、このまま何もせず、お酒を飲み続ければ、
肝硬変などの重大な病気になってしまう可能性もあります。

肝機能を回復させるには、
もちろんお酒を減らすのがよいのですが、
効果があるサプリメントを使うという方法もあります。

特に、レバリズムというサプリには、

弱った肝機能を回復させ、
アルコールなどで傷ついた肝臓を修復させる成分がたくさん含まれています。

弱った肝臓が回復すれば、肋骨の痛みが治るだけでなく、

・二日酔いしなくなった
・昔のようにお酒に強くなった
・寝起きが良くなり、疲れにくくなった

このような悩みのない人生が待っています。

もしあなたが、肝臓のことが気になるのなら、
レバリズムは絶対に買うべきです。

大好きなお酒を我慢するのはとてもストレスですが、
レバリズムならそのような苦痛を味わうこともありません。

体のことを気にせず、若いころのように思いっきりお酒を飲みたいのなら、

980円キャンペーンが終わらないうちに、是非お早めに申し込みください!

↓↓↓今すぐクリックして、レバリズムを980円で申し込む↓↓↓

http://liver-rhythm.jp/

そのほかの原因

肝臓以外の肋骨の痛みが起きる原因を紹介します。

肋間神経痛

肋間神経痛は、何らかの原因で、
肋骨周辺の神経が過敏に反応し、痛みを引き起こす症状です。

肋間神経痛になると、
呼吸や話す度に症状がでることがあり、
胸が苦しく感じたりします。

前触れもなく痛みがくることもあり、
ズキッとした痛みが突然来ます

呼吸や咳をすることで電気が走ったような痛みがあります。

神経痛の原因とは

肋間神経痛のしくみは、肋骨の間の神経がこわばり、
胸が圧迫されて痛みが起こります。

この原因はよくわかっていませんが、
ストレスや疲労からくることもありますし、
猫背や肩こりなどの神経が圧迫されることにより起こることもあります。

神経の圧迫もこわいもので、
痛みと同時に手足のしびれなどが起こることもあります。

肋間神経痛を治す方法はこちら

打撲・肋骨骨折

もちろん、胸が痛くなるのは外部的な要因であることもあり、
打撲や肋骨骨折であることもあります。

胸を強打した人はもちろん、
骨粗しょう症などで骨が脆くなった老人などは
肋骨骨折の可能性もあります。

実際、私の友達に、肋骨骨折を起こした人もいます。

もともと彼は細い体型で運動をした時に強打をしてしまい、
その衝撃で折れてしまったのです。

スポンサーリンク

彼は、最初はただの打撲だと思っていましたが、

一週間たっても痛みが治まらず、
日に日に痛みもましてきました。

そこで、整形外科に行き、
レントゲン撮影をすると、

肋骨の黒い線をさされ、
「この黒い線見えますよね。ずれてますね。折れてますね。」

とたんたんと言われ。
まさかすぎる回答と淡々すぎる回答に
笑いをこらえながら説明を聞いてたそうです。

内臓系の疾患

肋骨の痛みは、内臓疾患や肋骨骨折の可能性もあります。

胸膜炎

肋骨を守るための膜があります。
その膜が肺炎から細菌が侵入して炎症をおこすことがあります。

そして息をする度にズキズキと痛みがでることが。

抗生剤で治療しないと治らないので感染症により高い熱がでることもあります。

胆石・胆嚢炎

胆石や胆嚢炎によって
石がたまり痛みが発生することがあります。
太っている人や女性、脂っこいものを食べる人になりやすいものです。

激痛が走り呼吸もできないほどになります。

横になっていても痛い状態で、
脂汗が出て転げ回るほどの痛みです。

痛みのあまり涙が出るほど。

肋間神経痛の治し方を整体師に聞いてみた

今回、肋骨の痛みが気になった私は、
原因と治療法を知人の整体師さんに聞いてみることにしました。

ほとんどが肋間神経痛

整体師さんによると、
肋骨の痛みのほとんど(99%以上)は
肋間神経痛であるとのことでした。

たしかに、肋骨骨折など、他の原因である場合もごく稀にあるそうです。

しかし、とくに原因が分からない肋骨の痛みは、
ほぼすべてが肋間神経痛がであると言い切っても過言ではないそうです。

肋間神経痛は、

・ストレス
・肋骨や背骨の歪み

などが原因で、肋骨の周りにある神経が圧迫され、
痛みを引き起こす神経痛の一種です。

ほとんどの人はストレスが原因

さらに、肋間神経痛の原因について尋ねたところ、
ほとんどの場合、「ストレス」であるとおっしゃっていました。

実は、肋間神経痛だけでなく、
人の体の痛み(腰痛や頭痛、肩こりなど)の原因はほとんどがストレスなのだそうです。

人間の体はストレスを感じると緊張して硬くなります。

すると、血巡りが悪くなってコリを感じたり、神経が圧迫されて痛みを感じるのです。

つまり、肋間神経痛(肋骨の痛み)を治すためには、ストレスによって硬くなった体をほぐし、神経の圧迫を和らげることが重要なのです。

肋骨の痛みをすぐに治すためには

整体師さんの意見によると、
肋骨の痛み(肋間神経痛)はストレスにによる神経の圧迫が原因とのことです。

つまり、この神経の圧迫さえ治すことができれば、
ほとんどの肋骨の痛みは改善するはずです。

一番手っ取り早いのは、プロによる施術を受けることです。
整体や整骨院で筋肉の緊張をほぐし、神経の圧迫をやわらげれば、
肋骨の痛みもすぐに治まるはずです。

このサイトは、全国の評判がいい整体や整骨院を集めたポータルサイトです。

いちいち治療院を探す手間が省けるので、
是非活用してみてください。

整体より効果的に肋骨の痛みを治す方法

ですが、整体へ行くよりも、
もっと効果的に肋間神経痛を治す方法はあります。

これは整体師さんの口から直接聞いたのですが、
いくらマッサージで筋肉の緊張を和らげても、
根本的な原因である、ストレスによる血行不順が解消するわけではありません。

肋間神経痛を治すためには、ストレスによって緊張した筋肉と神経を
体の内側からほぐす必要があります。

さらに、肋間神経痛の原因である肋骨周りは、マッサージしにくいため、
整体などの治療では十分な効果をはっきしにくいそうです。

そのため、私が今回話を聞いた整体師さんも、
肋間神経痛の患者さんの場合は、
マッサージ以外の治療法をすすめることが多いのだそうです。

整体師さんが一番おすすめする治療法

整体師さんが最もお勧めしている方法が、
重炭酸浴といわれている方法です。

重炭酸浴とは、炭酸の粉末をバスタブに入れて、泡風呂で体を暖めることをいいます。

実は、温泉にも炭酸成分が含まれているため、重炭酸浴をすれば、
自宅で手軽に温泉治療が行えるのです。

実際、重炭酸浴はリウマチや腰痛などの治療にも使われていますし、
もちろん肋間神経痛をはじめとする神経痛にも用いられる治療法です。

重炭酸浴は、温泉と同じく、
通常のお風呂よりも血行促進効果が高いので、

ストレスによって固まってしまった筋肉をほぐし、
痛みの原因である神経の圧迫を解消する効果があります。

実際、肋間神経痛は、
マッサージなどでほぐしにくい胸の神経の圧迫が原因です。

ですから、肋骨の痛みについては、
マッサージよりも、重炭酸浴のほうが効果があり、
比較的短時間で症状が治まる患者さんが多い
そうです。

おすすめの重炭酸浴用入浴剤

重炭酸浴をするための入浴剤はたくさん売られていますが、
中でもホットタブ重炭酸浴という商品が一番おススメです。

ホットタブは重炭酸浴の中でも最も品質が良く、
医薬部外品として神経痛への効果が正式に認められています。

そのため、数ある入浴剤の中でも、ホットタブは
整体師さん一番のおすすめ商品なのです。

ホットタブ重炭酸浴につかると、体がジワジワと温まり、
神経が休まってとても気持ちいい状態になります。

これを毎日繰り返していくと、肋骨の痛みも次第に気にならなくなっていきます。

実際私もホットタブを試した結果、
肋骨の痛みが徐々に和らいでいくのが感じられました。

今ではもちろん肋骨が痛むことは全くありませんし、
何より全身の疲れが取れるのでとても気持ちいいです。

驚くほど効くので

是非お試しください。

ホットタブの公式サイトはこちら

https://www.sukoyaka-egao.jp/

肋骨の痛みは内側からのケアが大事

整体師さんに肋骨の痛みについて聞いたところ、
肋間神経痛が大半だということでした。

肋間神経痛は、多くの場合ストレスによる神経の圧迫が原因であるため、
外からマッサージするよりも、内側からのケアが重要です。

一番オススメは重炭酸浴

特に整体師さんがおすすめしていたのは、
重炭酸浴です。

重炭酸浴は、普通のお風呂よりも血行を良くする効果が高いため、
ストレスによって硬直した体をほぐし、神経の圧迫を和らげる効果があります。

あなたも肋間神経痛(肋骨の痛み)が気になっているのなら、
ホットタブは絶対購入すべきです。

実際、私も「ホットタブ」を購入し、
重炭酸浴を続けた結果、肋骨の痛みがすっかり良くなってしまいました。

今ならたったの2480円(一日あたりたったの80円)で購入できるため、

整体に毎週通うよりずっと安いですし、
何より辛い痛みがすっかり消えてしまったので、
肋骨の痛みが気になる方は是非ホットタブをお試しください。

ホットタブの公式サイトはこちら

https://www.sukoyaka-egao.jp/

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする