右の肋骨の下あたりが痛い理由や原因は?内側や奥の痛みも調査

右の肋骨の下辺りのあたりが痛くて、
立ち上がる度に鈍痛が起こり、
1週間たっても痛みが消えないなんてことがありました。

そのままにしていても痛みが収まることもなく、
動く度に痛いのは辛いものがあります。

最初はなんでもないと思っていたのですが、

さすがに痛みが続きすぎるので、
原因と対策を調べました。

ある方法で対策した結果、
すぐに痛みはおさまり、それ以降は再発することもありませんでした。

この記事では、肋骨の痛みにありがちな、原因と対策を紹介します。

なにが原因なのかをいろいろ調べてみました。

肋骨の痛みが起きる原因を紹介します。

肋間神経痛

私の場合、肋骨の痛みの原因は
肋間神経痛でした。

これは、何らかの原因で、
肋骨周辺の神経が過敏に反応し、痛みを引き起こす症状です。

肋間神経痛になると、
呼吸や話す度に症状がでることがあり、
胸が苦しく感じたりします。

前触れもなく痛みがくることもあり、
ズキッとした痛みが突然来ます

呼吸や咳をすることで電気が走ったような痛みがあります。

ちなみに、肋骨の痛みの原因が不明の場合、肋間神経痛であることがほとんどのようです。
ですから、肋骨の痛みはまずは肋間神経痛を疑ったほうがいいでしょう。

神経痛の原因とは

肋間神経痛のしくみは、肋骨の間の神経がこわばり、
胸が圧迫されて痛みが起こります。

この原因はよくわかっていませんが、
ストレスや疲労からくることもありますし、
猫背や肩こりなどの神経が圧迫されることにより起こることもあります。

神経の圧迫もこわいもので、
痛みと同時に手足のしびれなどが起こることもあります。

この神経の圧迫を放置すると、
手足が動かなくなったり、
めまい、動悸、てんかんの発作などの原因となることもあります。

ですから、もし激しい神経痛や、
それに伴う神経の症状が、
車の運転中や仕事中に起こった場合、大事故が発生する可能性もあります。

肋間神経痛は、
あなたの命に直接影響があるものではありませんが、

放置しておくととんでもなるリスクがあるため、早めに治療することが必要です。

肋間神経痛はシップで治らない?

肋骨の痛みを訴える人の原因は、ほとんどが肋間神経痛です。
神経痛は、ストレスなどで神経が過敏に反応してしまうことで起きます。

そこで、楽な姿勢をとり安静にしたり、

深呼吸をして落ち着かせることで
緊張がほぐれることがあります。

しかし、一度興奮状態になってしまった神経は、
放置しても中々もとに戻りません。

さらに、肋骨の神経は体の奥深くにあるため、手足の神経痛と違って、
塗り薬や湿布などの効果が薄いです。

肋間神経痛を治す方法

ですが、病院へ行かずとも、肋間神経痛を治す方法はあります。

私がまず試したのが、重炭酸浴という方法です。

重炭酸浴とは、炭酸の粉末をバスタブに入れて、泡風呂で体を暖めることをいいます。

重炭酸浴は、
通常のお風呂よりも血行促進効果が高く、
疲れを取る効果がかなり高いです。

さらに、
神経をリラックスさせる効果もあるので、肋間神経痛を治すことも可能です。

重炭酸浴をするための入浴剤はたくさん売られていますが、
中でもホットタブ重炭酸浴という商品が一番おススメです。

ホットタブ重炭酸浴につかると、体がジワジワと温まり、
神経が休まってとても気持ちいい状態になります。

これを毎日繰り返していくと、肋骨の痛みも次第に気にならなくなっていきます。

実際私もホットタブを試した結果、
肋骨の痛みが徐々に和らいでいくのが感じられました。

今ではもちろん肋骨が痛むことは全くありませんし、
何より全身の疲れが取れるのでとても気持ちいいです。

肋間神経痛にお悩みの方は、

是非お試しください。

ホットタブの公式サイトはこちら

肋間神経痛に効く薬

そのほかにも、肋間神経痛に効果がある薬が販売されています。

その中でも最も評判がよいのが、
トンデケアという商品です。

トンデケアには、神経痛を体の内側から和らげる効果があります。

あき竹城さんのCMでも有名ですね。

トンデケアは腰痛や関節痛だけでなく、神経痛にも効果があります。

スポンサーリンク

トンデケアには、オリザノールやビタミンBなどの、
神経を正常に動かす効果のある成分が豊富に含まれており、

肋骨の痛みをすぐに治します。

その他にも、筋肉痛、関節痛、眼精疲労など、

全身の疲れと痛みに作用するため、あなたが抱えている悩みを一気に解決できます。

実際、私はホットタブに加えてトンデケアも飲んでいますが、
再び痛みが起きることはありませんし、以前よりも疲れにくくなった気がします。

最後に、トンデケアは公式サイトからだと、
25パーセントオフで購入できる限定キャンペーンを実施しています。

つらい肋骨の痛みにお悩みの方は、是非お早めに申し込みください。

トンデケアの公式サイトはこちら

https://k-nihondo.jp/

内臓系の疾患の可能性も

肋骨の痛みの原因のほとんどが肋間神経痛ですが、
ごくまれに内臓疾患や肋骨骨折の可能性があります。

胸膜炎

肋骨を守るための膜があります。
その膜が肺炎から細菌が侵入して炎症をおこすことがあります。

そして息をする度にズキズキと痛みがでることが。

抗生剤で治療しないと治らないので感染症により高い熱がでることもあります。

胆石・胆嚢炎

胆石や胆嚢炎によって
石がたまり痛みが発生することがあります。
太っている人や女性、脂っこいものを食べる人になりやすいものです。

激痛が走り呼吸もできないほどになります。

横になっていても痛い状態で、
脂汗が出て転げ回るほどの痛みです。

痛みのあまり涙が出るほど。

肝臓に異常がある可能性も

肝臓に以上がある可能性もあり、
右の肋骨の中にな隠れていて、沈黙の臓器と言われています。

病気になっても痛むことがあまりなく、
気になるな、痛いかなと思った時になにか以上があるかもしれません。

慢性の肝臓病になると右肋骨の部分が苦しいと思ったり張ったりする感じがあります。

肝機能が弱まってしまいしこりができることもあります。

最初は肝機能が弱っていただけかもしれませんが、
それが脂肪肝から

肝炎
肝硬変
肝臓がん

とつながっていくことがあります。

肝臓もしっかりとケアすることが必要ですし、
日頃の習慣が大きくつながります。

肝臓をケアするには、サプリメントを飲むという方法もあります。
肝臓の数値などが気になっている方、お酒をよく飲む方などは
早めのケアを心掛けましょう。

http://liver-rhythm.jp

まさかの肋骨骨折であることも!

私の場合は肋間神経痛でしたが、

友達で肋骨骨折を起こした人もいます。

もともと細い体型で運動をした時に強打をしてしまい、
その衝撃で折れてしまったのです。

案外肋骨は簡単に折れるもので、
そして鈍痛の痛みがあるものの、
筋肉痛のひどいのと、打撲で痛いのかと思っていました。

しかし痛みが1週間は続くし日に日に痛みもましてきました。

そうするとさすがに心配がでてきますし、
なんでこんなに痛いんだろうと思うように。

そしてその時咳が出る時期で恐ろしい具合の痛みが右の肋骨に響きました。

さすがにしんどいと思い整形外科に行ってみると、
レントゲンをとることに。

レントゲンの肋骨の黒い線をさされ、
「この黒い線見えますよね。ずれてますね。折れてますね。」

とたんたんと言われ。
まさかすぎる回答と淡々すぎる回答に
笑いをこらえながら説明を聞いていました。

肋骨は折れやすい

骨をおる経験を成人になってからして、
折ることって簡単にあるもんなんだなと実感しました。

肋骨は意外と折れやすいようで、
知人も折ったことがあるという話をしていて、
強い咳をしていると折ることがあるようです。

咳をしただけでも折るのは怖いですね。
運動不足や栄養不足が重なったり、
閉経後の女性や、高齢者の骨粗鬆症の人は
咳でも折れてしまうことがあります。

そんな恐ろしいこともあるんですね。

何もしてくれない・・・

肋骨を折れていることを知り
処置をしてもらうと、
なにも使用がないので、
胸のサポーターと、
飲み薬の痛み止めと、
炎症を抑えるテープを渡されるのみです。

たったそれだけと、あとは2~3週間は安静にしてください。

という話をされて終わりだそうです。

肋骨も折れるのも簡単ですが、
治るのもそこまで大変ではなく時間がたてばしっかりと治ってくれます。

筋肉痛・打撲

筋肉痛や打撲の可能性もあります。
胸の部分も変なひねりを加えれば捻挫を起こしますからね。
そこから痛みがでることもあります。

しかし私は打撲と思っていたら肋骨が折れていたので、
さすがに痛みが続くようでしたら整形外科の診察をおすすめします。

咳でも折れる可能性がありますからね。

最後に

右の肋骨の下辺りが痛むと言っても、
様々な症状があります。

しかし、
ほとんどの場合、肋間神経痛と呼ばれる
神経の過剰反応が原因です。

神経痛になったからといって、命の危険があるわけではありませんが、
放っておいても中々治ることはありません。

そこで、肋間神経痛には、
飲み薬を使用することをおすすめします。

中でも、トンデケアは飲むだけで神経痛を始め、
手足のしびれや関節痛などのあらゆる痛みを治します。

もちろん、痛み止めとは違い、ビタミンBなどの体に優しい成分を使っているため、
健康に問題は全くありません。

現在、25パーセントオフで購入できるキャンペーンを実施しているので、
肋骨の痛みが気になる方は是非お試しください。

↓↓↓今すぐクリックして、トンデケアで肋骨の痛みを治す!↓↓↓

https://k-nihondo.jp/

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする