チャームより値段が安い通販サイトを紹介!用品や生体の値段が安い通販ショップで脱チャーム宣言!

チャームよりも値段が安い通販サイトを紹介!

チャームより値段が安いショップを大公開!
チャームはとても便利な通販サイトです。流通しているアクアリウム用品のほとんどを扱っていますし、生体の品揃えも豊富です。しかも、15時までに発注すると翌日に配達してもらえますし、送料も5000円以上で無料です。このように、アクアリウム関係で何か足りないものがあると、ついチャームを選んでしまいがちです。

ですが、世の中にはチャームよりも安い値段のショップがいくつか存在します。最近のチャームの値上げにうんざりしているあなたは、これらのサイトを利用して、「脱チャーム宣言」をしてみませんか?

年々チャームの値段は上がってきている

チャームは昔はとても安い値段が自慢の通販サイトでした。しかし、年々じわじわと価格が上がってきており、かつてのような激安価格ではなくなりつつあります。たとえば、数年前はエーハイムのオールガラス60cm水槽が1980円でたたき売りされていましたが、今では3500円です。

チャームでは、普通の枠付きの水槽ではなく、曲げガラスやオールガラスの水槽が、2千円台で売られていましたが、今では倍以上の値段です。

チャームではたまにアウトレット品をタダ同然の値段でたたき売りしてくれていましたが、現在はたたき売りの頻度も下がっており、めったに見かけることがなくなってしまいました。

さらに、生体の値段はもっと上がっています。10年前、私がチャームの存在を知ったころは、ミナミヌマエビが50匹で500円でした。しかし、今では20匹で900円という、10年前の3倍以上の価格となっています。もはや生体の場合は、チャームよりも実店舗の方が安い場合が多く、私も現在魚を購入する時はなるべく実店舗で買うようにしています。

チャームよりも安いお店を発見!

チャームよりも安いお店を紹介します。2017年現在、チャームの値上げは続いていますが、器具についてはまだまだかなり安いです。ですが、生体に関してはチャームよりも安いお店はいくつか登場しているので、魚だけ購入したい場合はそちらにするとよいでしょう。

ネオス

ネオスというネットショップは、生体の価格が非常に安いです。
このお店は、熱帯魚の卸売店が直営しているため、輸入物の魚(ベタやネオンテトラなど)が
とても安い値段で購入することができます。

たとえば、プラティ6匹で702円、ネオンテトラ15匹で540円と、タダ同然の激安価格が自慢です。
※チャームの場合:プラティ4匹で800円、ネオンテトラ10匹800円
さらに4000円以上購入すると送料無料なので、まとめ買いするとよいでしょう。
また、マニアックなグッピーの品種など、品ぞろえもそれなりに豊富です。

ネオスの欠点として、水槽やヒーターなどの値段が若干高いことが挙げられます。
また、ネオスオリジナルの水槽セットなどと称して、一万円から2万円前後で水槽セットが販売されていますが、いらないものが多く含まれているので、必要なものだけバラで購入したずっと安いです。

ネオスはいくら生体が安いとはいえ、生体のみを購入する機会はそれほど多くありません。器具と生体のセットで購入できるチャームを結局選んでしまいます。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/fish-neos/

フォレスト

フォレストは、熱帯魚の生体専門のショップです。魚の値段が異常に安いのが特徴で、
安さはおそらく日本一でしょう。

たとえばプラティ40匹が1298円、ネオンテトラ100匹が1698円という激安価格で販売されています。また、品揃えも意外と豊富で、アベニーパファ10匹で998円、コリドラスパンダ20匹で1598円、アルタムエンゼル398円という、人気種も信じられないような値段で売られているのが
フォレストの自慢です。(チャームでは、これらの品種は数倍から10倍程度の値段で販売されています。)

フォレストは生体をまとめ買いするのにはとてもいいショップですが、
送料が有料なことがネックです。また、いくらまとめ買いすると安くなるからといって、一度に何十匹も購入する機会がめったにないため、
私はまだ利用したことはありません。

スポンサーリンク

http://nettaigyo-forest.ocnk.net/

かねだい(実店舗)

かねだいは、東京、神奈川、千葉、埼玉で営業している熱帯魚店です。かねだいは生体の値段がとても安いことで有名なショップです。
こまかい値段は店舗によって異なりますが、たとえば横浜の某店では、ネオンテトラ一匹30円、20匹500円という、相場をはるかに下回る値段で売られていました。
さらに、かねだいは取り扱っている種類も非常に豊富で、小型魚だけでなく、アロワナなどの大型魚も充実しています。
かねだいは魚だけでなく、小鳥や小動物、両生類や爬虫類も販売しており、店舗によってはかなりの品揃えを誇っています。

ちなみに、ネットではかねだいの魚はよく死ぬとか、トリートメントしていないとか悪口をみかけますが、そんなことはありません。私がかねだいで購入したタイガープラティやソードテールは、一年半以上たった今でも元気に泳いでいます。プラティなどの魚の寿命は一年前後と言われ、一年半以上生きているということはかなりの長生きです。

特にプラティは子供をたくさん産んで増え続けていて、大きくなった子供たちといっしょに水槽で泳いでいます。

ほかにもピグミーグーラミ―やネオンテトラなど、かねだいで買った魚は多いですが、うちの場合は他の店で買った魚よりも長生きする傾向にあります。

かねだいは、アクア用品も品揃えは豊富で、価格もそれなりに努力していますが、やはりチャームにはかないません。ただ、たまに商品入れ替えのための激安セールが開催されることもあるため、その場合はかなり安い値段で購入することができます。

http://www.petshop-kanedai.jp/

アヴェル(器具)

アヴェルは、アクアリウムの器具専門のショップです。アヴェルは器具の値段が非常に安く、品物によってはチャームよりも安い値段で購入できます。

たとえば、「ラピレス」と呼ばれる、ジェックスの60センチ水槽セットはチャームでは12500円ですが、アヴェルでは9980円です。このように、水槽を中心とする器具については、チャームを上回る激安価格で購入できるのがアヴェルの自慢です。

ただ、すべての商品がチャームよりも安いというわけではなく、よく比較してから購入するとよいでしょう。あと、これらの激安商品に関してはすぐに売れてしまうため、見つけたら即決で購入する必要があります。

たとえば、ヒーターとライト付きの60センチ水槽フルセットが6850円という、ありえないような値段で売られていましたが、すぐに売り切れてしまっていました。おそらくアヴェルは在庫の数が少ないようなので、良い商品はすぐに売れてしまうため、こまめにチェックする必要がありそうです。

最後に、アヴェルは器具のみの販売で、生体の取り扱いがないのが非常に残念です。生きた魚さえ売っていれば、チャームを脅かす存在になりえたかもしれませんね。

http://www.avel.ne.jp/

生体と器具のセットならやっぱりチャームか?

チャームよりも安いショップは、いくつかありますが、どれも一長一短です。
生体がチャームより安いお店は実は多いですが、用品が安いお店はほとんどないのが現状です。私を含め多くの人は、生体と用品をセットでまとめ買いしたいため、トータルのコストが安く、しかも5000円以上で送料無料になるチャームを選んでしまうのが実情です。

しかし、アヴェルは違います。アヴェルは、一部の器具の値段がチャームよりはるかに安いです。ですから、チャームで器具と生体のセットを購入するより、アヴェルで器具を購入し、実店舗などで生体を別に購入したほうが安くなるパターンもあるのです。

ただ、このパターンが通用するのは、近所に安い熱帯魚屋さんがある場合に限られるため、やはりトータルのコストで見た場合、チャームの存在を脅かすショップはまだ現れていないのが現状です。

ただ、私は珍しい種類の魚が好きなので、これからはチャームではなく、アヴェルを利用していく方針です。アヴェルで器具を安く購入し、実店舗などで魚を入手するつもりです。

魚を購入したら、その時はこのブログで紹介したいと思います。

熱帯魚を死なせない為に私がやっていること

最後に一つだけ注意点があります。

それは、魚を飼うときの水についてです。

水槽に入れる水は、カルキ抜きなどを使うのではなく、
なるべく浄水器を使うことをおすすめします(私も使っています)

現在、水道管などの設備が劣化しており、水道水は昔よりはるかに汚くなっています。

そのため、水を消毒するための塩素も、従来よりも毒性の強い「クロラミン」などを使用しているため、市販のカルキ抜きでは十分な効果を発揮しないこともあります。

さらに、現在は東日本大震災の影響で、関東以北の水道水の質が非常に悪くなっています。
もし放射能などが微量でも検出されれば大問題となるため、水道水にはあらゆる薬品が添加されています。

水道水は魚の寿命を縮める

そのため、市販のカルキ抜きでは除去できない薬剤も多く、関東以北の方が浄水器なしで魚を飼育するのは非常に危険です。

いくら有害物質が多いとはいえ、人間が飲む分には安全ですが、魚にとってはかなり大きなダメージを与えるからです。

そのため、アカヒレやプラティなどのどれだけ強い魚でも、浄水器なしで飼育した場合、確実に寿命を縮めることになるでしょう。

ですから、魚を大切に育て、寿命を迎えるまで愛情を持って飼育したいのであれば、必ず浄水器を使用してあげて下さい。

私が使っている浄水器

私が使用している浄水器は、美研というメーカーからレンタルしています。
月々895円(一日30円)という非常に安い値段にも関わらず、
水道水に含まれるあらゆる有害物質を除去してくれるため、かなり助かっています。

しかも、この浄水器は水質を変えないため、魚にとっての負担が一切ありません。

そして、月々のレンタル料以外に、フィルター費用などの経費は一切かからないのでお得です。

現在の日本で魚を飼育するなら、浄水器は必須です。

美研浄水器なら、まるで湧き水のような綺麗な水で魚を飼育できます。
あなたがこの浄水器を使えば、魚たちもきっと大喜びするでしょう。

現に私も美研の浄水器を使ってから、プラティやグッピーも発色が良くなり、状態が良くなった気がしますし、
子供を産む量も増えたような気がします。
もちろん病気の発生は一度もありません。

いつまでも綺麗な状態で、末永く水槽を維持したいのなら是非ともご利用ください。

↓↓↓月々895円の浄水器レンタルを申し込む↓↓↓

http://www.biken-inc.co.jp/

作者:青梅コウ

作者:青梅コウ

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする