コスメに守られる習慣「運気アップしたい」女性必見!不思議なコスメ神話!

「なぜ、貴方はいつもメイクをするのですか?」そう聞かれたら

私は迷わずこう答えます「私の中の私を表現したいからメイクをするの…」と

私はお化粧することに迷いはない!「なぜかって?」

私にとってコスメとは本当の私を魅せる魔法のアイテムなのですもの…

女性のみなさん毎日「鏡の前の自分を見つめていますか?」

鏡に映された素っぴんの自分をみてどう思いますか?お化粧した時の顔と全然ちがいますよね?「私はいつも素っぴん顔は本当の私ではないと思っています!」

女性にとって一番大切な美のアイテムは鏡…鏡は魔物です!貴方の心の中や貴方の全てを正直に映しだします!良く「鏡見るのきらい」っていう女性いますよね!その心理は「自分が嫌いなのです」

ずーと、ずーと、はるか昔から、女性にとって鏡とはとっても大切なアイテム!自分の全てを映し出す、自分を知る魔法のアイテムなのです!

皆さんは「毎日どんな鏡でどのくらい自分をみていますか?」鏡に映ったあなたの顔はあなたが本当に納得できる貴方ですか?

美を追求するのではなく、自分を追究する

みなさんにとってコスメとは美を追求するものだと思いますか?

確かにコスメとは自分を美しくみせるアイテムです。

自分を美しく見せる必要がないから「お化粧に興味がない」「自分の顔なんてそんなに見ないもん」という女性も沢山います!

それは、それでいいと思う!それも有り!私がここで「それは違うよ!」という必要もない!女性にとってコスメなんて必要ないとおもうならそれでいいのです…

でもね、世の中には「とっても素敵な女性が沢山います。」「女性から見てホントに輝いている人」…「こんな素敵な女性になりたい!」思わず「どんな化粧品を使ったらこんな風に輝けるのだろう」「こんな素敵な女性に私もなりたい」と思ってしまいます。

そこなのです!そこなのですよ…私が言いたいことは「こんな素敵な女性に私もなりたい」そこなのです…美とは「なりたい自分を追究する」ことなのです!

なりたい自分を追究する

追究とは、不明なこと・未知のものを、どこまでも深く調べて明らかにしようとすること。
追究の「究」は、極める・奥深くに入り込むという意味で、「研究」という熟語でも使われているとおり、調べる・明らかにすることを表す。「真理を追究する」「美を追究する」などと使う。

自分にとって、未知のものを極めていく明らかにする、自分の未知を極めていく、私はその自分の未知を追究するためにコスメはあるのだと思います。

なりたい自分とは、大げさなことではなく…

例えば、どうしようもなく悲しくなって、一晩中涙がとまらなかったとします、「貴方だったら、その瞼を腫らして会社にいきますか?人と会いますか?」どうにかしてでも瞼の腫れを気づかれないようにしようとコスメを使ってなんとかしようと思いませんか?コスメをつかって瞼の腫れを腫れていないようにみせるって、どうなるのか解らないし、とっても未知だと思いませんか?

もし、気にしている部分を良く見せること、そして、コスメを使ってよく見せることができた時、「あなたは嬉しくありませんか?」「キレイに見せることができて良かった!」そう思うことができるからこそコスメって神秘だなと思うのです!

なりたい自分を追及する!「なりたい自分になるためにコスメはあるのです」

自分が納得できる自分

私はお化粧するのが大好きです!女性にお化粧してあげる事も大好きです!

「今日見る景色」にワクワクしながら、毎日お化粧をしています!本当の自分になるメークです…「私にとって素っぴんは本当の自分じゃない!」

スポンサーリンク
例えば…メークしながら、今日会う人、今日行く場所、そんな景色にワクワクしながら、ファンデーを塗り、マユを書き、シャドウを入れ、アイラインを流す、そして仕上げはチークをぼかしてリップを塗り、私の中に本当の自分スマイルを見せてあげます!「どんなもんだい!最高に可愛い」なーんて私の中にある私の世界を楽しんでいます!

私が大切にしているサミットコスメ用品がパワーをくれる

どんなに、悲しい時もコスメが私に元気をくれた!

私を笑顔にしてくれた…

今、悲しい時も、今、寂しい時も、今、辛い時も、今、疲れている時も

今日泣いちゃった時も、今日怒っちゃった時も、突然恋しちゃった時も…

コスメが私をその時々の「私の深い私を表現」することを手助けしてくれた…

いつも笑顔でいれたのはお気に入りのコスメのおかげ!ホントに感謝!

今日「私と会う人達に笑顔をみせたい!この人疲れてそうとか思われたくない」「私といると元気でる~」「笑顔っていいな~」って思われたい!

私にとってコスメとは「私と、私と出会うの全ての人達にハッピーパワーを与える」元気パワーアイテムなのです。

だから、私にとってメイクをしないのは「裸で人と会う事と一緒!」コスメ用品は私の身だしなみ道徳の一部としてとっても大事にしています!

私にとってはコスメとは神秘!コスメ様!なのです…とっても大切に扱っています!

コスメに守られる習慣

皆さんは、鏡やコスメ用品にどのくらい(気)を入れていますか?「鏡なんてそんなに気にしないし、毎日磨かないよ!」「化粧品なんてその辺にポイと置いてあるよ!(気)なんて別にいれていないし…」「そんなに大切にしていないよ!」「化粧品なんてなくなれば買えばいいことだし」…

えっっ~!ちょっと待ってください!「鏡も磨かないし、コスメ用品を大切にしない!」そんな事を言う女性が沢山います!

大事にするところから「気」がはいる

コスメ用品は自分の分身です!メイクをする時はなりたい私になるためにメイクしますよね?力を借りるのです!コスメの力を借りるのです!力を与えてくれる物とは神です!

コスメを大切にする気持ちを持つ人は、人間関係も良好になります。コスメを愛しむ事ができる人、大切に扱う事が出来る人は、全てに対して同じように愛しむ心で接しているように思います。大切にすると言うことは持っていることでも、仕舞い込んで置く事でもありません!大切にすると言うことは、こんな小さな自分の持ち物への心遣い!コスメ用品の乱雑な人は、実際は暖かな心の持ち主なのに、感受性にかけてしまうような印象を他人に与えがち、周りの事や、他人の気持ちも気にかけないような人が多いとおもいます。

自分が持っているコスメ品や、量は限られていると思いませんか?「そんなことないよ、無限大だョ」という考え方もあります。確かに、手に入れられる物は限りなくありますが、手に入れた後、どれだけ毎日使うでしょうか?

一回使って、次は一年後か何年後!なんて事もありがちです。出来たら気に入って買ったコスメ用品は、毎日大切に大切に扱って使ってあげたいですね。

まとめ

コスメも「一期一会」…コスメとの出会いも大切にする。このことは同時に「自分らしさ」を大切にする事と共通してきます。あって当たり前のコスメがあるからこそ、「自分の存在があり、他人にとって大切な自分の存在も感じられます」

「私はコスメに守られながら生きています!コスメは万人の女性の本当の自分を追究するためにあるのです!…」

「喜びや、勇気、創り出す喜び」を見いだせるのですだから大切に大切にしましょう!

コスメはなりたい自分を追究するアイテム!

女性にとっては鏡やコスメとは神!

コスメを大切にすればコスメパワーが絶対になりたい私にしてくれる!

女性にとって大切なアイテム!コスメ用品を神のように大切にしたら、必ず幸せになれる本当に神秘的な神話なのです!

最後までご覧頂きありがとうございます…

作者:天乃愛

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする