成田空港第2ビル駅から第3ターミナルにjetstarまで何分で距離は?

ジェットスターで沖縄に旅行に行ってきました。

LCCの安さに本当に感動です。
成田空港からいったのですが、航空料金が1万円ぐらいで行けてしまいます。
それも早割とか関係なく、10日前ぐらいに飛行機のチケットをとりましたが、
安く乗れるのは本当にお得。

こんな値段で乗れてしまうなんて、
こういうところは千葉に来てよかったなと思えることです。
こっちに来ていろんな体験をできるようになって、
沖縄にいったり、プロレスに行ったり、東京観光をしたり、ディズニーに行ったりと、
今までやれなかった体験をどんどんしています。

本当に楽しい体験が次々にできる日々には本当に感謝です。

ジェットスターで安く沖縄旅行に行けて、とてもいい思い出を残すことができたのですが、
ジェットスターに乗って沖縄に行くまでの道のりはとても大変なものがありました。

実際のところ、遅れると切実に思いました。
何度もダッシュをしましたし、喉がカラカラになって辛いほど走った。

いろんなミスも重なるとこんなに大変なことになるかと焦ってしまいました。

ジェットスターのLCCの料金は安いのはいいけどとにかくターミナルまで遠い!h3>

ジェットスターに乗ってみて思ったことは、
とにかく搭乗口の第3ターミナルまで遠い!

この遠さには本当に驚かされました。
成田亜空港第2ビル駅で降りてから第3ターミナルに向かうのですが、
私の場合いろいろなミスが重なって登場時間8時20分に対して8時8分で降りました。

8時20分を超えてしまったらもう搭乗手続きすらしてもらえない。
そこがLCCの怖さです。

20分までに搭乗ゲートに進んでいなければアウト。
ゲームオーバー
もう一度チケットを買わないといけない。

という恐ろしいことになってしまいます。

ですので、最終手段はダッシュするしかありません。
しかし近いならなんとかなる!

だがしかし、そんな甘い話はなくなんと第3ターミナルまでは、
730メートルの文字・・・

時間的にまずいと思って事前に調べては居ましたが、
730mという数字には衝撃を覚えます。

そしてその距離は12分でなんとか完走しないと行けない状況。

そして荷物も重い。

ここで諦めるわけには行かない!
もうダッシュ!

人間追い込まれると走れるものです。

けど、運動不足だったり、走ることに自身がない人だとアウトだったでしょう。
こういう時に日頃運動していてよかったと思います。

そして親切なことに第3ターミナルまでは青い看板と、下に青いラインがずっと引かれているので
それを見ながら行けば付くというとても助かるシステムです。

この道筋があったからこそなんとか行けましたが、
これがなかったらと思うとゾッとします。

それを辿っていくと、
各飛行機会社ごとのチェックインの場所へ。

私が間に合った理由として事前にウェブチェックインをしていたことによって、
助かりました。

ジェットスターのウェブチェックインシステムを利用すると、
ウェブ上でチェックインがされているので、
そのまま身体チェックのところまでいけます。

と言いましても渡しの場合は預け荷物がなかったので、
そのまま身体チェックまで行けましたが、預け荷物があった場合はさらに時間がかかってしまいます。

ウェブチェックインをしておくことで、そのまま搭乗手続きが行えたことでチェックインに並ぶことはないですし、
保安検査場までとてもスピーディです。

急いでいる時は無料バスは乗らないほうがいい

第2ターミナルから第3ターミナルまで乗るためのバスはデているのですが、
バスの時間は付くまでに10分から15分はかかってしまいます。

私の場合そんなことをしていたら確実に遅れます。

スポンサーリンク

時間の余裕がある場合はバスに乗って優雅に行くのがいいのですが、
時間が無い場合はそんなことをしている場合ではありません。

第2ターミナルの入り口から第3ターミナルへの主要時間はどうなのか?

第3ターミナルへの行き方は2種類あります。
・第2ターミナルから徒歩で710mを歩いて行く。(約15分程度)
私の場合は走って搭乗口ゲートを抜けてちょうど12分程度でした。
本当に間に合ってよかった。

時間があるならば第2ターミナルの24番乗り場から出る連絡バスで行く。
約15分以上。
時間がある場合に限ります。

時間をゆったりと考えた上で行けばなんの問題もないのですが、
いつもスリルを味わいたくなるのでしょうか。
ギリギリになってしまいます。

遅れるにも理由があって成田駅と成田空港駅は違うのを成田駅についてから知る。

遅れるにも理由があって、
成田空港駅に行きたかったのですが、
成田駅に行ったら空港ターミナルが近いというように思っていたのですが、
成田駅と成田空港駅は同じじゃないという重大な事実についてから気づいたわけです。

その気づいた時には成田駅から成田空港駅に行くまでの電車がなく、
京成成田駅に乗り換えをしたり、次の電車までに時間があったりともうパニック続きな状態が続いたわけです。

今回は間に合ったからいいものの、本当に混乱が多いこと多いこと。
私は以前にピーチ航空に乗り遅れて、お金も戻ってこないという大惨事を起こしてしまいました。

その反省をいかし今回はなんとか間に合うようにと出発したはずが、さまざまな混乱が起こるわ起こるわ。
本当に焦りばかりが募りました。

最終的には乗ることができて、終わりよければすべてよしという状態でなんとかなりましたが、
搭乗時間をすぎたら、一切載せてもらえなくなるLCCの恐怖心は身にしみています。

とにかく言えることは、
駅を降りたらすぐに搭乗手続きができるという甘い考えは幻想でした。

ジェットスターもですし、バニラエアも
第3ターミナルにあるので、最低でも20分は前もって時間に余裕を持っておく必要があります。

時間に余裕を持っておけばなんら問題はないのですが、
さすがに第3ターミナルへは遠すぎます。

時間をもった上で、さらに遠さも配慮できればベストですが、
私のように時間ギリギリになって遠いこともその場でしって
焦って走るということがないようにしてほしいです。

あなたはこの記事を見て成田空港駅に向かって焦っていることがないように願います。

保安検査を終えてからもさらに遠い。

搭乗手続きを終えるて保安検査を通ることがまず第一難関です。
それができたら、時間的には余裕が増します。

しかし、ここで余裕を持っていると危険です。

また更に飛行機の乗り込み口への道のりは長い。

出発まで20分から25分ぐらいの時間はあり、
早歩きでいったのですが、搭乗する時間にはあと10分前程度でした。

保安検査の場所からもなかなか遠い。
飛行機に乗るまで気が抜けない私はずっとヒヤヒヤしながら
乗り遅れないかと焦りながら急いでいました。

なんとか搭乗することができて一件落着という形にはなりましたが、
LCCならではの成田空港駅からの遠さ、不便さはありました。

航空券は安いですし、コストパフォーマンスを上げるためにしょうがないのですが、
しっかりとこちらも対応しないと乗り遅れる可能性がありますし、
時間が過ぎたら容赦なく切り落とされます。

このあたりもLCCを使う上では考えないといけないところだなと思いました。

まとめ

第3ターミナルに行くには730mと距離がある。
保安検査場からも搭乗口まで距離がある。
ジェットスターは搭乗時間が過ぎたらゲートを通れなくなるので注意が必要。
LCCは安いがメリット・デメリットをしっかり加味した上で乗りましょう。

作者 JIN

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする