自分の時間がほしいワーキングマザーへ!家事はこんなに省略できます!

共働き家庭が当たり前になった現代、フルタイムで働くママが増えて来ています。
夫婦間ではどうしても母親に家事の負担が大きくかかってしまい、フルタイムなのに帰って来てからも家事仕事に追われ、帰宅後ゆっくりくつろげる旦那を羨んでしまったり、、a66b0dac7072d440e44595f7f6ad2811_s
さらに共働きの女性は育児も同時に抱えていて、自分の時間なんて平日は皆無!という人が多いのではないでしょうか。

今、そんな女性が増えたためにハウツー本やネット上の情報はたくさん出回っています。

が、理屈はわかっていてもなかなか実行できない、第一、帰ってからくたくたなのにこんなにさくさく行動できるわけがないでしょう、という人も多いのでは?

ここでは、けっして無理をせずに時短して平日自分の時間を作る!というコンセプトで色々提案をしていきたいと思います。

まずは、なぜ平日時間がとれないのか、具体的に問題点を挙げると・・

↓↓↓電子レンジで簡単に料理が作れる「グルラボ」はこちらから↓↓↓

https://www.shopmaker.jp/

ワーキングママはこんなにも忙しい!その内容とは?

1.仕事で遅くなる
フルタイムでもパートでも、大抵の人は早くても帰宅が夕方になるかと思います。
買い物は休日にまとめてしてしまう、なんて当然の方法なのであえていいませんが、買い物をしなくても帰ってからは家事が待っていてバタバタですよね。

2.たまっている家事・夕食作り
人間毎日ご飯を食べなくてはなりません。またほとんどの方が毎日洗濯をしていると思います。掃除は毎日しなくてもなんとかなりますが、最低限この2つはなかなかはずせません。
風呂の掃除くらいはしないといけませんが・・。
このノルマがなかったらどんなにラクでしょうか。

3.育児
小学校高学年以上になればそんなに手が掛からないとは思いますが、それ以下の子供がいる場合は、身の回りの世話、宿題を見る、未就学児だと遊び相手を強要されたり、何かとやることがあります。

4.旦那さんの世話547b2a8f56eafea2e65b3e4a2e5c4b2b_s
家族全員で夕食をとるのが理想ですが、旦那さんの帰宅が遅い場合、別々に支度をしなくてはなりません。
旦那さんが自宅で飲む人なら、晩酌に付き合ったりおつまみを別に用意したりとまたまたすることが増えます。

要はまとめると、遅く帰ってくるのに家事と家族の世話をしなくてはいけない
この一言につきます。
全て完全に解決、というのは絶対無理です。
(全てやってくれるお手伝いさんを雇えば解決しますが・・。)
しかし、ある程度ゆるく回していくことは可能です。
何も解決策を講じないよりは、何か手を打って少しでもラクをしましょう。
金持ちでない一般家庭で、人の手を借りず母親がやる、という前提で考えてみましょう。

夕方帰宅してからのスケジュールとは?

会社と入社時に契約しているなら、早く帰りたいから早々切り上げて帰宅、なんて到底無理です。
残業をしない工夫ならなんとかできるでしょうが、もともと残業がないのに定時で帰ったらこんな時間、という人がほとんどではないでしょうか。

ここで発想を変えなくてはいけません。
6時帰宅が遅い、という発想です。
もう会社や仕事を思い通りにしようなんて無理なことは考えず、それに合わせていくのです。

846eec4d2e2aec0be92f7b1d84183fb1_s例えばパートでもフルタイムでも夕方5時頃に仕事が終わり、子供のお迎えに行って帰宅が早くても5時半~6時だったとします。

普通なら、ああもうこんな時間・・夕食作って食べらせて風呂に入って子供を寝かせて旦那が帰って来てバタバタしてたらすぐ寝る時間じゃないか・・と思うでしょう。

6時帰宅は、遅くない。

遅い・・と思うからつらくなると思います。
これが当たり前なんだ、と思ってください。
そして寝るまでの時間を濃く(バタバタしなくてもいいので)過ごすようにしてください。

↓↓↓電子レンジで簡単に料理が作れる「グルラボ」で時短↓↓↓

https://www.shopmaker.jp/

一日のスケジュール例

例:5時半帰宅

●5時半 炊飯器セット・夕食準備
だいたいの家庭は、台所のそばにリビングの机があるかと思います。夕食の準備をしながら子供はそこに座らせて遊ばせたり宿題をさせて、おしゃべりしながら、あるいは時折宿題を見てあげたりしましょう。

●6時半 夕食
お惣菜にちょっと手を加えてアレンジしたり、残り物をリメイク、あるいは圧力鍋やシリコンスチーマーという便利な道具を使えば、手が離れてその間他の事ができます
子供が小さくててが掛かる時は、子供向けの焼きそば・チャーハン・カレーなど一品ものならすぐ完成。
本当に遅くなった日はお惣菜とかおかずの一品は冷凍食品でもOK。

●7時~8時 後片付け・洗濯ものをたたむ・風呂を沸かす

5d0de2abd6a416ded92cac79124fa3eb_s洗濯機を回して干すのは大抵朝にしておくと思います。
なので、夜洗濯物は取り込んでたたむという作業だけですね。
子供がお手伝いできる年齢なら手伝わせてしまいましょう。一緒におしゃべりしながら楽しく。残った時間は遊べます。
そして、夕食を食べるのが遅れた場合はこの時間に調整します。

スポンサーリンク

※帰宅がもっと遅いママは、7~8時の時間帯を省略します。つまり、後片付けと洗濯ものをたたむのは後回しです。
省略された分、子供と触れ合う時間が減るのでそれはお風呂で一緒に遊んでカバーします。


●8時 お風呂

子供をお風呂に入れて遊びながら楽しみましょう。もちろんママも自分のシャンプーなどを済ませちゃいます。
小さい子供がいる場合は、お風呂で遊べるおもちゃを色々買っておきます。

●9時~ 子供を寝かす
子供を9時に寝かす・・そしておススメなのは、ここで一緒にママも寝てしまうのです!
もちろん、ここで夜頑張って起きて自分の時間を確保するのはできます。
しかし、仕事や家事でくたくたのママは、夜何かをするにも集中力に欠けて思うようにはかどりません。
ならいっそのこと、ここで寝てしまうのです。

そして早朝早起きして自分の時間を確保するのです。
後片付けがたまっていた場合で10時に寝たとしても、4時に起きて睡眠時間6時間、
5時起きなら7時間とれます。
早朝ご飯の支度や身支度をするまで、あるいはしてしまってからの時間は1~2時間あるかと思います。
0c1ecdcd2c89645187c9dcd81f93a730_s

朝起きてすぐ洗濯機を回せば、その間に色々できますよね。

朝は頭が活発に動き、趣味や勉強がはかどります。

また、その日一日のスケジュールを見直して効率よく動くよう段取りしたりする場合の、アイデアも色々浮かびます。充実した時間を送れる事間違いなしです。

・・・でも待ってください。

旦那さんのお世話の時間は?・・

夕食を家族全員で食べられるのが本当に理想です。なぜなら後片付けもいっぺん済むし、子供のお世話もちょっとでも旦那さんに頼めるからです。
しかし、旦那さんの帰宅が遅いのが一番やっかい?なのです。
9時頃帰宅の場合・・

●9時 子供を寝かす
この後に旦那さんのお世話をしなくてはなりません。87c8465a47c5f48764d6307018c0b1e2_s

●9時過ぎ 旦那さんの食事の用意
おつまみを作るならこの時間帯です。本当に簡単にできるものでかまわないよね?と了承をもらっておいてください・・。
その分、休日に張り切ってください。
用意している間、旦那さんはお風呂に入ってもらい、待たせる感をなくしてもらいます。
●9時半 旦那さんの食事
この間に、洗濯物をたたんでない時はたたみながらおしゃべり。

●10時 片付け
●10時半 終了!!・・寝ましょう。

これ以降の深夜の帰宅の場合は、それまでが自分の時間となりますね。
この場合、朝早く起きて自分の時間を・・というわけにはいきませんが、夜最低でも1~2時間は自由時間がとれるのではないでしょうか。
ただママの体力的に一番きつい例です。

中には、お世話をしないで旦那さんには自分で用意してあるご馳走をレンチンしてもらう・・という人もけっこういます。
そうして自分は子供と先に寝てしまうのです。
ママの健康のためならそれは大変いい事だと思います。
旦那さんがOKなら全然構いません、ただ、また言いますがその分休日カバーしてあげてください。

無理せず子供と一緒に家事を楽しもう

しかし、これでは子供と遊ぶ時間が少ない・・と思う人がいるかもしれません。
働いて時間がないママは、時間は長さではなく密度の濃さである・・ということを子供に体感させてあげてください。
そして、お休みの日はゆっくり遊べるのですから・・

お休みの日にたまった家事をする、今流行りの作り置き料理をする、なんて疲れる事はここではおススメしません。
平日に時間密度が濃い分、休日はまったりしてほしいのです。
ポイントは、「無理をしない、ながら」です。
17971e24ad208cf9ebee47818f18c852_s
○○をしながらちょっとした家事をする、ということです。
また、子供と一緒に家事手伝い、という案を載せましたが、子供を家事に巻き込むなんて・・、と思わないでください。
子供のお手伝いは遊びの一環として楽しく取り入れる工夫をしたらどうでしょうか。

このスケジュールでも、もしかして実際やってみたら人によってはきついと思うかもしれませんが、工夫次第で時間を作ることは出来ます。
いや、自分の時間なんていらない、子供と遊ぶ時間がもっとほしい、と完全子供優先のママならここまでしなくてもいいと思います。

また旦那さんが協力的で、役割分担が可能な場合ももっとラクになりますね。
でも役割分担、って喜んでやってくれる旦那さんは少なく、夫婦げんかの元になってしまうのが現実かと思います。

そして最後に一つ、忘れないでほしい大事なことがあります。
それは忙しい自分自身(ママ)の体も子供同様第一に考えてほしいということです。
そのことも優先して、日々過ごしていってください。

↓↓↓「グルラボ」なら一日2時間以上時間短縮できました↓↓↓

https://www.shopmaker.jp/

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする