ローソク足の見方や使い方と買いや売りのシグナルは?

株をする上で基礎の基礎となるのがローソク足。

ローソク脚といってもどんなものかもわからない状態で、
チャートは見てみるものの、どんなものをローソク足と言うのかは
わかりますが、なにを表しているかさっぱりわからない状態。

チャートの状況をしるためにはローソク足を知ることが前提となります。
基礎を覚えていきたいと思います。

ローソク足には陽線と陰線があります。

陽線
ローソク足の色は白色
その日の株価が始値よりも終わったときの株価、終値が高かった時は陽線

株価が前日よりも上昇した時に陽線となる。
これが連続的に出る時は相場は上昇傾向にあります。

陰線
ローソク足の色は塗りつぶし
その日の株価の始値より終わった株価が終値がやすかった時に陰線になります。
株価が前日よりも下落した場合は陰線。
この陰線が連続的に出る時は相場は下落していると判断できます。

上ヒゲ(高値)
ローソク線の上に出ているのが、上ヒゲと言われ、
その日に取引された中で最も高い株価。
ローソク足では一番上にあるもの。

下ヒゲ(安値)
ローソク線の下に出ているのが下ヒゲと言われ
その日に取引された中で最も低い株価
ローソク足では一番下にあるもの。

線の表され方

1日の4本線はまとめると、
高値
始値
終値
安値

で表されます。
期間ごとに
分単位で表される分足
その日の1日を表した日足
1週間を表した週足
月ごとを表した月足
年ごとに表した年足

で表示することができます。

期間ごとの違いとは

日足(ひあし)
1日の始値より終値が高いときには、白塗りの陽線で表せされ
1日の始値より終値が低いときには、黒塗り陰線で表されます。

それに安値と高値の線を引いたものが日足というローソク足になります。

週足(しゅうあし)
1週間の時系列をろーそくで表した者。
日足と同じ引き方。
週のはじめの月曜日の始値と、週末の金曜日の終値で実態を作ります。

そして週中の安値と高値を結ぶと週足のローソク足ができます。
日足で見る相場の方向性にトレンドが生じる時に、
週足を見ること中期的な方向性も読み取れます。

月足
1ヶ月の時系列をローソクで表したもの。
月初めの始値月初めの始値、
つき終わりの終値
月中の安値と高値
で表されます。

長期的な相場の方向性を確認するための指標です。

ローソク足でトレンドを見るには

チャートの基本的な見方の前提はトレンドを描くことと、
トレンドは反転するまで継続するという見方です。

右肩上がりのトレンドならトレンドの途中で買えば利益がでます。
これを目指すためにトレンドを確認し、続くかどうかを確認するためのチャートです。

移動平均線と組み合わせる

ローソクチャートだけでは、上ヒゲと陰と陽、そして大きさの違いだけでは、
トレンドが捉えづらいかもしれません。

この時にその捉えづらさを解消してくれるのが、
移動平均線も一緒に見ることです。

移動平均線はある一定の価格の平均をとりむすんだグラフ。

チャートで移動平均線を見る上で注目するべきは、位置関係です。

株価が右肩上がりになり、移動平均線は下の位置にある場合、
株価が上昇トレンドにあることになります。

その逆に、
移動平均線が株価の上にあり、株価が下に位置する場合トレンドは下降トレンドにあると言われています。

上昇トレンドから下降トレンドの返還として移動平均線が株価をまたがりクロスして逆転するとなります。
その反対に、移動平均線が株価の上にあり、移動平均線が株価の下になり、株価が上がっていくと、
下降トレンドから上昇トレンドの変換になります。

スポンサーリンク

下がってきた移動平均線が株価と横ばいになっている時に株価が移動平均線を抜く時は代表的な買いのシグナルにないrます。

移動平均線は右肩上がりで、上昇に転じる陽線があるときが買いのシグナルです。

株価が下げ止まっても再び上昇気流に登り、移動平均線も右肩上がりを続けていくと買いのシグナルとされています。

移動平均線が右肩上がりの時に株価が陰線になり移動平均線を一時的に下回ったものの、すぐに上昇して
陽線になり移動平均線を上に出る動きも会のシグナルとなります。

ただし、株価が移動平均線の下に来た段階では下降トレンドの傾向の予兆の可能性もあります。

ローソク線の基本形

ローソク線にもいろいろな基本の線があります。

大陽線
大きく上昇
低値圏で大陽線が現れたら大底の確認ができる。
大陰線
大きく下げている
天井圏で大陰線が出たら大天井の確認ができる
小陽線
上昇したが動きは小さい
小陰線
加工したが動きは小さい意
牽引同時線
動いたが始値と同じ
投資家が迷いがでている。これがきっかけに反転することもある。
下ヒゲ陽線
一時大きく下がり大きく戻して終値は始値を上回る。
高い価格で終値がついてる時に出た上昇を示す
下ヒゲ陰線
終値は始値より安かったが大きな下げから戻す。
そろそろ相場が反転する可能性も
上ヒゲ陽線
終値は始値高いが高値が押されたた
上昇するが一服する可能性
上ヒゲ陰線
一時的に大きく上げて大きく下がって終値は始値を下回る
下降に転じる可能性が大きい

ローソク足の2本を見る

ローソク足は単体でも意味がありますが、
高い予測を立てるために二本の組み合わせもあります。

不連続線

不連続線は2本のローソク足が値を飛ばして並びます。

相場の天気によく現れます。
上昇相場で押しは窓まで
下降相場では戻りは窓まで
と言われます。

連続線

はらみ線
大きい引用線に小さい引用線がすっぽり収まる形をはらみといいます。
短期的に目先で一服するところに現れる形です。

小さな引用線の代わりにwリビ起動時線が高値で出現すると、
天井下値で出現すればそこの確認として使われます。

つつみせん
はらみ線と逆で小さな引用線のあとに、引用線をつつむような大きな引用線がでてきます。

高値圏でつつみ天井暗示、安値圏でのつつみは底値暗示となる。
少引用線が同時線の場合、信頼度が高まる。

かぶせ線
上昇しようとする力を上から押さえ込む形前日の陽線の安値を切らなければ押し買いのポイント。

寄引同時線
相場の転換時に出現しやすいローソク足。
ローソク足の見方は、始値と終値が同じ価格であったことを示す。

出来高と関係も見て、売り方と買い方のエネルギーのバランスが拮抗していることを示し、
植替したかどちらかにトレンド転換します。

丸坊主寄付坊主、大引け坊主
ヒゲが付いていない長いローソク足、
大きく動いたことを表します。

陽線なら買い
陰線なら売りに圧倒的に優勢。

作者 JIN

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする