人間は日光浴をしないとどうなるのか?日光浴の知られざる効果とは?

日光浴をしないと病気になる?

日光浴をしないと病気になる
そんな話を聞いたことはありませんか?昔から、太陽の光を浴びることは健康に良いとされ、
夏に日焼けすると冬に風邪をひかないともいわれてきました。果たして、人間が健康的な生活を送るためには、日光浴は必要なのでしょうか?

日光浴のメリット

日光浴は、生き物が健康を維持するのに欠かせない行為です。日光浴が必要な生き物は、ヘビやカメなど、爬虫類などが有名です。これらの生き物は、日光を浴びることによって、ビタミンDなどの成分を作っているのです。

実は、私たち哺乳類も爬虫類と同じように、日光浴によってビタミンDを生成する機能が備わっています。ビタミンDは、カルシウムと共に、体内で骨を作る際に欠かせない成分です。ですからこのビタミンDが不足すると、骨が正常に形成できず、くる病などの恐ろしい病にかかることがあります。ですから、長時間日光を浴びないと、最悪死に至ることがあるのです。

健康維持のための日光浴はもう必要ない

しかし、現代では日光浴をする意味がほとんどなくなりつつあります。なぜなら、ビタミンDをわざわざ日光浴で生成しなくても、食べ物から摂取すればいいからです。昔は今のように、食材が豊富ではなく、特にビタミンDを含んだ魚や牛乳などは、全ての人々が毎日手に入れることが困難でした。
ですが、現代は食生活もだいぶ豊かになっており、食事からほぼすべての栄養分を補うことができるのです。ですから、バランスの良い食生活を心掛けてさえいれば、極端な話、全く日光浴をしなくても、病気になったりする心配は全くないのです。

動物の飼育でも、日光浴の必要性が見直されている

近年日光浴の必要性が大幅に見直されているのは、人間だけでなく、動物の世界でも同じです。たとえば、小鳥も室内で飼育する場合は、定期的に日光浴させる必要があると言われていますが、私が狭いアパートで小鳥を飼育していた時も、ほとんど太陽光に当てていませんでした。

なぜなら、現代の小鳥の餌には、ビタミンDが大量に含まれているからです。まったく日光に当てないなんてかわいそうだと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、冬や夏に外に鳥を放置しておくと、急激な温度変化にさらされることになり、大変危険です。さらに、外に鳥かごを放置しておくとカラスにも狙われる恐れがあるので、実は小鳥の飼育にも日光浴は必要がないのです。

また、爬虫類でもビタミンDは餌から与えればよいことが分かってきたため、日光浴の必要性が疑問視され始めています。爬虫類飼育には、日光浴させるために紫外線ライトを導入するのが必須だと言われていましたが、どうやら餌にビタミンDを混ぜておけばそれで事足りるらしいことが判明しつつあります。現代では、人間だけでなく、動物ですら日光浴は必要とされない時代になっているのです。

日光浴のデメリット

さらに、日光浴をすると、大量の紫外線を浴びるというデメリットがあります。近年では、以前に比べてオゾン層が薄くなってしまっているため、紫外線の量が多くなっています。

紫外線を浴びると肌の細胞に傷がつき、シミやしわの原因となります。紫外線を大量に浴びた人は、そうでない人に比べて、肌の老化スピードがはるかに速いのが特徴です。さらに、直射日光を長時間浴び続けていると、皮膚がんになる可能性も上がるため、長時間の日光浴はとても危険なのです。

昭和のころ、厚生労働省は子供に毎日日光浴をさせることを推奨していましたが、現在では逆に直射日光を直接肌に浴びせることをなるべく避けるように指導しています。

ですから、無理して毎日直射日光を浴びる必要はないのです。ですから、なるべく紫外線を浴びないようにして、日焼けしないようにする必要があるのです。

紫外線対策には、日焼け止めを塗るだけでなく、「飲む日焼け止め」を用いるのも有効です。「飲む日焼け止め」とは、内側から紫外線のダメージを軽減するためのサプリメントです。日焼け止めを塗ったり、サングラスや帽子などを準備しなくてもよいのでとても便利で、大変人気です。

↓↓↓飲む日焼け止めサプリの詳細はこちら↓↓↓

http://dreamy-beauty.com/

日光を浴びないとうつ病になる?

ですが、健康問題とは全く別の観点から、直射日光を浴びることは重要であることが分かっています。
日光をあまり浴びない人は、よく外に出る人と比べてうつ病になりやすいという研究結果があります。また、うつ病の人に、毎日20分ウォーキングをさせると、症状が軽くなった人が多いこともわかっています。

人間の体には体内時計があります。この体内時計は、毎日日光を浴びることで調整されています。頭の中では昼だとわかっていても、体に十分な日光を浴びせなければ、昼間だと認識されないのです。

この体内時計が狂ってしまうと、気分が晴れずに、活動的でなくなってしまいます。さらに、生活リズムまでもが狂い始め、よく眠れなくなるなどの不眠症になる人もいます。これらの生活リズムの乱れが精神に異常を引き起こし、最後にはうつ病になってしまう人もいるのです。

現に、日照時間が短い秋田県などの東北地方では、全国平均よりも自殺率が高いことは有名です。また、日照時間がとても短く、冬は昼間でも太陽が昇らない北欧の国々の自殺率はとても高く、うつ病にかかる確率も高いです。

ですから、体の健康ではなく、心の健康の面では、日光浴はとても大切なのです。

毎日少しづつ日光浴をしてみよう

日光を浴びることは、体の健康とはあまり関係ありませんが、心の健康にはとても重要なのです。ですから、毎日外の空気を吸って、太陽の光を浴びることは、私たちが社会生活を送る上で、必要なことなのです。

日光浴と言っても、毎日20分程度外の空気を浴びるだけでよく、紫外線を浴び過ぎないように気を付けていれば、問題ありません。また、今では日焼け止めも進化しており、塗るタイプだけでなく、飲むタイプもあります。これらの日焼け止めサプリで体の内側から紫外線対策することもできます。

飲む日焼け止めサプリ「雪肌ドロップ」とは

雪肌ドロップは、紫外線による肌のダメージを、体の内側から防止する効果のある成分を多く含んだサプリメントです。

雪肌ドロップには、スペイン産のシトラスやローズマリーに含まれる成分「ニュートロックスサン」や、肌の代謝をアップさせるポリフェノールなどの成分が含まれています。これらの成分を摂取すると、直射日光を浴びても日焼けしないばかりか、紫外線によって与えられる肌へのダメージも軽減する効果があります。

雪肌ドロップは、これらの成分だけでなく、女性の美容健康をサポートする様々な栄養分がたっぷり含まれているので、単に美容サプリとして使うこともできます。

そんな雪肌ドロップですが、定価7900円のところ、定期購入なら74%OFFの初回1980円で購入できるキャンペーン実施中です。さらに、2回目以降も20パーセントオフの6480円で購入できます。もちろん送料無料なのでさらにお得ですね。

ですが、このキャンペーンは期間限定で、いつ終了するかわかりません。ですから申し込みはお早めに!

↓↓↓雪肌ドロップの公式サイトはこちら↓↓↓

http://dreamy-beauty.com/

作者:青梅コウ

スポンサードリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする