鼻マスクは花粉症に効果あり?鼻マスクで花粉症対策は本当にできるのか?

鼻マスクは花粉症対策に効果がある?

鼻マスクは、文字通り鼻にフィルターが付いたキャップを挿入し、
花粉やほこりなどのアレルゲンが体内に入ることを防ぐアイテムです。

最近、耳にすることが多い鼻マスクですが、本当に花粉症対策に有効なのでしょうか?

鼻マスクのメリット

鼻マスクは、細かい花粉やPM2.5などのアレルゲンを吸着するフィルターを、鼻の奥に挿入する仕組みです。奥まで挿入すれば、他人から鼻マスクをしていることがばれないのもメリットです。

さらに普通のマスクと違って、息苦しくないとされています。ほかにも、化粧が崩れないなど、マスク特有の不便さをすべて解消していると言えますね。

さらに、マスクよりも高性能なフィルターを使用しているので、花粉をほぼ完全にシャットアウトすることができます。たとえば、鼻マスクの一番の売れ筋である、「ノーズマスクピットスーパー」では、花粉や黄砂などの微粒子も、99%カットすることができます。

また、インフルエンザなどのウイルスなども、予防する効果があるとされています。実は、通常のマスクには、これらの微粒子を防ぐ効果はありません。通常のマスクの本来の効果は、のどや鼻の感想を防いで、粘膜を保護する目的で用いられるのです。
ですが、鼻マスクならば、アレルギーの原因である微粒子や、インフルエンザウイルスなどを根本的にシャットアウトすることができます。鼻マスクは、使い捨てタイプと洗えば何回も使えるものがありますが、「ノーズマスクピットスーパー」の場合は、洗えば5回程度使用可能です。

↓↓↓ノーズマスクピットを楽天で購入する↓↓↓

http://item.rakuten.co.jp/mavericks/code546470/

鼻マスクのデメリット

しかし、鼻マスクにも当然デメリットはあります。まず、鼻以外の部分を守ることが出来ないということです。口呼吸の人は当然、口から花粉が入ればアレルギーが起きますし、目の部分も守ることができません(これは通常のマスクも同じです)
ですから、ひどいアレルギー体質の方は、鼻マスクをつけていても効果を感じない人もいると思います。

さらに、Amazonなどのレビューで多かった意見は、鼻水がフィルターに溜まって、結局口呼吸になってしまうというものでした。中には、鼻マスク自体が息苦しく、もはや鼻栓と変わらないという厳しい意見もありました。
また、鼻水だけでなく、鼻がかゆくなることが多いのも花粉症の症状です。ですから、鼻がかゆくなると、鼻マスクを一々外さなければならず、面倒だという意見も多かったです。

鼻マスクだけでは完全に花粉症を防ぐことはできない!

鼻マスクで、鼻の奥だけをガードしていても、花粉症を完璧に防ぐことはできません。
先述の通り、口や目からも花粉は侵入しますし、なにより、花粉症そのものを治す効果は全くありません。鼻にフィルターをはめるだけでは、花粉症対策としては無理がありますね。
ですから、花粉症を根本的に治すことが重要です。

薬局や病院でもらう薬を飲んでも、最初のうちは効果がありますが、ずっと使っていると耐性がついて、だんだん効かなくなってきます。それに、花粉症の薬は対症療法ですから、症状を抑えているだけです。ですから、アレルギー体質を根本から治す必要があります。

花粉症の原因は腸内にあった?乳酸菌が効果的?

花粉症の原因は、実は腸内環境にあることが分かってきました。
不規則な生活などで、腸内環境が乱れると、免疫力が低下して、花粉症などのアレルギーになってしまうというものです。

実は、腸内環境とアレルギーの関係性は、かなり研究が進んでいます。ある食品メーカーが実験したところによると、花粉症の男女に乳酸菌たっぷりのヨーグルトを与えたところ、ほとんどの人の症状が改善したようです。

さらに、最新の研究では、赤ちゃんが生まれる時、これらの乳酸菌を母親から受け継いでいることも判明しています。この「ベビー乳酸菌」を持っていない人は、持っている人に比べてアレルギー体質になる確率が高いということも判明しています。

これは、乳酸菌が乱れた腸内環境を整え、免疫力を正常に戻す効果があるからなのです。ですから、花粉症などのアレルギーを根本的に治したいと思うのなら、まずは腸内環境を改善する必要があるのです。

腸内環境を整え、花粉症を改善するとされる成分は、乳酸菌などの善玉菌が有名ですね。また、これらを手軽に摂取できるサプリメントなどを用いるのもよいでしょう。中でも先述の紅―乳酸菌配合のサプリメントは特におすすめです。

↓↓↓ベビー乳酸菌たっぷりのサプリメントはこちら↓↓↓

http://www.surusuru.jp/

腸内環境を整える、乳酸菌がたっぷり入った食材

腸内環境を整え、アレルギー体質の改善に効果があるとされる、乳酸菌などの善玉菌がたくさん入った食品を紹介します。

キムチ

キムチは健康にいいというのはもはや常識ですね。体温を上昇させ、代謝アップでダイエット効果のある「カプサイシン」などを豊富に含むだけでなく、乳酸菌などの善玉菌をたくさん含んでいます。キムチだけではなく、そもそも漬物は善玉菌の力で野菜を発酵させてつくられるので、腸内環境を整えるのにはうってつけなのです。

ヨーグルト

ヨーグルトも、乳酸菌などの善玉菌を大量に含んでいます。また、ヨーグルトには乳酸菌だけでなく、オリゴ糖などの成分が含まれています。これらは、腸内で乳酸菌や善玉菌の餌になります。ですから腸内環境が活発になり、アレルギー体質の改善に非常に効果があるのです。

オリゴ糖などは、牛乳が発酵する過程において、乳糖という成分が変化して作られます。乳糖自体は、日本人の腸では消化することはできません。牛乳を飲むとお腹が痛くなる人が多いのはこのような原因があるからなのですが、ヨーグルトなら乳糖が全てオリゴ糖に変化しているので、お腹が弱い人でも安全です。

食品で乳酸菌を補給することは難しい?

ですが、残念ながら、これらの食べ物を食べていても、花粉症を治すのは難しいと思います。なぜなら、人体に必要な乳酸菌の数は、一日100億個だと言われています。

ですが、ヨーグルト1カップに含まれている乳酸菌は、たったの1億個です。ですから、十分な乳酸菌をヨーグルトから摂取しようとすれば、一日にヨーグルトを100個も食べなければならないのです。

そんなことは常識的に考えて不可能ですし、経済的にも負担がかかります。さらに、乳酸菌と言っても、ただの乳酸菌ではだめで、ちゃんと花粉症に効果があるものを毎日きちんと食べ続けることが重要なのです。では、乳酸菌で腸内環境を改善し、花粉症を改善するためには、どうすればいいのでしょうか?

乳酸菌はサプリメントで摂取するのが一番!

ですから、乳酸菌を補給するためには、サプリメントを飲むのが一番です。
たとえば、ベビー乳酸菌というサプリは、最新の乳酸菌「クリスパタス菌」が含まれています。

クリスパタス菌は、赤ちゃんが生まれる瞬間に、母親の胎内からもらう乳酸菌で、アレルギー体質と関係が深いとされています。クリスパタス菌を持っていない人は、持っている人に比べて喘息などのアレルギーが多いという研究結果もあるほどなのです。
ですから、クリスパタス菌が入ったサプリメントを飲み続ければ、通常の乳酸菌よりもずっと、腸内環境の改善が期待できるのです。

また、このベビー乳酸菌は、医師の日比野佐和子先生の監修のもとに作られた、安全で実績のあるサプリメントです。なんと96%以上の人が効果を実感しており、今では隠れたブームとなりつつあるので、おすすめです。

また、定期購入なら毎月一袋3300円と、一日あたり100円という安い値段で続けることができます。毎日キムチやヨーグルトを食べるのと、コストの面では変わらないのに、乳酸菌の質はベビー乳酸菌の方が圧倒的に高いのです。
ですが、定期購入の割引キャンペーンは期間限定なので、いつ終了するかわかりません。ですから、申し込みはお早めに!

↓↓↓ベビー乳酸菌の公式サイトはこちら↓↓↓

http://www.surusuru.jp/

作者:青梅コウ

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする