シングルマザー必見!恋愛・再婚についてふか~い、ふか~い話!

シングルマザーってとっても大変です!

シングルマザーはマイナスからのスタート!

人は離婚をすれば何かを必ず失います。

配偶者、財産、子供、仕事など・・・

離婚したあなたが失ったものを再確認してみてください!

離婚してシングルマザーになったあなたへ・・・

あなたの新しい人生の始まりです。

離婚して失ったものの変わりにあなたが離婚をして得られたものはなんですか?

夫から解放された自由でしょうか?それとも夫から開放された安心でしょうか?

せっかく離婚をして得られたこれらのことがシングルマザーの新たな不安の元になってはいませんか?夫から解放された代わりの、経済的な苦労。得られた心の安らぎの代わりの、一人での過酷な子育て。自由や安心を手に入れた代わりに、シングルマザーになったあなたが、今が辛い現実だとしたら、あなたの先の景色には生きていく笑顔と元気がありますか?

なんのためにシングルマザーになったのか、あなたが「何を考えてシングルマザーを選択したか」自分に問いかけて見てください!

子供を抱えて離婚したシングルマザーの恋愛事情!

私のまわりにはシングルマザーは実に多い!そして、私のまわりのシングルマザーは実に強い!シングルマザーになり、とても強い彼女達なのですが彼女達の幸せな恋愛については賛否にわかれます!

子供と生き抜く『覚悟』がまた不思議と魅力を引き立てるシングルマザー達!彼女達はどんな恋愛をしているのでしょう?

シングルマザーと未婚女性の大きな違いは、子供がいるかいないか。どんな事情があれ、子供たちと、母一人でこれからの人生を歩んでいかないといけません。シングルマザーの先の景色は彼女達に見えません!でも彼女達は子供と生き抜く覚悟を決めています。

その覚悟があるのとないのとでは、人間としての魅力、強いては、女性としての魅力が一味も二味も違ってくるでしょう。

本音

離婚の辛さを味わったあなたに優しいエールを贈ってくれる素敵な男性が沢山!

ここからは、きれいごとはぬきとして本音ではなしましょう!

シングルマザーって時々、孤独感を感ます。

シングルマザーってものすごく寂しくなります。

シングルマザーだって素敵な男性に出会い、求めます!

シングルマザーだから・・・

素敵な男性と恋をしてても、子供の目を気にしすぎちゃう!

こんな思いを秘めて今時のシングルマザーは恋愛をがんばっているのです!

わたしのまわりにはこんなコソコソした思いを秘めながら素敵な男性とコソコソ恋愛をしているシングルマザーは実に多いのです!

本能に従う?従わない?

男性を好きになり、恋をして、愛になる!素敵な男性と巡り会い再婚!素敵な家庭を築いているシングルマザーもたくさんいます!

離婚の痛手を引きずったまま、再婚は別の話として、素敵な男性と素敵な恋愛をしているシングルマザーも沢山います。なかには仕事と子育て、恋愛に悩みながら、メンタルを崩している、ちょっと疲れ気味シングルマザーも沢山います

先ほども言ったとおりシングルマザーと未婚女性の大きな違いは、子供がいるかいないか。そして、それは大きな意味を成すことなのは女性の皆様なら一番おわかりでしょう。

女性は「再婚したい」という願望があっても周囲から再婚に対する風当りを強く感じてしまって上手く、恋愛できないという恋愛の悩みが大変多いのです。愛する彼と「ずーっと一緒にいたい」でも、「私には子供たちが」離婚で傷つけてこれ以上「子供を傷つけたくない」など、など・・・子供を抱えながらのシングルマザーの恋愛は思っているほど自由に恋愛できる環境ではないのです!

そんなシングルマザーの多くは自分が恋愛をすることに子供がかわいそうとおもいながら恋愛しているというシングルマザーがけっこうおおいのです!

シングルマザーの心得みたいな情報彼女達の頭の中にインプットされてしまい、またまた、自由に恋愛できないでいるのです。

こんな悩みを持つシングルマザーのみなさん!必見情報!

世の中の独身男性はシングルマザーについてどうおもっているのでしょうか?

男性は好きになったシングルマザーを守ってあげたいと勝手に思っています。女性に頼られるのが大好きな生き物なのです。シングルマザーを心のどこかで「守ってあげたい」と思っています。シングルマザーは、その守ってあげたい気持ちに応えるに等しい存在なのです。

ここからが恋愛の方程式!素敵な恋がはじまるのです!シングルマザーが恋愛をすると、周囲から「子どもがかわいそう」と心配されますが。

私は、「かわいそうな子ども」というのは、実の母親に「かわいそう」と思われている子どもだけだと思うんです。「私が離婚したから、あなたはかわいそう」「私が何もしてあげられなくて、かわいそう」ちょっと、まってください!!そんなことはありませんよ!何もしてあげられなくても、お母さんが笑顔なら子どもは幸せなんですよ。お母さんが幸せになるために一生懸命生きている姿を見せることは、子どもがかわいそうなことではないのです。お母さんも自信をもって堂々としていればいいと思います。

男性はシングルマザーをどう思っているのでしょうか?

当然、シングルマザーには子供がいます。守ってあげたいという気持ちも2倍になります。守るとは、経済的にも精神的にもですが、未婚の女性よりも守る存在が多い分、守ってあげたい気持ちが強い男性ほど、シングルマザーに強く惹かれてしまうのです。

弱そうな女性でも、いざ、子供が窮地に立たされたなら、悪魔にでも立ち向かう覚悟ができている、そんな芯のある女性に男子は惹かれてしまうものです。

失敗から成功に向かう

ほろ苦い経験をした女性に男性は心奪われるのです。芯のあるシングルマザーは、苦い経験を沢山しています。

恋愛、結婚、夫婦生活、出産、家事育児、仕事、離婚という経験を通し、そこから人生を学びました。そして男という生き物を心と肌で感じ、“言うべきか言わざるべきかの感覚の上手さ”シングルマザーは「これを言えば気分を損ねるかもしれない」「この言い方は適切ではない」と経験から察し、男性を見る眼力も言葉も養われているとおもいます!

また、芯のあるシングルマザーは、言うべき事は”云い”きる!“叱る”ことができるのものなのです!

恋愛~結婚へのプロセスを経験済みシングルマザー

その男性が自分との将来を真剣に考えているか?子供のいるシングルマザーだからこそ感じ取れることはできるのでしょう!

シングルマザーという肩書は男性を選別する『篩(ふるい)』にかけるのです。

①シングルマザーと知って離れる人とそれでも関係を続ける人か。

②子供と自分とを養える経済力があるかないか。

③血縁のない子供を愛せるか否か。受け入れられる懐の大きさのある人か。

第一関門である、①で大きく篩にかけ②、③を吟味していくのです。②点目は現実的に考えれば重要ポイントですが、何よりも大切なのは、③点目です。もし②点目がクリアできなくても、③点目がクリアできていれば、将来を考えるシングルマザーの人もいるでしょう。

篩いにかける工程は、恋愛においてかなりの効果を発揮するのかもしれませんね。

自分の恋愛事情で子供に嫌な感情にさせたくない!

離婚して、迷惑かけてしまった子供たちに自分の恋愛事情で嫌な感情にさせたくないと沢山のシングルマザーは思っています。これは、シングルマザーにとって一番多い課題!

そんなシングルマザーへこのお話をお届けします・・・

中学生の時、ずーと不仲だった両親が離婚・・・

暴力を振るう父だったので、姉妹そろって離婚に賛成!

母は小さいスナックを経営しながら、毎日、毎日働いた!朝はいつも酒臭かった!

お酒が弱い母なのに無理して飲んでいた。お酒を飲むのは、母の仕事だから

酔って、泣いて、その姿が可哀想だった!何度も一人で泣いていた!

学校卒業したら、働いて楽にしてあげることが自分の夢だとおもって・・・

泣いてる母に「大丈夫?」って声をかけると、いつも「かわいそう」と「ごめんね」ばかり・・・

その言葉は思春期のせいか、ウザく聞こえた。「かわいそう」と「ごめんね」は一番嫌いな言葉になっていた!

高校3年も半年で卒業という頃・・・ある日、我が家へ、ちょく、ちょく出入りしていたおじさんが「お母さんと結婚してもいい?」「お母さんを守ってあげたいんだ」と言った!

一瞬だけ、びっくりして、上目使いで睨みながら「お好きにどうぞ!」と低い声で答えてやった!母の弱さを感じた!

おじさんは、「ありがとう」と言って深くおじぎをした!それから・・・おじさんと結婚して母はシングルマザーとスナックを卒業した!

母にとっては、初めての専業主婦!母は、とても楽しそうだった。

ひとまわり年の離れた小学生になる頃の妹に新しいお父さんができた

なるべく、母とおじさんの事を妹と見ないふりしてあげた!

母が再婚してしばらくもたたないうちに、おじさんの世話になりたくないから社会人になった時に家を出た!ラブラブした空気の家にいたくなかった!

家を出る時に、妹はとても寂しそうな顔をしてギューと手を握ってくれた!

妹をこの家から一緒に連れて出て行こうと考えたけど、無力だった18歳!

自分の無力が情けなくて今日から母と妹と、新しいお父さん!!3人の生活がはじまるんだなって人事みたいに思うように自分の感情を殺した!

あれから、10年以上の年月が経ち妹と大人の話ができるようになった頃あの頃の妹の気持ちを聞いてみた・・・

妹は今、当時の頃の事を、いやぁ~あの時、嫌だったよ~!!な~んて、ケラケラと笑って言える強い子・・・その人の事をパパって呼んでいる!彼女は強い女性だ!

もしかしたら、他人と暮らす環境に強くなるしかなかったのかもしれない・・・

私は一度も「お父さん」と呼んだことがない!母親が恋愛をして、再婚をするということは、子供にとっては、迷惑だとずーと思ってきた!

おじさんをを受け入れるには、年頃の子供には酷すぎると!もちろん当時の妹は、もっと、もっと酷だっただろうと思う!

彼女の笑顔の奥にあるたくましくさは、あの頃の環境から強くなったのだろう・・・

ここから・・・シングルマザーに…

ちょっと目をとじて、そっと自分の未来を想像してほしい・・

ありがとうの先の未来景色へ

母の再婚から何十年が過ぎたのでしょう?

今、母も70歳になり、だんだん物忘れが多くなってきてきた・・・

おじさんは母のぼけた話にいつも付き合っている(笑)

こういう場面を見るとこの年になって母が孤独なおばあちゃんにならなくて良かったと、いつも、思う!心が安心する・・・

お父さんって呼んだこと一度もないけどこのおじさん、いい人だなって(笑)ずっと、ずっと、思ってた!はずかしくて、なかなかいえないけど、いつか、”ありがとう”と必ず言おうと思ってる!

ずーと、母を支えてきてくれて、”ありがとう”母と出会ってくれて”ありがとう”って・・・あの頃・・・一番嫌いだったおじさんが世界で一番”感謝”している人に変わった!ずーと、大嫌いだった母の再婚相手母にとっては、この人は絶対的に必要だったのだろう・・・心から・・・”ありがとう”

これは・・・子供から見た、母の再婚相手に今の感謝の言葉です!

あなたは、今しか見ない事を信じてシングルマザーとして生きていきますか?

それとも、未来を、信じてシングルマザーとして生きて行きたいと思いますか?

今、自分の恋愛事情で子供達に辛い思いをさせてしまうと思い自分の恋愛、再婚をあきらめようとしている女性に伝えたい!

自分の幸せをあきらめかけているシングルマザーへ

今を見るのはとっても大事なことです!でも、未来を見ることも大事です!未来のことなんて、誰にもわからないのです!そんな、シングルマザーの未来に、たくさんの・・・”ありがとう”の先の景色をみてほしい・・・そんな・・・シングルマザーへエールを贈ります!!

子供たちからありがとうって言ってもらえるそんな、”ありがとうの先の景色”そんな、素敵な”ありがとうの先の景色”もあるということを、伝えたいのです!

私の想いがシングルマザーの心に届きますように!!

作者:天乃愛

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする