賃貸や引越しに必要な初期費用とは?計算はどうするの?

引越しをしたいけど、
どれだけの金額が引越しの初期費用としてかかるかとても気になりますね。

一般的な相場は家賃の5か月といわれています。

6万円の賃貸を借りるなら30万円の費用がかかることになります。

賃貸を借りるにもいろんな費用がありますが、
敷金・礼金・保証金などから始まり、
いろいろなわからない呼び方がありますね。

敷金もどんなお金なのかわからないし、
礼金もどんなお金なのかわからないし、

言葉の意味や何に必要なのか、
最初賃貸を借りるまでは不安になります。

私も賃貸を借りるまでは、どれだけお金がかかるか心配で、
不安な面がとてもありました。

そんな不安を事前に解消して賃貸契約までの道のりを進んでいきましょう。

初期費用で必要なものとしてあげられるのは、

敷金
礼金
仲介手数料
前家賃
日割り家賃
管理費・共益費
賃貸保証料
鍵交換費用
火災保険料
消毒料

になります。

敷金

敷金とは大家さんへ渡しておく保証金や担保のお金になります。

もし、家賃を滞納した場合に、敷金からお金をひかれたり、
退去時に貸主の負担になる修繕費を貸主側に対して請求が発生した場合に、
この預けておいた敷金が使われます。

基本的には支払いが発生しなかったり、修繕費もかからない場合は全額返金されます。

(地域によっては返金されない場所もあります。)

賃貸の表記では敷金が家賃の何か月分と表記されています。

敷金は保証金や担保として大家さんに預けておくお金で、
最初に払っておいて、後で返ってくるお金。
または修繕費で使われる可能性があるお金になります。

基本的には1か月から3か月の金額になります。

最近は敷金0円の物件が多くなってきています。
初期費用を抑えたい場合にはおすすめですが、
普通は敷金からクリーニング代と修繕費を引いたものが
手元に戻ってきますが、敷金0だと、
最初からクリーニング代を請求され、
修繕費も実費で引かれることが多いです。

場合によっては敷金を払うよりも高くなってしまうなんてことにもなりかねません。

私も最初賃貸を決めるときに敷金0円の物件で契約を決めようとしていて、
敷金0物件を見ていると、クリーニング代がかかって当たり前と思っていました。

しかし、敷金を払う賃貸に契約したところクリーニング代は払うことなく契約しました。
クリーニング代は払うものと思っていたので、敷金を払うのが良いのか、
クリーニング代を払うのが良いのか、その人の選び方によります。

また、家賃が相場よりも高くなっていることもあるので、
敷金が0円だからと喜ばずに、しっかりと考えたうえで賃貸契約を交わしましょう。

礼金

礼金とはその名の通りお礼のお金になります。
大家さんに対して、この部屋を貸してくれてありがとうというお礼のお金です。
敷金のように一時的に預けるお金ではなく、返金されることはないお金です。

礼金は大家さんのその時の状況によって変わります。

長い間賃貸が決まらずに空き物件になっている場合に、
空室を抱えることで物件収入がなくなります。

そうなってしまうと、空室にしておくより礼金を無料にしてでも入居者を募りたいものです。

そのために、礼金があったとしても交渉して礼金が安くなる可能性もあります。

借りる方としては礼金がないほうが望ましいです。
もし交渉するこのとも可能なようでしたらチャレンジしてみるのもありです。

仲介手数料

仲介手数料とは、
不動産会社にたいして払う金額になります。
仲介業者を通して契約をしているので、
手数料が発生するため、この仲介手数料を支払います。

宅地建物取引業法で「賃料の1.08カ月分以内」と、上限が規定されています。

管理費・共益費を含まない家賃の1か月分になります。

仲介業者の担当者から仲介手数料を半分に交渉しますよ。
と言われて私が賃貸を契約した時に交渉して安くしてくれたと、
浮かれてしまいましたが、実際のところは、値引きされたわけではなく、
原則は家賃の0.5か月分が仲介手数料の基本料金となります。

仲介業者(不動産業者)は、貸主から0.5カ月分と
借主から0.5カ月分を請求するのが一般的になります。

0.5か月分の請求で済む場合は、貸主も0.5か月分支払いをしている場合になります。

前家賃

部屋を借りる翌月の家賃を契約時に支払います。
3月に契約を済ませて、4月から入居するという場合に、家賃を前もって支払うということになります。

また月の途中から契約をした場合には日割り家賃がとられます。

3月の半ばから入居したいという場合には。

前家賃の1か月分を支払い、それと一緒に半ばから入った賃料も足して払います。

例えば15日から30日まで入る場合半月分の賃料も初期費用に加算されます。
5万円の賃貸の場合
50000÷31日×15(入居日数)になります。

月末に借りたほうが初期費用は安くなります。

共益費・管理費

共益費と管理費は明確な違いはありません。

共有スペースの建物の維持やメンテナンスや修繕費に使われる費用になります。

スポンサーリンク

賃貸保証料

連帯保証人がいない場合や、保証人の支払い能力が低い場合、
または連帯保証人不要の物件などで、
連帯保証人の代わりに保証会社が賃貸の滞納に対して家賃を立て替えてくれることになります。

最近では、保証人をつけなくとも、
最初から保証会社を使う物件もあります。

大家さんにとっては家賃を滞納されても、保証してもらえるメリットがあるために、
最初から保証会社をつかうこともあるのでしょう。

保証会社を使うと、初期費用が高くなってしまいます。

保証会社の料金は半月から1か月分から2か月分程度の料金になります。

私の場合は最初に保証人をたてて賃貸を借りようとしていたのですが、
保証会社を使うことになり、保証人もたて、保証人の印鑑証明も取得していたのですが、
まさかの保証会社を使うことになり、賃貸保証料も初期費用に含まれることになりました。

しかし、お金を払うので悪いことだけではなく、
保証会社を通すために契約がスピーディになるというメリットもあります。

フリーレント

家賃が一定期間無料になります。
フリーレントの多くは1か月程度で、3か月や半年などもあります。

私自身もフリーレントの物件を契約して、
初期費用を安くできたことはとてもありがたいです。

家賃1か月分の金額が無料になるということはほとんどないので、
それができたのはとてもラッキーです。

しかしなぜフリーレントがあるのでしょうか?

フリーレントは空室を埋めたいためにやることが多いです。

もし、家賃を下げてしまった場合、他の住民が差額が発生してしまい
苦情がきたり、他の住人も値下げをしてくれということになりかねません。

そうならないための特約としてフリーレントがあります。

しかしフリーレントもメリットだけがあるわけではありません。
最低住居期間が設定されています。

例えば1か月フリーレントの場合、
1年以内に解約した場合は違約金1か月分という契約になります。

フリーレントの期間が長いほど違約金を払う金額が増えてきます。

借りる側は初期費用を抑えることができますし、
貸す側も借り手がつきやすくなるので、とても良い制度です。

しかし、短期期間しか住まないという場合にはフリーレントは避けたほうがいいかもしれないので、
違反金との折り合いをつけて借りましょう。

契約時にフリーレントの違約金を知ったうえで借りましょう。

鍵交換費用

新しく鍵を交換するための費用になります。
申し出れば鍵交換なしで契約することも可能ですが、
以前の入居者がカギを合鍵を作っていて、
そのカギで入居されてしまうということがあり得ます。
なにかトラブルに巻き込まれるなんてこともありかねません。

私の知人は、
鍵交換をせずに入居したことによって
家に入られていてお風呂に入られるというよくわからない行動をされていて、
警察に相談したということがあったようです。

そのような珍事件もあるようですが、
鍵交換をしないことによってなにが起こるかわかりません。

ですので鍵交換しないということはトラブルの原因になるので、
鍵は交換することをおすすめします。

鍵の相場は16000円から20000円前後で
オートロックの場合は2~3万円程度の値段になります。

火災保険料

鍛冶屋水回りのトラブルのための損害保険です。

賃貸契約と同時加入になります。

相場は1年で9000円程度で基本は2年契約になります。

賃貸契約を更新するときには、
火災保険も更新手続きが必要です。

クリーニング代

退去時にクリーニングが必要になります。
敷金がないところだと初期費用としてクリーニング代を請求されます。

私が敷金0円の物件をよく見ていたときは、
クリーニング代がかかるのが当たり前だと思っていたのですが、
敷金がないために、敷金から引く金額がないからこそクリーニング代として請求されます。

クリーニング代も賃貸によって金額が違い、
3万円かかるところもあれば、2万円のところもあり、
大家さんが使うところによって違います。

消毒費

消毒費は賃貸契約を結んで入居するまえに消毒をする費用です。

虫や雑菌駆除の効果があります。

まとめ

初期費用もいろいろ変わりますし、
実際に契約内容によって変わってしまいます。

不動産会社も大家さんから契約書を見ないとわからないところもあるので、
不動産会社もはっきりと契約金額を伝えられずにわからない場合もあるので、
不安な時があります。

自分で最低限これぐらいの初期費用だとわかってくると自分にあった賃貸も探しやすくなります。

またいい賃貸があったら初期費用を問い合わせるのもいいでしょう。
問い合わせて納得いかないならそこまでの連絡にすればいいです。

自分にあった賃貸を選んでいきましょう。

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする