三重県の四日市市・菰野町で花見をするなら!三重県北部の菰野町・四日市の花見の名所5選!

三重県北部(北勢地方)の方へ、四日市や菰野町の花見スポット5つを紹介!

  

  三重県北部で花見をしたいのに・・・検索しても伊勢とか熊野しか出てこない・・・

あなたが、手軽に行ける北勢の花見スポットを探そうと、ネットで検索している時、こんなことを感じませんでしたか?

私は、北部にもたくさんのお花見スポットがあるということを、あなたに知ってもらいたくてこの記事を書いています。三重県は南北に長く、一番北の桑名や四日市から、南のほう(伊勢方面)に行くのに何時間もかかります。三重県の人口は、圧倒的に北半分(北勢)の方が多いです。ですから、お花見スポットを検索している人も北勢地方の人が圧倒的に多いはずなのに、三重県北部の桜の名所についての記事がほとんどありません。あっても申し訳程度の少ない文字数で、ほとんど具体的に紹介されていません。

もちろん、北勢にもたくさん桜が綺麗な名所はあります。ですが、ネット上の記事には、上野や鈴鹿市などの中勢、伊勢などの南勢、果ては三重県最南端の熊野の名所ばかりが紹介されているのです。

確かに、三重県南部には手つかずの大自然が残されており、桜のシーズンもとても美しいですが、四日市に住んでいる人が、週末に熊野に出かけるとなると、とても大変です。三重県南部は、とても交通が不便な場所です。ちなみに、熊野は陸の孤島と言われていて、東京へ行くのに全国で一番時間がかかる場所です。
(四日市からディズニーランドに行くよりも、三重県の南部に行く方が時間がかかります。)

観光のために熊野や伊勢に行くのなら全然いいですが、花見のために日帰り旅行なんかしなくても、もっと近場にいい場所があるのです。ですから、この記事は、「手軽に花見だけしたい」という四日市や桑名、いなべや菰野町にお住まいのかたに是非お読みいただきたいです。

と、いうわけで、私が、三重県(北部)に住んでいるのなら一度は行くべき、おすすめのお花見スポット5選を紹介します。

三滝川(菰野町役場周辺)

三滝川の堤防沿いは、桜の名所として付近の住民の間では有名です。三滝川は、御在所岳を源流とし、菰野町から四日市を通って伊勢湾に流れている河川です。しかし、普段は地下を流れている川なので、水が流れていないことのほうが多いです。

最近、堤防が整備され、菰野町役場から歩いていけるようになりました。遊歩道や、広場のようなスペースもあり、川沿いの花見にはとてもおすすめです。また、菰野町役場の向かい側の土手にも桜並木が続いており、菰野町福祉センターから菰野中学校まで続きます。また、菰野町役場の展望台も解放されており、そこから眺める桜並木もとても綺麗です。ちなみに菰野町役場には足湯もあり、無料で入ることもできます。

三滝川(菰野町役場)のアクセス

車の場合、四日市方面から湯の山街道を通って、306号線を右折するとたどり着きます。
三重県三重郡菰野町潤田1250

田光川(多比鹿神社)

多比鹿神社(たびかじんじゃ)は、とても歴史のある神社です。菰野町の中で一番歴史が古く、少なくとも千年以上前に建立されたと言われています。この多比鹿神社の前を流れる田光川沿いに、桜並木があります。ここも近所の住民にとっては、お花見スポットとして有名です。

どれくらい有名かというと、町内会のお花見大会で使われるほどです。(つまり、よその人にあまり知られていないので、全く混雑しないということですね!)田光川にかかる相生橋から見る桜並木は圧巻の一言です。

田光川がある田光は、東海道につながる八風街道沿いの宿場町として、江戸時代はとても発展していました。近鉄湯の山線が通る戦前まで、田光周辺はとても栄えていたのです。昔は、映画館もあったほどでした。(今は菰野町にすらないです)。

ですが、今は見る影もなく、田光は文字通り、田んぼが辺り一面に広がるど田舎です。田光地域にある「田光のシデコブシ及び湿地植物群落」は天然記念物に指定され、多くの観光客が訪れています。

多比鹿神社へのアクセス

306号線を関ケ原方面へ走り、朝明郵便局の300メートルほど追い越すとすし屋があります。(元ひまわりチェーン)この交差点を左に曲がると鳥居があり、広場があります。ここで花見ができますが、奥へ進むと境内があります。

三重県三重郡菰野町田光2063

画像転載:http://www.town.komono.mie.jp/k-backno/komono548/kh-top.html

湯の山温泉(湯の山ロープウェイ)

湯の山温泉は、三重県三重郡菰野町にある、御在所岳のふもとにある温泉地です。御在所岳にはスキー場もあり、もともと温泉街として有名でしたが、最近では、スパリゾートの「アクアイグニス」がオープン。「アクアイグニス」は日帰り温泉だけでなく、ショッピングや宿泊もできる総合リゾート施設です。世界的に有名なパティシエが作ったスイーツが売られていることもあり、大人気となっています。

さて、そんな湯の山温泉ですが、紅葉や樹氷で有名で、秋から冬はたくさんの観光客が訪れます。しかし、桜のシーズンも景色がとても美しいです。吉野のように、山一面が桜で埋め尽くされるようなことはありませんが、ロープウェイから見下ろす山桜はとても綺麗です。
ただ、山地なので気温が低く、山桜は花見シーズンより少し遅れて開花するので注意が必要です。また、御在所岳にはカモシカがたくさん生息しており、私が子供のころは、ロープウェイから山中を探してみると、ほぼ必ず見つかりました。ですが、最近カモシカが山頂からふもとに移動していて、今はほとんど見られないということです。

また、お花見のついでに温泉巡りすることも出来ます。希望荘というホテルの大浴場は、国営の宿なので、日帰りの入浴料がとても安く、見晴らしもよいことからとても人気です。さらに、湯の山温泉街からふもとの道(湯の山街道)を下っていくと、冒頭にあげたアクアイグニスがあります。リゾート施設の他にドッグランなどもあり、ペットを連れてくることもできます。(ちなみに、ここは昔は片岡温泉という小さな浴場でした。私は片岡温泉には何度も行ったことがありますが、まさかこんなに有名になるとは思いもしませんでした。)

湯の山温泉へのアクセス

四日市方面から湯の山街道を直進するとたどり着きます。

三重県三重郡菰野町菰野8522

アクアイグニス

三重県三重郡菰野町菰野4800-1

希望荘

三重県三重郡菰野町千草7094

画像転載:http://4travel.jp/travelogue/10921201

海蔵川桜まつり

海蔵川桜まつりは、三重県四日市市で、毎年3月下旬から4月中旬まで開催されています。期間中は、夜の9時半まで、合計およそ500本の桜がライトアップされ、夜桜見物にはうってつけです。
さらに、休日はもちろん出店が並び、多くの人でにぎわっています。最寄駅は近鉄名古屋線阿倉川駅です。国道一号線沿いなので、ドライブにもおすすめです。

アクセス

国道一号線沿いなので、車で来るのにとても便利です。

三重県四日市市万古町1

十四川桜まつり(四日市市富田)

十四川とは、近鉄富田駅の近くを流れる小さな川です。十四川の両岸には、なんと合計で800本もの桜が植えられています。(横浜最大の桜まつり、大岡川桜まつりで500本なので、とてつもない数ですね!)
ここの桜並木も地元住民には有名で、毎年桜まつりが行われています。例年4月の1日から10日まで開催され、期間中は桜並木がライトアップされます。さらに、期間中の日曜日には屋台が立ち並び、伝統的な和菓子「とみだの小田巻」も売られます。あと、富田の焼き蛤も売られます(ちなみに桑名の焼き蛤は富田のパクりです。)

アクセス

近鉄富田駅近く

画像転載:http://kanko-yokkaichi.com/festival/288/

四日市や菰野町にも観光スポットはたくさんある!

三重県北部にも花見スポットはたくさんあります。とくに菰野町には素晴らしい自然と、温泉街があり、花見だけでなく、様々な観光を楽しむことができます。

たしかに、伊勢や熊野は世界遺産や伊勢神宮があり、全国的にもとても有名です。ですから、ホテルをとって旅行に行くのなら、三重県南部のほうがいいかもしれません。

ですが、お花見ぐらいなら、わざわざ遠出しなくても、近所を探せば、いいところはたくさんあるのです。あなたも、近所の花見スポットを探してみませんか?

作者:青梅コウ

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする