朝活で一日充実!子育てママでも朝活を楽しむには?

「朝活」という言葉を聞いたことがありますか?
今、いろいろな活動を「〇〇活」と省略する言い方が流行っていますが、「朝活」というのは、そのまま朝早く起きて活動する、という事です。a4978ee3b7bf694535888c9ddd21b3b1_s

朝活をするという人は、理由はほとんど昼間時間がとれないということかと思います。

現代の女性の現状としては、ワーキングマザーや小さい子の子育てに忙しい主婦、などが当てはまりますね。

朝活、って慣れるまではなかなか実行が難しいけれど、実はこんなにメリットがたくさんなんです。

まずは、早起きのメリットを挙げてみましょう。

↓↓↓栗原はるみプロデュース【ゆとりの空間】↓↓↓

http://shop.yutorinokukan.jp/

★早起きするとこんなにいいことが!

1.起きてから出かけるまでの時間に余裕がある
通常の時間やうっかり寝坊して起きてしまった朝というのは、ママにとっては戦場です。
バタバタとノルマをこなしていると、つい何かを忘れたりうっかりミスをしたりしがちかもしれません。

676458b08913d3bd194c1dea158f57d4_s
余裕のないスケジュールで一日をスタートすると、後々の行動に影響を与えます。

もっと時間があったら〇〇もできるのに、○○を段取りしてくればよかった、、などとたとえ計画通りに行っても気持ち的にはあまりすっきりしない一日を送ることになるでしょう。

逆に、余裕を持って早く起きた場合、余った時間で一日の段取りを効率よく考えたり、好きなことをしたり出来ます。

また、帰ってからするノルマを朝のうちにしておいたりすれば、気分的にラクです。
そして突発事項が起きた時でも慌てず対処できるので、トラブルを防げる率が高くなります。

2.仕事の準備ができる74c706b9c82d53324e08733837931ca5_s
仕事をしている場合、人より早く出勤することも可能なので、一日のスケジュールを見直し、朝のうちにしておいた方がいい仕事を行うことができます。

電話や来客、同僚や上司などの邪魔が入らずに集中できるので、残業になってしまうというパターンがぐっと減るのではないでしょうか。

3.夜よりも脳が活発に働く
夜、仕事や家事のノルマが終わり一段落してから自分の時間、という人が多いと思います。
夜に活動できる人はこれでもいいのです。35ec7290cf31168d582f85064952ed41_s

しかし、睡眠後脳を休めてからの作業は、断然効率よくはかどります。
一日の中で一番頭が冴えるのは朝(起床2時間後)~午前中と言われています。
夜よりも朝に何かアイデアがひらめいたりしたことはありませんか?
忘れていたことを思い出したり、どうすればいいか分からなかったことの解決策が思いついたりするのはやはり朝です。

次に、どうすれば辛い早起きを実践できるか、ということを考えてみましょう。

↓↓↓ネットショップ【ゆとりの空間】で朝活グッズをチェック↓↓↓

http://shop.yutorinokukan.jp/

★つら~い早起きがどうすればできるようになるのか?

1.早く起きてからする楽しみを作っておく
例えばコーヒーが好きなら、朝ゆっくり淹れたてのコーヒーを飲む、読書が好きなら、朝に好きな本をゆっくり読む、録画したテレビや観たいDVDがあるなら観る、など朝に実行するようにとっておきましょう。
けっして寝る前にしないように、、0b4c70f5ca71b025ffd21d16f3a24197_s
2.習慣づける
最初から計画通りにあれもしよう、これもしようといっても長くは続きません。

ハードルは最初は低く設定するのです。

習慣づけるというのは最初が肝心です。最初のハードルを無理のないように低く設定することにより、継続しやすくなります。

スポンサーリンク

例えば読書なら、一日一ページという所からスタートします。
一ページというのは、時間にすると多くても10分くらいですよね。
これはけっして無理なノルマではありません。
これを毎日積み重ねることにより、少しづつ習慣化され、読める量も増えていくのです。
3.どうしても起きなければいけない事情を作る
13907346c1c1c0cb603f8af39bba1f23_s誰でも毎日何かしらのノルマがあると思います。人によっては早起きしなくても朝にちょこっとできてしまうこともあるかもしれません。

ここで強硬手段として、ノルマがほとんど時間がかからないことしかないという人でも、いつも夜にやっていることなどを朝に回すなど、あえて仕事を残して寝てしまうのです。
すると、朝にあれもやらなくてはこれもしなくては、と起きざるを得なくなります。

これは、あくまで最後の手段です。あまり効率的ではないかもしれないので、どうしても起きれない人はやってみてください。

★朝活とは具体的にどんな事をしてるの?

朝活、というと趣味や勉強など自分磨きをしているのでは?と思いますが、具体的に朝活をしている人はどんな活動をしているのでしょうか。

1.運動
ダイエットや健康のために運動するならやはり朝がおススメです。
朝に体を動かすことにより、さらに脳も活発に働き、身体的にはもちろん精神的にもいい影響を及ぼします。
好きな音楽を聴きながら、人通りのない景色の良い場所を走って、季節の微妙な移り変わりを感じれば毎朝さわやかな一日をスタートできることでしょう。

7d3bc29863e43257f20aa1fdbfd68057_s

2.読書
習慣化する、という項目でも挙げましたが、読書は知識を増やし、よって毎日の生活をおくる上でのアウトプット量を増やします

思考は言葉に、言葉は行動に、行動は習慣に、習慣は性格に、そして性格によって運命が変わる、と言います。
思考を作る上で読書は大切だと思います。

3.資格の勉強
7b426cd8e291fe7cbe6b1c344b54de20_s頭が冴える朝に勉強、という人も多いかと思います。
ただここで注意なのは、起床後最低1時間後でないと脳が完全には働かないという研究結果が出ています。
つまり、起床直後は勉強など難しいことをするのには向いていません

他のノルマややる事などをこなしてから、最後に行うようにしましょう。
つまり、主婦なら家事のノルマをしてしまってから、ゆっくり勉強するのが効率的ですね。

4.朝活セミナー
巷で色々話題になっている、朝活セミナー。
朝やることの中で、一番刺激的なことかもしれません。
今ネットで検索すると数多くの朝活セミナー情報が出てきます。
参加できる人はこのセミナーでモチベーションを上げるのがいいでしょう。
朝活はとかく一人になりがちです。
たまにはこういうイベントに顔を出して人との交流を楽しむのも、行動範囲が広がって新しい出会いも楽しめるでしょう。

※しかし、子供がいる人は朝早くにセミナーなんて行かれないという人がほとんどでしょう。
そこで探してみたら、子連れの朝活セミナーというのもありました。

c878658714fcf367cb67bb7d027c94fb_s
●子連れ朝ヨガ

産後ボディケアをしたいという時に、おすすめなのがヨガです。
日中の子連れヨガがよく聞きますが、朝でも行っているところはあります。

工夫すれば、充実した1日をおくることができる朝活。
朝活を1ケ月に休日を除いて1日2時間で実践したとすると、20日×2=40時間もの時間が出来ます。
この40時間、計画をたてればとても有意義に使えると思いませんか。

6cda31a810e1465a3f1041376169efa2_s
子供との朝食が早くても7時だとすると、家事に1時間を要するなら起床を4時にすれば2時間のフリータイムができます。

できれば8時間の睡眠が理想ですが、最低でも6時間半は必要というデータが出ています。

2時間の朝活フリータイムがほしいのなら、9時半頃には子供と一緒に布団に入るのが一番理想かと思います。

↓↓↓朝活用品もたっぷり?ネットショップ【ゆとりの空間】はこちら↓↓↓

http://shop.yutorinokukan.jp/

このブログの監修者

木林 充尚

1980年静岡県生まれ。浜松医科大学卒業後、美容整形外科を中心に、様々な医療現場を渡り歩く。医師時代に培った経験を活かし、医療脱毛、育毛、ダイエット、スキンケアなどの記事監修を手掛ける。現日本医療脱毛安全医科学会理事、発毛先端医療研究会副会長、日本肥満健康医学会名誉会員など。様々な分野で日々研鑽を欠かさない姿は医師の鑑そのものである。



スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする